2018年1月. 石井ゆかり12星座占い(星ダイアリーより)Vol.1

石井ゆかりさんの1月の12星座占いを、GINGERwebユーザーのみなさんに特別にお届けします! Vol.1の今回は牡羊座、牡牛座、双子座、蟹座、獅子座、乙女座です。気になるあなたの運勢は?

牡羊座 3.21~4.20生

From Getty Image

■多忙な年明け
年明け早々、非常に忙しい雰囲気に包まれています。面白そうなチャンスや頼まれごと等、嬉しいことから少々面倒なことまで「やるべきこと」が山積みになっているかもしれません。ですがそこには、かつてとは違った不思議な「柱」が通っていて、貴方の中には新しい気合いや勇気が満ち溢れているはずです。新しい責任感、新しいリーダーシップ、新しい「力」の感覚が、貴方を輝かせているだろうと思います。

■他者からの「プッシュ」
この時期は、人から「熱く推挙される」時期でもあります。あるいは、素晴らしい提案を受けたり、「これは貴方にぴったりだと思う」というふうに、人から何かを選んでもらえたりするかもしれません。有形無形に人から「受け取るもの」の多い時期で、この動きは秋まで続いていくのですが、特にこの時期は「貴方にこそふさわしい!」という強い推薦の気配が強いように思われます。手渡されたものは、まずは吟味を。

■1月2日前後の「居場所」を中心とした動き
年明けは故郷へ帰る等「居場所」「身内」を意識させられることの多い時期ですが、この年明けは特に、弱い部分を守ってもらったり、足りないものを補ってもらったりする喜びを深く感じられるかもしれません。

■1月末、夏へ繋がっていく愛のドラマ
31日前後、かねてからの愛に関する努力が、少々ミラクルな形で「報われる」かもしれません。ここでの出来事は、8月のドラマに繋がっていきます。クリエイティブな活動に取り組んでいる人にも、嬉しいことが多いでしょう。

牡牛座 4.21~5.21生

From Getty Image

■熱く盛り上がり、膨らむ「人との関わり」1月は人間関係が非常に活発な動きを見せるでしょう。人に会う機会が多くなりますし、刺激的な出会いやタフな交渉等、あらゆるパターンの「関わり」が、貴方を強く揺さぶるはずです。「人間関係とパートナーシップ」は、牡牛座の2018年全体にわたる一大テーマですが、このテーマが年明けからガンガンスピードを上げて展開していきます。貴方自身、他者に対してこれまでにないようなアプローチを試みたり、敢えて未知のバックグラウンドを持つ人に働きかけたりするようです。

■遠方との、時間をかけた交流
この時期の「熱い人間関係」は、物理的な距離もやすやすと越えて展開します。遠くまで誰かに会いに行くことになるかもしれませんし、遠くから貴方に会いに来てくれる人もいるでしょう。特に「師」となってくれるような人物に出会える可能性も高い時期です。人から多くを学べますし、逆に貴方が「先生」の役割を担って、人を導くことになるのかもしれません。勉強や研究活動自体にも、熱がこもるときです。

■1月2日前後、とても大事な対話の気配
年明け早々、重要な対話が発生しそうです。「折り入って話があるのですが」という「話」は、相手だけでなく貴方自身にも非常に大きな意味を持つ内容に展開していくでしょう。過去よりも未来を見据えた話を意識したいときです。

■月末、居場所が特別な形で「定まる」
家族や身近な人に対して傾けてきた努力が「報われる」ようなタイミングです。「ここが自分の居場所だ」という特別な思いを抱けるかも。

双子座 5.22~6.22生

From Getty Image

■「積極的受動性」を発揮する自ら率先して働きかけるよりは、「人のアクションに対してレスポンスする」ような動きが求められるかもしれません。人からの提案を受けたり、人から出動を要請されたりしてから動く、というパターンが多くなりそうなのです。人の意図や意向を汲み取りながら動くとき、かえって貴方の創造性や自由な行動力が解放される気配があります。特に、対立する人々や、膠着状態になった状況を、貴方がキーパーソンとなって調整していける時期でもあるようです。持ち前の調整力が輝きます。

