【お金の常識チェック】キャッシュカード、クレジットカード、デビッドカードを使い分けてますか?

財布の中に金融機関のカードは何枚入っていますか? 大きな買い物をするときに便利なクレジットカード、持ち合わせの現金がないけど、今すぐ決済したいときに使うデビッドカードなど。様々なサービスを使い分けて日々お買い物をしていることと思います。 そうした各種カードの細かいサービスの違いを把握していますか? この機会におさらいしてみましょう。 公認会計士、平林亮子さんから学ぶお金講座スタートです。

キャッシュカード、クレジットカード、デビッドカードの違い

From Getty Image


【問題】
クレジットカードとデビットカード。
預金残高がゼロでも使えるのはどっち?

 キャッシュカード、クレジットカード、デビットカード。似て非なるものがあって混乱しそうですね。これらの違いを全部説明できるでしょうか。
 複数の機能が一体になったカードもありますから話はますますややこしくなるのですが、一つひとつ説明を試みたいと思います。
 キャッシュカードは、ATMを使って預金口座からお金を引き出すためのカードです。
 クレジットカードは、ショッピングの代金の支払いに利用できるカードで、一定期間の利用額を後から決済する仕組みになっています。指定した預金口座から引き落とされる形で決済されます。
 クレジットカードを使って、ATMでお金を引き出すこともできます。一般的にキャッシングといわれますが、預金口座から直接お金を引き出すわけではありません。キャッシングをした分は、いわば借金であり、後から引き落としによって決済されることになります。
 そのため、クレジットカードは、決済のときまでに必要な額が用意されていれば問題ないので、預金口座の残高が一時的にゼロであっても利用することができます。

デビッドカードとは?

From Getty Image


デビットカードは、いわばキャッシュカードとクレジットカードの中間にあるものです。
クレジットカードのように、ショッピングの際の支払いに利用できますが、使ったときに使った分だけ預金口座から引き落とされます。そのため、預金残高以上の利用はできないのが原則です。
デビットカードであっても、一時的な残高不足に対応してくれるものや、利用した店舗によっては後日決済を行うケースもあります。ただし、基本的には即時に引き落とされますし、分割払いなどもできないため、クレジットカードのようなローン地獄に陥ることはありません。
主なデビットカードは、銀行とクレジットカード会社が提携して発行しています。
例えば、三菱東京UFJ銀行が発行するVISAデビットであれば、VISAカードの使えるお店でクレジットカードのように使うことができ、使った分はその場で三菱東京UFJ銀行の口座から引き落とされる、という仕組みになっています。
なお、日本の銀行のキャッシュカードをそのままデビットカードとして利用できる仕組みもあります。これを「J─Debit」といいます。J─Debitの加盟店では、J─Debit機能を持つキャッシュカードをデビットカードとして、代金の支払いに利用することができます。使った分は、その場で、預金口座から引き落とされることになります。
デビットカードによっては、ポイントやマイルが貯まるものもあります。クレジットカードを持っていると、ついつい使い過ぎてしまうという人にはお勧めです。

【答え】
クレジットカード。デビットカードは、
使ったときに使った分だけ
預金口座から引き落とされる。

平林亮子
ナビゲーター
平林亮子
公認会計士。1975年千葉県生まれ。お茶の水女子大学文教育学部地理学科出身。大学3年次在学中に公認会計士試験合格。 起業やプロジェクトのたち上げから、経営全般に至るまであらゆる面において経営者をサポートしている。 『決算書を楽しもう』(ダイヤモンド社)、『お金が貯まる5つの習慣』『<新版>相続はおそろしい』(幻冬舎新書)『レシートで人生を変える7つの手順』(幻冬舎)など、著書は監修も含めると50冊を超える。
このナビゲーターの記事を見る