絶品! 人気のロブスターロールを産地で食べてみた…!! 【アメリカ東海岸・食TRIP】

日本でも人気のロブスターの産地は、ヨーロッパやカリブ海など世界に数ヵ所ありますが、やはり絶品ロブスターはアメリカ東海岸育ち。
ボストンのあるマサチューセッツ州や、そのすぐ北にあるメイン州など有名産地に行くと、大抵どこのスーパーにもロブスターの水槽があり、簡単に新鮮なロブスターを手に入れることができます。でもそんな名産地に行っても、ロブスターが一体どんなところで生息してるか、どのようにここまでやってくるかなど意外と知られていません。
というわけで今回はそんな興味心に誘われ、ロブスターの故郷メイン州まで取材に行って来ましたのでその様子をご紹介します。

メイン州の海

ロブスターの水揚げ量がアメリカNo.1のメイン州は、カナダと国境を背にするアメリカ東海岸最北端の州で、北海道の稚内と同じくらいの緯度になります。

たくさんの島が点在し、入り組んだ美しい海岸線と透き通るような海で知られています。ロブスターはそんな大自然の中で暮らしているのです。

ロブスター漁獲

海中にこんなロブスターの罠が仕掛けられ、漁師達が毎日やって来ては罠をチェックし、規定以下の小さなロブスターは海へ戻し、規定以上のロブスターのみを漁獲します。

そして漁獲されたロブスターは、まず海に浮かぶ掘っ立て小屋に集められます。

コープ協同組合

そしてコープ協同組合を通して、市場へと発送されて行きます。

もちろん、直接ここに来ても気前よく売ってくれます。新鮮なロブスターは、元気一杯でした。

ロブスターの調理法

ロブスターは一般的に茹でることが多いですが、蒸したり焼いたりする場合もあります。他に縦半分に割ってから焼いたり、その他シーフードを詰めてから焼く料理もあり、楽しみ方はさまざま。

大人気のロブスターロール

また、日本でも人気のロブスターロールは、メイン州地元でも大人気。評判の店は2時間くらい並ぶこともあります。
味付けはシンプルにバターで和えるだけのものから、マヨネーズとレモンでさっぱり味付けされているものまでさまざまです。

今回訪れた有名店「レッズ・イーツ」のロブスターロールはボリュームたっぷりで、調味料の味はほぼせず、ロブスターをそのまま食べているのに近い贅沢なもの。もちろん値は張りましたが最高のお味で、はるばる訪ねた甲斐があったという満足感でいっぱいになりました。

日本でも近年話題のロブスターロール、みなさんもいつかぜひ本場の味にもチャレンジを!!

文・写真/ブライデン陽子


ブライデン陽子/料理研究家
ナビゲーター
ブライデン陽子/料理研究家
料理研究家。1991年に渡米。インテリアデザイナーとして数々のスペースを手がけた後、Yoko Design Kitchen を立ち上げる。ハーバード大学でリサーチアシスタントを務める他、 料理教室、レシピ開発など幅広い分野で活動。世界中を旅して得たルールに拘束されない自由な発想とスタイリッシュな料理が人気。
このナビゲーターの記事を見る