気分が上がり、居心地良い空間に仕上げるニトリの「アロマディフューザー」の賢い選び方

気持ちの良い空間には、必ずといっていいほど心地よい香りが漂っていること、ご存知ですか。香りには疲れた脳を休め、気持ちをポジティブに引き上げ、落ち着かせてくれる効果があることは実証されています。もちろん自分が好きな香り、気持ちよく感じる香りを選ぶのが基本ですが、そのとき置くスペースの大きさ、風の通り、光の入り方も意識してみてください。そうすればもっと上手に香りとつきあえるはず。そのポイントをいくつかご紹介します。

リビングには季節を感じさせる自然な香り、窓際には太陽の香りを

多くの時間を過ごすリビングルーム。音楽を聴き、DVDを観て、お茶を楽しんだり…といろいろなシーンが予想されるから、お部屋にしっくりなじみながらも、外の季節、温度が感じられる香りがおすすめです。今なら初冬の浜辺をイメージした香り「アロマディフューザー  サンドグラフィティ」(¥925)はいかがでしょう。ちょっとドライで澄み切った冬の空気を感じさせるアロマは、部屋にいながら遠出した気分にも。部屋の入口から一番遠いコーナーや壁際の高いところに置くと、香りが全体に広がります。

そして窓際には同じラインの「アロマディフューザー クリーンリネン」(¥925)を。洗いたてのリネンをイメージしたこちらのアロマは、どの香りとも相性がよく気持ちよくリフレッシュさせてくれます。ひとつの空間に違う香り…と思われるかもしれませんが、香りのレイヤード=香りの重ね着は、フレグランスでも今や常識。自分好みに自由にカスタマイズして楽しんでみて!

ドアを開けてすぐの空間には清涼感のあるタイプを

玄関やレストルーム。ドアを開けてすぐに感じる香りは、何よりも“清涼感”を重視して!外気の出入りがある玄関には、「アロマディフューザー エバーグリーン」(¥1,102)を。シンプルなデザイン、白のスティックなのでどんなエントランスにもぴったり。何よりミネラル系の清涼感で気を浄化してくれそう…! そしてコンパクト空間のレストルームには、ほんのりと香るタイプを選ぶこと。竹林の清涼感にジャスミンの香りがブレンドされた「クレイディフューザー ウサギ」(¥952)を選んでみて。石膏のウサギの先の紐がアロマオイルを少しずつ吸い上げ、ほんのり香りが漂い、気持ちのいい空間を演出します。

ドレッサー前には“気分が上がる香り”を

彼と会う前、全身コーディネートも決まってヘアメイクも完了したら、ラストは小物の選定。この秋冬のファッションキーワードは“女らしさ”。そんなトレンドエッセンスを上手に演出したいからこそ、選んでいるときの気分も女っぽいモードへスイッチさせたい!! それなら、上品で本物の花をイメージさせた香り「アロマディフューザーSORA リリー」(¥740)がピッタリ。純潔、甘美といった花言葉を持つ、華やかなリリー(白百合)は、まさに“女らしさ”の象徴的な香り。空間が女子度高めになってテンションも上がれば、なんだかいいことが、ありそうです。

服にも旅先の空間にも“好みの香り”を含ませて楽しむ

アロマの使い方の最終仕上げが「サシェ」。香り袋をクローゼットやチェストの中に入れておけば、ナチュラルで優しい香りが衣類にじんわりとなじみます。そのさり気なく匂いたつ香りが、奥ゆかしく丁寧な暮らしをしている人という印象に。心安らぐラベンダーは3袋セットで¥277とかなりコスパも高い! 旅先の荷物の中に忍ばせておけば、ほどいたパッケージからいつもの香りが漂って初めての土地でも安心。強行プランで疲れた体も香りで癒されるはず。

五感のひとつ“嗅覚”を心地よくさせ、生活を豊かに導いてくれるアロマの世界。ラインナップが豊富なニトリなら…気軽にトライできて、素敵ライフスタイル作りのきっかけになるはずです!

※使用したアイテムはニトリネットで購入できます。
※店舗によっては、一部取扱いのない商品があります。
※製造中止などにより、取り扱いを終了する場合もあります。


GINGERweb取材班
ナビゲーター
GINGERweb取材班
アラサー女子の心と脳を活性化させるニュースからインタビューまで、見逃せない話題のあれこれを丁寧にレポート。あなたの“やる気”をアップする刺激的なネタが勢ぞろい!
このナビゲーターの記事を見る