■「好条件」を勝ちとる
自分自身のための「調整」も、この時期はうまくいく傾向があります。特に、就労条件や生活の様々な条件が「自分に合っていない」という感覚を抱いていた人にとって、その条件を転換し、今の自分に合った生活を再構築することができるときです。ここでの「調整」には、ある種「戦い」の雰囲気もあります。摩擦を怖れず、勇気を出して自分に必要なものを勝ちとることも、長い目で見れば大切な「責任」です。

■人から受け取れる「ギフト」
不思議と、人が素敵なものを贈ってくれるときです。特に、この時期は「長く使えるもの」や「使いこなすのにちょっと手間がかかるもの」を受け取る場面が多いかもしれません。時間や手間をかけるだけの価値があるものに出会えます。

■月末届く、少し不思議な朗報
31日前後、ミラクルな朗報が飛び込んできそうです。貴方がこれまで理想を目指してやってきたことが、意外な形で認められるかもしれません。

蟹座 6.23~7.23生

From Getty Image

■愛と情熱の季節
好きなことに打ち込める時期ですし、愛する人とドラマティックな時間を過ごせる時期でもあります。「愛」は2018年を通しての蟹座のテーマの一つですが、年明け早々、かなり熱いドライブがかかっています。いつになく激しい感情が胸に湧き、自分でも驚くような勇敢な行動を起こす人も少なくないでしょう。人間関係全般が活性化する時期でもありますが、この時期貴方と一対一で向き合っている人々は、あたたかな愛情と冷静な理性の両方に支えられていて、貴方の爆発するような「熱」をしっかり受け止め、必要な場合は軌道修正してくれるようです。パートナーシップにも新しい柱が生まれます。

■クリエイティブな活動と、その受け取り手
創造的な活動にも熱い追い風が吹きます。素晴らしい作品を生み出せたり、自分を思い切り表現できる舞台に恵まれたりするときです。目立つことを怖れず、できるだけ「前に出る」ことを意識したいところです。この時期は、「自分の創造性の発露を、誰に受け取ってもらうか」ということも、とてもハッキリしています。「この人のために頑張りたい」という思いが、貴方を押し出し、あるいは導くでしょう。

■2日前後、大事なターニングポイント
年明け早々、頑張ってきたことが認められた上で大きく前進できるような転機が巡ってきます。行動を起こす覚悟が決まります。

■月末、経済面での大きな動き
31日前後、経済・物質面で意外な「果実」を得られそうです。生産性や収入、節約等に関して頑張ってきた人は、大いに報われるでしょう。

獅子座 7.24~8.23生

From Getty Image

■「居場所」を改造する情熱
2018年を通して「居場所をつくる」ことが獅子座のテーマとなっていますが、この年明けは特に、その展開が速く、勢いの強い時期です。引っ越しや模様替え、家族構成の変化等がどんどん進展しそうです。年末年始は「家族・身内」と再会し、その関わり方に多少の変化が起こりやすい時期ですが、今回は特にその振り幅が大きいようです。

■サポート役、調整役としての実力
身内や身近な人々、同僚や友だち等、様々な立場の人々から「援助要請」を受けるかもしれません。忙しい時期ですが、そこには「好意」がたっぷり詰まっていて、受け取れるものや返礼も多いでしょう。

■生活改善の検討
年末年始は生活を見直す機会の多い時期ですが、今年は特に「生活改善」「体質改善」を決意し、実行に移す人が多そうです。小さなことでも、長期的に積み重なると大きな威力を発揮します。悪習慣を解消し、良い習慣を取り入れて軌道に乗せられます。

■夏に繋がっていく大きな転機
31日、貴方の星座で月食が起こります。時間をかけて積み重ねてきたことが、蛹が蝶に変わるように「羽化する」ようなタイミングです。この時期は特に、誰かの密かな期待に気づくと同時に、それに応える方法をも発見できる、といったこともあるかもしれません。2017年の夏にドラマの「第一章」が置かれていて、ここではその「第二章」が、そして2018年夏に「第三章」が展開していく、とも言えます。去年の夏の出来事を思い返してみると、起こっていることの面白さがより深くわかるかもしれません。

