【12星座別】2020下半期の全体運 ~ふたご座・てんびん座・みずがめ座~

フォーチュンアドバイザーのイヴルルド遙華さんによると、今年12月に約240年ぶりの星の大革命が起こり、“風”の時代に突入。そのため、2020年の下半期は“風の時代を生き抜く力”を備えるのが重要になってきます。


そこでこの記事では、「風のエレメント」ふたご座、てんびん座、みずがめ座の全体運について解説したいと思います。


イラスト/sino

ふたご座・・・「身近な人ときちんと向き合って」

愛と向き合うことがテーマ。家時間が濃厚になり、家族やパートナーとの絆が深まったというふたご座も多いのでは。
強制的にも感じている時間は、実はとても有意義なもの。何気なく接していた身近な人ときちんと向き合うことで、自分自身が良い方向に変わることができ、勇気も持てるはずです

遊びたい気分はもう少し我慢したほうが良さそう。余分な出費が相次ぎ、お金のことでドギマギ。お金の不安は生活全般を見直すきっかけにもなります。都会で暮らしていることが豊かなことなのか、そういった人生レベルを変えるところまで深く掘り下げる必要がありそうです。


てんびん座・・・「まず大切にすべきは自分のこと」

両親に頼りにされる、年上の人をフォローするなどアシスタント的な境遇にいるようです。新型コロナのアクシデントで、よりその立場が強まっていませんか?

てんびん座はもともと頼りにされるのがうれしい人。だからこそ、今その立場を考えないといけないと思うのです。両親や上司の関わりよりも、まず大切にすべきは自分のこと。自分からみんなを甘やかすことは得策ではないし、何でも引き受けてしまえば、自分が手いっぱいに。
全員に公平であろうとしなくてもいいんです。押しつけがましくない分、損をしやすい。周囲はあなたのありがたさに気付いていないかもしれません。


みずがめ座・・・「人間関係も代謝が必要」

無駄なものを捨てる、違和感に気付くというのが、下半期のみずがめ座の最大テーマ。
部屋の片づけはもちろん、仕事の資料やパソコンの不要データも破棄する。それからSNSのもう見ないフォローを外したり、LINEの友達も整理。数年連絡を取っていない「誰?」という人は消去しないと!

捨てる作業は始めるまでが億劫ですが、自分の今を知るために欠かせないことです。古いものを捨てることで、新しいものが引き寄せられます。空気の入れ替えと同様、人間関係も代謝が必要。
12月19日から幸運の星がみずがめ座のハウスに入室。12年に一度の幸運イヤーは楽しいことがいっぱい。


今こそ、ピンチをチャンスに変える生き方を知るときです。
イヴルルド遙華さんの愛が詰まった言霊にパワーをもらって、2020年下半期の一歩を踏み出しましょう!

GINGER編集部カルチャー班
ナビゲーター
GINGER編集部カルチャー班
仕事だけの毎日じゃモノ足りない、もっと自分時間を楽しく過ごしたい! 欲張りな大人女子のライフスタイルを充実させる、要チェックなカルチャー情報をいち早く紹介します。
このナビゲーターの記事を見る