3つの誤解が恋の妨げに!知っておきたい男ゴコロ

気が利くのに、一緒にいると楽しいのに、元気がでるのに・・・なぜ彼女には素敵なパートナーがいないのだろう。そのような女性があなたの周りにもいませんか? 女性からは人気があるのに、なぜか男性ウケは低い理由は、男性を誤解しているからかもしれません! 今回は、そんなよくみられる女性の勘違い3つをお伝えします。

意識するだけでも、今後の恋の行方が変わります。新しい視点をもって彼らと接していくことで、満足度の高いパートナーシップを築いていけるはず。

誤解1:沈黙は悪 

沈黙になった時、女性は「何か話さないと! つまらない女だと思われちゃう!」などの思いが頭に浮かぶ傾向にあります。つまり「沈黙=ネガティブな時間」と捉えやすいのです。

しかし、男性には沈黙の時間が必要。

女性にはなかなか理解できないことかもしれませんが、
彼らにとって沈黙タイムは自分の思考を整理する時間。彼らは考えるとき、黙って考えます。このとき、沈黙をなんとかしようと女性が急に話し始めると彼らはイラッとするのです。なぜなら女性としては楽しい時間を提供しようとしていただけなのに、彼らは「邪魔された」と解釈してしまうからなのです。

気が利く女性ほど、その場を盛り上げようと頑張ってしまうもの。しかしながらこの行為が男性をゲンナリさせてしまう要因に。

沈黙の時間は
女性にとっては不快でも、男性にとっては別物であることを理解してあげてください。思考の整理がつけば、彼らはそこからまた話し始めます。そのときまで安心して待つことを意識していきましょう。そして居心地のよい女性という印象を残していきましょう。

誤解2:彼には癒しの存在が必要

女性はストレスや疲れを感じている男性に対して「私が元気づけてあげなくちゃ、癒してあげなくちゃ」と思いがちですが、これが勘違い。それは女性がしてほしいことであり男性が求めていることではないことを覚えておきましょう。

彼らが求めていることは女性に「何でも自分の力で解決できる自分の姿を認めてもらう」こと。癒しを必要としている自分の姿なんて、恥ずかしくて触れられたくないのです。

それを知らずして、彼の疲労を心配し労ろうとしていませんか。その行為は男性のプライドをズタボロにします。そしてその状況が続けば、いずれ彼からの信頼を失い離れていってしまうでしょう。


優しさを彼に提供する前に、一度考える時間をとること。これが彼の求めていることを知るためのポイントです。

彼は男性です。もともと求めているものが女性とは違います。その違いを尊重してあげること。ここに意識を向けながら付き合ってみてくださいね。その積み重ねがやがて深い関係を作っていくことにつながるのです。

誤解3:彼に甘えることは迷惑

相手への気遣いはどの段階のカップルにも必要なことです。しかしあまりにも遠慮しすぎてしまうと関係を妨げるものとなります。前述した通り、男性は解決力の高い自分に誇りをもつ生き物。その力を発揮する機会を与えてあげること。これが彼への真の優しさなのです。

何か悩んでいるときなど、「彼に申し訳ないから、自分で解決しなくては」と本心を抑えてしまう場合、彼らは頼りにされていないと誤解し、自信を失っていくでしょう。これは姉御肌、責任感が強い、完璧主義の女性に多い傾向です。
大事なポイントは、期待に応えてもらうことを目的とせず、「私はあなたを心から信頼しています。あなたのサポートを必要としています」という気持ちを素直に届けることです。

男性は自分を守ってくれる女性を求めていません。
共に成長し高め合える女性を好みます。このことを念頭に置いて、彼に甘えるチャレンジをはじめていきましょう。これは“自分の弱さ”をさらけ出す挑戦でもあります。

最初は誰でもドキドキするもの、たまの失敗は大目にみてトライ&エラーを繰り返しながら、安心して一緒に過ごせる関係を作っていきましょう。

文/小松恭子

小松恭子/パートナーシップカウンセラー
ナビゲーター
小松恭子/パートナーシップカウンセラー
パートナーシップカウンセラー。全ての女性が愛と幸せの発信源となることを願い、愛し愛されるパートナーシップの仕組を学べる講座を横浜、東京で開催中。
このナビゲーターの記事を見る