チャーミングでハートフルな感動作! 映画『gifted/ギフテッド』の見どころは?

GINGERweb読者のみなさま、こんにちは!  映画ライターの古川ケイです。今週、皆さまにオススメしたいのは『(500)日のサマー』のマーク・ウェブ監督最新作『gifted/ギフテッド』です。 根強いファンを誇る『(500)日のサマー』から一転、大作「アメイジング・スパイダーマン」シリーズを2作連続で撮った同監督が、チャーミングでハートフルな作風に戻ってきた本作。家族の絆を描いた感動作として、笑って泣けること間違いなしの一本です! 

『gifted/ギフテッド』ストーリー

フロリダで暮らす、ちょっと変わったふたりと1匹の家族——7歳の生意気ざかりのメアリー(マッケナ・グレイス)、彼女の叔父でシングルのフランク(クリス・エヴァンス)、そして片目の猫のフレッドは、楽しく幸せな日々を過ごしていた。

だが、メアリーが小学校に行くことが決まり、算数の授業で難問を次々と問いてしまうと、平和な暮らしが一変する。実はメアリーは、生まれながらにして数学の天才的な才能の持ち主だった。

メアリーの母である亡き姉の意思に従って、フランクは学校から提案された英才教育を頑なに拒むが、そこへ縁を切ったはずのフランクの母親が現れ、彼からメアリーを奪おうとする。

メアリーの親権をかけて、祖母VS叔父の裁判が幕を開けるが、フランクには亡き姉から託された重大な秘密があってーー。

見どころ1:メアリーを演じたマッケナ・グレイスがとにかく可愛い!

主人公のメアリーを演じたマッケナ・グレイスは現在11歳。とびぬけたファッションセンスで、多数のInstagramのフォロワーを抱える彼女が魅せる可愛さには、思わずメロメロになってしまいます!

笑顔ももちろん可愛いのですが、注目してほしいのは、しかめ面の演技。8ヵ月にわたって徹底的に行われたメアリー役のオーディションで、何百人もの少女の中から選ばれた彼女の感情表現の豊かさは、名人芸レベルだったといいます。

見どころ2:実力者ばかり! 脇を固めるキャスト陣も見逃せない!

叔父のフランクを演じた、「キャプテン・アメリカ」「アヴェンジャーズ」シリーズで知られるクリス・エヴァンスはもちろん、脇を固めるサブキャラクターたちを実力派俳優たちが演じているのも本作の見逃せないポイントです。

メアリーの祖母 イブリンを演じたリンゼイ・ダンカン(『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』)の演技も素晴らしいですが、注目はやはりメアリーを可愛がる隣人 ロバータを演じたオクタヴィア・スペンサーでしょう。

『ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜』でアカデミー賞、英国アカデミー賞など数々の賞を受賞したオクタヴィア。

近年では、アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞にノミネートされた『ドリーム』のドロシー・ヴォーン役が記憶に新しい彼女ですが、本作でも脇役ながら心に残る名演技を見せてくれます。

見どころ3:物語にリアリティを与える、実在の数学問題

本作の鍵となるのが、メアリーの母親でありフランクの姉のダイアンが挑戦していた数学問題です。

実在の大学教授が数学のアドバイザーとして参加する本作では、ダイアンは“ナビエ・ストークス方程式”という問題に挑戦していたという設定になっています。

“ナビエ・ストークス方程式”は、アメリカのクレイ数学研究所によって2000年に発表された100万ドルの懸賞金がかけられている7つのミレニアム懸賞問題の未決6問のうちの1つ。

数学界の未解決ミステリーともいえる数学問題が登場することで、本作の物語にぐっとリアリティが加わっています。

たくさんの見どころであふれる『gifted/ギフテッド』。その面白さはマーク・ウェブ監督作とあらば、折紙付も同然です。

果たしてメアリーとフランクは引き離されてしまうのか。
寒い季節にぴったりの心温まる本作は、ぜひ劇場でチェックしてみてくださいね!

文/古川ケイ

『gifted/ギフテッド』公開情報

『gifted/ギフテッド』
11月23日(木・祝)全国ロードショー
監督:マーク・ウェブ
出演:クリス・エヴァンス、マッケナ・グレイス、リンゼイ・ダンカン、ジェニー・スレイト、オクタヴィア・スペンサー
配給:20世紀フォックス映画
上映時間:92分
公式サイト:http://gifted-movie.jp/
(C) 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

古川ケイ/映画ライター
ナビゲーター
古川ケイ/映画ライター
新作オススメ映画情報サイト「木曜日のシネマ(http://thursday.jp)」運営。新卒で映画配給会社に入社し、映画情報誌の編集・ライター業務に従事したのち、洋・邦作品の宣伝を手がける。2016年より、映画ライターとしてオススメの作品をご紹介しています!
このナビゲーターの記事を見る