ダイエットの味方「作り置きスープ」で夏を乗り切る! 栄養たっぷり簡単レシピ

暑い日が続いて、夏が近づいてきたと感じることが多くなりました。暑い夏の大敵といえば、冷え。クーラーや冷たい飲み物を摂取する機会が増えてくる夏は、冬以上にカラダが冷えてしまうことも。いつもより意識してしっかりカラダを温めて、代謝をあげることが美ボディをつくるポイントです。そこでおすすめなのが、スープ。
美味しくてヘルシーで、栄養たっぷり。簡単なアレンジで飽きずに続けやすいので、夏に向けてのダイエットをもうひと踏ん張りするためにも、ピッタリ。たっぷり作って冷蔵庫に常備しちゃいましょう。ヘルシーでダイエットサポートにもなる、栄養たっぷりの簡単スープレシピをご紹介します!

【簡単つくりおきスープレシピ①】調味料は塩と胡椒だけ!基本のスープ

鶏むね肉と数種の野菜から出るダシだけなのに美味しい!  アレンジ自在の基本のつくりおきスープ。 

 ●基本のスープ 作りやすい分量
鶏むね肉(皮なし) 1枚
玉ねぎ 1個
パプリカ 1個
しめじ 1株
キャベツ 1/4個
しいたけ 5枚
サラダ油 大さじ1
水 1500ml
塩 小さじ2.5~3杯
コショウ 少々 

●作り方
すべての材料をざく切りにし、野菜が透き通るまで中火で炒めてから水を入れる。煮立ったら、塩コショウで味を調え、野菜がくたっとするまで弱火で煮込む。
材料は、よく炒める事で、甘みや深みが増しますよ。

【簡単つくりおきスープレシピ②】ごま油香る春雨スープ

朝、スープジャーに乾燥したままの春雨を入れて、アツアツの基本のスープを注ぎます。ごま油をたらして蓋をすれば、ランチタイムには中華春雨スープの出来上がり。刻んだザーサイを入れたり、ほんの少しだけオイスターソースを入れるだけでもまったく違う味わいになるんです! 

【簡単つくりおきスープレシピ③】ちょい足しするだけのエスニックスープ

ちょい足しするだけなのに全く違う味わいに!
基本のスープを器に注ぎ、スイートチリソースとナンプラーをお好みの分量でちょい足しするだけ! パクチーや、三つ葉、レモンを絞れば本格的なエスニックスープの出来上がり。茹でた海老をのせたり、フォーを入れたりアレンジ自在でメインにもサイドメニューにもなっちゃいます。


林 くみ子/アスリートフードマイスター
ナビゲーター
林 くみ子/アスリートフードマイスター
女性誌を中心にフードスタイリングの実績多数。アスリートフードセミナー講師としても幅広く活動、アスリート青少年の食アドバイスには定評がある。日本唯一のゴルフ専門チャンネル「ゴルフネットワーク」にて レシピ開発及びフードスタイリング。名門太平洋クラブでのゴルファー向けランチメニューレシピ開発。 2015年より、日本昆布協会公認昆布大使に就任。
このナビゲーターの記事を見る