デトックスウォーターで夏の荒肌を修復。心からキレイな美肌作りのすすめ

キレイになる、痩せるなどといわれているデトックスウォーター。セレブが愛用する姿を目にすることも多いはず。これらはフレーバーウォーターとも呼ばれ、果物や野菜、ハーブなどでフレーバーをつけたドリンク。 今回は、実際に飲み続けるとどんな効果が期待できるのかについて紐解いてみたいと思います。作り方も簡単なのでぜひ日々の生活に取り入れてみてください。

効能1:香りによる、リラクゼーション効果 

果物やハーブから抽出される栄養成分は微々たるもので、残念ながら直接美容と健康を左右する量ではないよう。ですが一方で、爽やかな香りが心を落ち着かせてくれ、日々のストレスから解放してくれるという効果が。気持ちをリラックスさせることで、体を内面からキレイにし、美容効果へとつながっていきます。
高価なスキンケアアイテムもいいけれど、ストレスから解放された心身ともに健康的な体作りをしてみませんか?

効能2:水分補給による、デトックス効果

十分な水分補給は、みずみずしさを保ち肌に潤いを与えるため、キレイな肌作りにはとても大切です。また、体内のデトックス効果があり、お通じも良くなるため、ダイエット効果にもつながってきます。
1.5Lから2Lという理想水分摂取量を無味な水で摂るのはなかなか難しいもの。でも、自家製のデトックスウォーターをメイソンジャーに詰め込んで持ち歩けば、その日の気分にぴったりくるから飽きずに無理なく続けられるはず!
乾燥しがちな冬に向けて、今から十分な水分補給を習慣づけましょう。

デトックスウォーターの作り方

スライスした果物や野菜、ハーブを2~3種類混ぜて、半日ほど冷蔵庫で冷やすだけで、2~3日美味しく飲めます。どんな容器を使っても良いですが、見た目にも可愛らしく、持ち運びに便利なメイソンジャーがオススメです。継続するためにも、身近で無理せず手に入る材料を使ってスタートしましょう。
デトックスウォーターはあくまでも水であって、ジュースではありません。見た目と味のギャップに、始めは違和感を感じるかもしれませんが、シロップやジュースを加えず、少しずつ慣れていきましょう。

基本の材料:
柑橘類 | オレンジ、グレープフルーツ、レモン、ライム
ベリー類(冷凍可) | イチゴ、ラズベリー、ブルーベリー
その他の果物 | キューイ、パイナップル、ザクロ、スイカ、桃
野菜 | キュウリ、トマト
ハーブ類 | タイム、バジル、ローズマリー、ミント、生姜、レモングラス、ラベンダー

フレーバーの組み合わせ

体に心地良いフレーバーは、それぞれ個々で違います。ここであげた例を参考に、楽しみながら好みの味を見つけてみましょう。大切なことは、無理なく続けることです。

フレーバーの組み合わせ例:
グレープルルーツ+ローズマリー
キュウリ+ライム+ミント
ザクロ+レモン+タイム
イチゴ+バジル
レモン+ラベンダー
生姜+レモン+ローズマリー

写真・文/ブライデン陽子


ブライデン陽子/料理研究家
ナビゲーター
ブライデン陽子/料理研究家
料理研究家。1991年に渡米。インテリアデザイナーとして数々のスペースを手がけた後、Yoko Design Kitchen を立ち上げる。ハーバード大学でリサーチアシスタントを務める他、 料理教室、レシピ開発など幅広い分野で活動。世界中を旅して得たルールに拘束されない自由な発想とスタイリッシュな料理が人気。
このナビゲーターの記事を見る