乙女座 8.24~9.23生

From Getty Image

■コミュニケーションが活性化
「コミュニケーション・勉強・旅」は2018年を通しての乙女座のテーマですが、年明けから一気にスタートダッシュ!の勢いに溢れています。たくさんの対話が生まれますし、生まれた対話が「継続していく」のも、この時期の面白いところです。勉強にも勢いがつきますし、旅に出る機会も増えるでしょう。知的に非常に活性化しているので、時に「頭がパンクしそう!」という状態になることもあるかもしれません。とはいえ、この時期は「交通整理をしよう」「無駄なところを見極めて切り離そう」といったような「整理整頓」は、まだあまり意識しなくて良さそうです。ひとまず広がるだけ広げてしまったところに、何か新しいものが見えてくるはずです。

■華やかさと確かさの両方が備わった、愛の季節
年明けから愛もめいっぱいに活性化していきます。恋愛やパートナーシップ、子育てや趣味の活動等、全て貴方の情熱に基づく活動は、花開くように前向きに展開していくでしょう。この時期の特徴として、「一時的なものに終わらない」ということがあります。愛も楽しみも、長期的な軌道に乗ります。クリエイティブな活動も、ここで始めたことは三日坊主に終わりません。

■過去に散らばった欠片がまとまる
月末、少々不思議な現象が起こりそうです。過去に散らばったバラバラの欠片が、ある出来事をきっかけに、全体として大きな物語にまとまってゆくようなのです。誤解が解けたり、相手の謎の行動の真意を伝えられたりするところから、そのプロセスが始まるのかもしれません。「過去からのメッセージ」を受け取れます。

気になる2018年の運勢は?

「星ダイアリー」は使いやすい手帳に70ページを超える石井ゆかりさんの最新占いを加えたもので、星占いを楽しみながら、日々の生活をサポートする1冊です。著者の石井ゆかりさんはツイッター27万フォロワーを超える作家で、特に女性からの人気が高く、女性誌での連載のほか、著作も多数執筆しています。
手帳の年間・月間・週間カレンダー部分には、月の満ち欠けなど星にまつわるデータが満載。星座別の年間占いは恋愛・仕事・お金・健康などの気になるポイントを掲載し、月間占いは詳細な解説が、ホロスコープとともにびっしり書かれています。
迷った時や日常のふとした瞬間に、あなたの近くに寄り添うあたたかく勇気の出る言葉の数々。毎日眺める手帳だからこそ、きっとあなたの相談相手になってくれるはず。全国の主要書店およびネット書店、私の部屋(一部店舗)ほかで発売いたしますので、ぜひお買い求めください。

《CONTENTS》
・各星座別の内容
年間占い/月間ホロスコープ、月間占い、星の動く日/カレンダー解説/太陽星座早見表/著者によるカバーイラスト解説
・全星座共通の内容
はじめに/2018年・2019年カレンダー/星ダイアリーの使いかた/2018年全体の星模様/2018年 年間12星座プチ占い/他の星座のプロフイール/4択おみくじ/星座の分類について/月齢のおはなし/星の逆行について/月のボイドタイムについて/2018年星の移動日、新月・満月一覧表/太陽星座早見表/おわりに/方眼/白紙

【著者略歴】
石井ゆかり
ライター。星占いの記事やエッセイなどを執筆、独特の文体で老若男女を問わず人気を集める。著書に『星読み+』『愛する人に。~新装版~』『愛する力。~続・愛する人に。~』(幻冬舎コミックス)ほか多数。2010年刊行の『12星座シリーズ』(WAVE出版)は120万部を超えるベストセラーとなった。


GINGERweb TOPICS班
ナビゲーター
GINGERweb TOPICS班
知っているとお得なモノゴト、働く女子が知っておくべきハウツー、賢く暮らすためのアイデアなど、多忙なアラサー女子の生活に役立つトピックスを楽しく、わかりやすく解説。
このナビゲーターの記事を見る