目からウロコの美味しさ!夏定番「そうめん」をヘルシーにアップデート

夏のごはんタイムはつるっと冷たいそうめんが美味。見た目も涼し気で喉越しがよく、バテがちな季節の頼れるメニューでもありますね。薬味とめんつゆで味わうシンプルなそうめんも美味しいけれど、作る楽しさと旨みがアップする"おしゃれそうめん"をマイレシピに追加しませんか。美と健康をちょっぴり意識した3つのレシピをご紹介します。

きゅうりとみょうがサラダのぶっかけそうめん

きゅうりとみょうがのサラダをトッピングした「ぶっかけそうめん」。ごま油を効かせたサラダは、おつまみとしてもグッド◎ みょうがの香味ときゅうりのシャキシャキ食感が、暑い日のごはんタイムを美味しくしてくれます。

■材料(1人分)
そうめん 2束
めんつゆ 150ml(お好みの濃さで)

きゅうりとみょうがのサラダ *作りやすい量
みょうが 2個
きゅうり 1本
★ごま油 小さじ1
★しょうゆ 小さじ1
★酢 小さじ1
★白いりごま 適量

■作り方
1. きゅうりとみょうがは千切りにします。
2. ボウルに★を合わせたら1を加えて軽く和え、冷蔵庫で冷やしておきます。
3. そうめんは時間通りに茹でて水洗いし、氷水で冷たくしておきます。
4. 器にそうめんを盛りつけて2をトッピングし、めんつゆをかけたら完成です。

薬味の定番「みょうが」は血液のめぐりをよくする働きがあるので、冷え予防にも期待! アンチエイジング効果を発揮する「白ごま」は、たっぷり加えるのがおすすめです。

トマトと大葉のつけダレそうめん

めんつゆに野菜と調味料をプラスするだけで、美味しいつけダレが完成。美肌作りに効く「トマト」と香味野菜「大葉」の組み合わせは、安定の美味しさ。切って投入するだけなのでとても簡単です。

■材料(1人分)
そうめん 2束
トマト 1個
大葉 5枚
めんつゆ 150ml(お好みの濃さで)
ごま油 小さじ1
白いりごま 適量

■作り方
1. トマトは角切り、大葉は細切りにしておきます。
2. ボウルにめんつゆ、ごま油、白いりごまを合わせ、トマトを加えて冷蔵庫で冷やしておきます。
3. そうめんは時間通りに茹でて水洗いし、氷水で冷たくしておきます。
4. タレを器に注ぎ、大葉をトッピングしていただきます。

今回はつけダレにしましたが「ぶっかけそうめん」でいただいてもOK。トマトは半分にカットしたプチトマトにチェンジしたり、アボカドと組み合わせたりしても美味しいです。さっぱりいただきたいときは、少量の酢を加えても◎。

オリーブオイル香るレモンそうめん

さっぱり爽やかなレモン風味の「ぶっかけそうめん」は、洋風仕立て。岩塩やオリーブオイルが美味しさの決め手です。レモンのクエン酸効果で疲労回復!美肌作りの味方、ビタミンCを手軽に摂取できるのもポイントです。

■材料(1人分)
そうめん 2束
レモン 1/2個
白だし 50ml
水 100ml (お好みの濃さで)
レモン果汁 大さじ2
オリーブオイル 小さじ1
岩塩 適量
ブラックペッパー 適量
ミントの葉 適量

■作り方
1. ボウルに白だし、水、レモン果汁を合わせ、輪切りにしたレモンを漬けて冷蔵庫で冷やしておきます。
2. そうめんを時間通りに茹でて水洗いし、氷水で冷たくしておきます。
3. 器にそうめんを盛りつけ、1のレモンをトッピングし、つゆを注ぎます。オリーブオイルをまわしかけ、岩塩、ブラックペッパーをふりかけ、ミントの葉を飾ったらできあがり。

オクラやかいわれ、ネギなどグリーンの野菜をプラスすれば、彩りが美しい1品に。茹でてほぐしたささみを加えてボリュームアップしてもOKです。レモンの酸味がさわやかなので、あまり食欲が無いときにもぜひ!

食材と調味料の組み合わせを楽しむうちに、新たな美味しさに出合えるかも。この夏はいつものそうめんレシピをアップデート!  きれいの秘訣をトッピングすることも忘れずに♪  

文・レシピ/KUMICO


KUMICO/フリーライター
ナビゲーター
KUMICO/フリーライター
大阪在住。アパレルメーカー勤務を経てフリーライターに。パリジェンヌの普段着に着目し、リアルなパリ流スタイルを提案。フランス情報サイトFRANCE365にて「くみこのパリおしゃれ手帖」連載中。「おいしいもの」のチェックも欠かさない。
このナビゲーターの記事を見る