お弁当のあとひと品!夏野菜でアレンジする”オット弁当”のススメ♡

こんにちは。”オット弁当”のソネカナです。
夏の野菜といえば、トマトやきゅうり、ピーマンや茄子、おくら、とうもろこし…などが代表的。今では年中スーパーや八百屋さんに出回る事も珍しくないのですが、旬モノはいつもより「美味しい」「栄養価が高い」「安い」と良いこと尽くしです。いつも当たり前に食べていても、特に美味しいのが今!
そんなわけで、今回は夏を代表する野菜でササッと簡単に作れる、”あとひと品”メニューをご紹介したいと思います。

ズッキーニの味噌タレ焼き

油と相性の良いズッキーニ。強火でサッと仕上げて、コリコリの食感を楽しんで♪

【材料】
・ズッキーニ(中) 1本
・サラダ油 大さじ2
・炒りごま 適量
・A 味噌 大さじ1
  醤油 小さじ1
  みりん 小さじ1
  お酒 大さじ1

【作り方】
1. Aの調味料を合わせてタレを作っておきます。
2. 輪切りにしたズッキーニの水分をキッチンペーパーで軽く拭き取っておきます。※食感を楽しむには、厚めのスライスがオススメです。
3. サラダ油を熱したフライパンでズッキーニに焼き目が付くまで強火で焼きます。
4. 焼き目がついてきたら、1のタレを加えて水分が飛ぶまで中強火で炒めて出来上がりです。

フレッシュトマトのバルサミコ醤油マリネ

野菜と好相性なバルサミコ酢。ひと工夫加えるだけで、酸味が苦手という男性にも好評な一品です。

【材料】
・トマト 中3個
・白髪ネギ 適量(お好みで)
・バルサミコ酢 大さじ3
・A 醤油 小さじ1+1/2
  オリーブオイル 小さじ2

【作り方】
1. トマトを食べやすい大きさにスライスしておきます。
2. 鍋かフライパンにバルサミコ酢を入れ、弱火にかけ煮立たせます。
3. 軽く煮立ったら、ボウルに移し粗熱を取ります。
4. Aを3に加えて軽く混ぜ合わせたらマリネ液の出来上がり。
5. トマトとマリネ液を合わせて、冷蔵庫で冷やし、白髪ネギを加えて完成です。

おばあちゃん直伝!獅子唐とジャコの炒め物

こちらは祖母がよく作ってくれた田舎レシピ。ピリッとした辛味とジャコのダシが効いたパリパリ食感の獅子唐はご飯によく合います。熱々はもちろん冷めても美味しいですよ。

【材料】
・獅子唐 10-15本
・ジャコ 4掴み程
・ごま油 小さじ2
・A 醤油 小さじ2
   みりん 小さじ2

【作り方】
1. 獅子唐は食べやすい大きさに切ります。
2. ごま油を熱したフライパンで獅子唐を炒めます。
3. 油が回ったら、ジャコとAの調味料を加えて強火で水分を飛ばすように炒めて出来上がりです。

きゅうりとパクチーの和え物

いつまででもポリポリと食べていられるサラダ感覚の1品。パクチーが苦手な人にはネギや大葉でアレンジするのもオススメです。

【材料】
・きゅうり 3本
・パクチー 2-3束
・A 塩昆布 2掴み程度
・A ごま油 大さじ1+1/2
  ナンプラー 小さじ1
  レモン汁 小さじ1/2
  塩・胡椒 各ひとつまみ

【作り方】
1. きゅうりを食べやすい大きさに回し切り、パクチーは1cm幅に刻みます。
2. ボウルにきゅうりとAを加えて混ぜ合わせ、一旦冷蔵庫で1時間程冷やして味を馴染ませます。
3. きゅうりが少ししんなりしたら、パクチーを和えて完成です。

どれも10分あれば出来てしまう簡単メニューです。手軽に素材の味や食感を十分楽しめるから、我が家のレギュラーレシピです。夏のお弁当箱には保冷剤をお忘れなく♪

文/曽根加南子

曽根加南子/フリーランスPR・ライター
ナビゲーター
曽根加南子/フリーランスPR・ライター
大手アパレルメーカーや広告代理店で幅広いジャンルのPRを経て、現在はフリーランスPR / WRITERとして活動中。そして新たに、日々の暮らしや季節により目を向けながら、新米妻として新しく始めた「ありがとう」「ごめんね」「がんばろう」…そんな気持ちが伝わるようなお弁当作りを提案。
このナビゲーターの記事を見る