おうち菜園にハマる人続出!初心者でも簡単に楽しめる野菜やハーブは?

おうち時間が増えている今、ガーデニングやベランダ菜園が人気とのこと。栽培キットだって、野菜はもちろん、ハーブやフルーツ、キノコまでバリエーション豊富です。育てる楽しさや味わう嬉しさに加え、成長を待ちながら水やりするだけでも心癒やされるもの。ベランダや窓辺などの狭いスペースでも楽しめるうえ、種まきなどのスタート時期を気にせず、いつでも始められるものを紹介します。

水耕栽培なら買ってきた野菜でスタート

誰でも簡単に始められて収穫できるのが、成長の早いカイワレ大根や豆苗などの植物の新芽であるスプラウト。浅めの容器さえあれば、窓辺で簡単に育てられます。土で汚れたり、虫がついたりする心配がないのも気軽に始められるポイント。ただ何度も繰り返すと豆部分の養分が失われるので、収穫は2回程度。こまめな水の交換と水の量、日当たりさえ気にかけてあげれば、嬉しい収穫が待ってます。

栽培キットで大人気のキノコを育てる

おうちで簡単に育てられるキノコの栽培キットが大人気。なかでも「森のきのこ倶楽部」のシイタケは初心者でも簡単に育てられるとのこと。菌床に毎日水やりしながら見守るだけで、5日程度でニョキニョキ芽が出てきて、5~8日で収穫できるとか。運が良ければ、3巡目まで収穫できるかも!

森のきのこ倶楽部
https://www.rakuten.ne.jp/gold/drmori1/

お気に入りハーブを育ててナチュラルガーデンに

バジルやイタリアンパセリ、ミント、ローズマリーなど、あればいつでも料理やドリンクに生かせるハーブ類は買うより育てるのが正解。本来生命力が強いので、初心者でも育てるのは比較的簡単です。

バジルはスーパーで買ってきた残りの枝を水に挿しておくだけで、根っこがでてきて土に植え替えて育てることも! ハーブは香りもいいので、育てているだけできっと癒やされるはずです。

植えどきを気にしない野菜はコレ!

本来野菜には種まき時期や収穫時期があるもの。植えるタイミングを逃すと、せっかく種を買っていても植えられないことも。シーズンを気にすることなく種まきでき、小さなプランターでも栽培できる野菜ならチャレンジしたい女子も多いのでは?

見た目も可愛くサラダに最適なラディッシュ(はつか大根)や、カラフルな茎がオシャレなスイスチャード、ビタミンCたっぷりで生で食べても美味しい小松菜、緑黄色野菜として栄養価も高いミニチンゲンサイは、冬季を除けばいつでも種まきできます(寒冷地除く)。ホウレンソウや春菊、水菜などの葉野菜もほぼ一年中プランターで栽培できるので、「鮮度の高い野菜が食べたい」という野菜フリークの女子は早速トライしてみて!

写真・文/和多亜希

和多亜希/フリーライター
ナビゲーター
和多亜希/フリーライター
神戸在住のフリーライター。出版社勤務の経験を生かし、衣・食・住はじめ、美容や旅など全方位的にアンテナを張り、関西の旬の情報をキャッチ。特にスイーツネタが得意。
このナビゲーターの記事を見る