【マネーお悩みQ&A】どうしても貯金ができません。何から始めるべき?

毎月ひとりずつ、読者の皆さんにお財布の中身や家計簿を公開していただくGINGERの人気連載「MONEY事情」。1月号に登場していただいた川村さん(30歳/仮名)は、収入はかなりあるのになかなか貯金ができないのが悩み。そこで今回は基本に立ち返って、ファイナンシャルプランナーの花輪先生に、貯金のコツを教えていただきました。(編集部)

”すぐに使える”お金を減らす

From Getty Image

ひとり暮らしで家賃や生活費を払っていると、どうしてもプラマイゼロの暮らしになってしまうこともあります。そんななか、少しずつでも確実な貯金を自分に課すために、何から始めたらよいでしょうか。
多くの人は目の前にお金があると、あるだけ使ってしまいがちです。そしてクレジットカードがあるとそれ以上に使い過ぎてしまうのが常です。ですので、その”魔法”を封じ込めてしまうことが貯金の秘訣です。

まず口座にお金が入っているとつい使ってしまうという人は、お金を別の場所に自動的に移してしまいましょう。財形や確定拠出年金を利用してもよいですし、銀行の積み立て定期預金などでも大丈夫です。最初は月1万円でもよいので別口座に移して、そのお金はないものだと思って残りで生活をするクセを身につけて。

クレジットカードの使い過ぎを防止

From Getty Image

次に、クレジットカードを使い過ぎてしまうという人は、クレジットカードを財布から抜いて持ち歩かないようにしましょう。自宅の鍵が付いた引き出しなどに入れてしまうとよいです。取り出し方を少し面倒にしておくだけで、ついぽろぽろとカードを使ってしまうような買い物は少なくなりますよ。どうしても使わなければならないときだけ、鍵を開けて使うことにするとよいでしょう。

文/花輪陽子


花輪陽子/ファイナンシャルプランナー
ナビゲーター
花輪陽子/ファイナンシャルプランナー
外資系投資銀行に勤務後、ファイナンシャルプランナーとして独立。テレビや、Web、雑誌など多方面で活躍中。近著に『お金持ちになる女はどっち?』(PHP刊)。公式ブログはhttp://yokohanawa.com/blog/ YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCrYwNKYMyOOfPTKF5RxO65Q も参考に!
このナビゲーターの記事を見る