お疲れ気味のあなたに! 体調に合わせた自家製ホットワインのすすめ

ホットワインとはその名の通り温かいワインのこと。日本ではまだあまり定着していませんが、フランスでは「ヴァン・ショー」、ドイツでは「グリューワイン」と呼ばれ、クリスマスに欠かせない飲み物です。美味しいのはもちろん、実はカラダにもうれしい効果がいっぱいで、GINGER世代は見逃せないお酒なんです。

基本のレシピ

From Getty Image

使うワイン、果物、スパイスによって味わいに違いが出るので、「家庭の味」があるのもホットワインの魅力のひとつ。
まずは基本の作り方を覚えましょう。

〈材料〉
赤ワイン・・・1本(お手頃なワインで十分美味しくなります)
お好みのフルーツ・・・1~2個
お好みのスパイス・・・シナモンは1本、クローブは5粒程度がおすすめ
砂糖・・・大さじ3

〈作り方〉
①フルーツはできれば皮ごとがおすすめ。輪切りやいちょう切りにしておく。
②ワインと砂糖を鍋に入れ、弱火で人肌程度に温める。
 ※沸騰するとアルコールが飛んでしまうので注意
③スパイスを鍋に入れる。
④フルーツを鍋に入れて弱火でさらに温めて完成

体調に合わせたフルーツでアレンジ

まずは、フルーツを使って自分好みにアレンジしてみましょう! 好きなフルーツを入れてみて、お好みの味を探求するもよし。残り物フルーツを入れて、意外な発見をするもよし。

年の瀬で仕事もプライベートも忙しく、ちょっとお疲れ気味のGINGER世代なら、自分の体調に合わせたフルーツを選んでみませんか。
忘年会ラッシュで胃腸がお疲れ気味の人はリンゴ、寝不足が続いてお肌の調子がイマイチな人はビタミン補給にレモンやオレンジなど柑橘系を入れてみましょう。

体調に合わせたスパイスでアレンジ

果物の次は、スパイスで自己流アレンジです。
一般的にはシナモン、アニス、クローブを使うことの多いホットワイン。
美肌効果もや消化促進効果もある上に、間違いなしの美味しさです!

カラダを芯から温めたいという人には、生姜もおすすめ。
コショウも血行促進に効果的なので、寒い今の時期におすすめですよ!

自己流アレンジのホットワインで、美味しくお疲れを癒やしましょう。

文/はせ りな


【GINGERエージェンシー】はせ りな/ソムリエ
ナビゲーター
【GINGERエージェンシー】はせ りな/ソムリエ
オーガニックカリフォルニア料理店元オーナー。食のトレンドに興味があり、世界各国でミシュラン・オーガニックフード・B級グルメなど幅広く食べ歩きをしている。ニューヨーク在住。JSA認定ソムリエ/WSET認定level3/オーガニック料理ソムリエ/美肌食マイスター
このナビゲーターの記事を見る