やってみなきゃ損!お疲れモードを癒やすこんな「プチ贅沢」あるんです

GINGER編集部内で、あまり表には出てこないけれど、実は縁の下の力持ちとしてキャリアを重ねている編集F。持ち前の穏やかなキャラクターと母性?が相まってか、最近、取材した読者の皆さんからお悩み相談を受けることが増えてきた模様。

そこで今回、最近少しストレスを感じているという3人の美GINGERと編集Fの会話を、取材班が盗み聞き! 美容にもカルチャーにも詳しいFが、 上手に自分を癒やす「プチ贅沢」を指南しているようです。

お悩み①「平日の息抜きの仕方がわかりません」→夜21時まで開いているあのスポットへ!

最初に登場したのは、お仕事帰りの永瀬愛美さん(27歳/商社勤務)。

 あら、何だか今日はお疲れ気味じゃない?

永瀬 そうなんです。営業事務の仕事をしているのですが、海外との商談が大詰めで、こんな時間まで残業してしまいました。

F もうそろそろ21時ね。永瀬さんは朝が早いから、たしかにこの時間にはへとへとでしょう。毎日こんな感じなの?

永瀬 いえ、日によって全然違うので、18時くらいには出られることも多いんですけど。

 それくらいなら、アフター6も充実しそうね。

永瀬 それが・・・何だか最近、仕事帰りは疲れて、まっすぐ家に帰ることが多いんです。

<永瀬さんの一日>
06:00 起床、家事や準備など
07:45 出発
08:30 出社
~終日デスクワーク~
18:00 退社(日によって時間はばらばら)
19:00 帰宅
20:00 夕食、お風呂、家事など
23:00 就寝

 仕事でストレスでもあるの?

永瀬 そうですね・・・職場には恵まれているのですが、周りには女性が多く、実は自分が最年少ということもあって、気を遣っている部分はあるかもしれません。

 あなた、優しいものね。

永瀬 もともと体育会系なので、つい上下関係を気にしてしまうんです(笑)。

 人に気配りができるのはいいことだから、一概に悪いとはいえないけれど・・・ずっと気を張っているとそりゃ疲れるわよ。仕事以外の部分で、こまめに自分を緩めてあげたほうがいいんじゃないかしら。

永瀬 そうですね。以前は仕事帰りにぶらぶら街を歩いたりしていたのですが、最近はそういうことも減っています。せっかく都会で働いているので、ショッピングにでも行けたらいいけど、どこも20時で閉まってしまうし。

 そうねえ、ショッピングのほかに、何か趣味とか、やってみたいことはないの?

永瀬 趣味は茶道で、ときどきお稽古に通っています。それ以外は・・・そういえば最近、美術館に行けてないな。アートを観るのが好きなんですけど。それこそ、平日は閉館時間が早いから難しいし。

 あら、それならいいこと教えてあげる。実は最近のアート界では「平日夜にもっと気軽にアートを楽しんでほしい」という思いから、夜間開館をする美術館が増えているのよ。

永瀬 そうなんですか!

 あなたの職場からなら、三菱一号館美術館とか行きやすいんじゃない? 

永瀬 はい、雰囲気もいいしとっても好きな美術館のひとつです。

 雰囲気もよくて非現実に浸れるから、贅沢な気持ちになれるわよ。仕事帰りのリフレッシュにぴったり。上手に時間を使って、ちょっとした贅沢の経験を積み重ねていくことが、大人の女性としてあなたを高めてくれるわ。

永瀬 そうですね。さっそく明日の開館時間を調べてみようかな!

「仕事帰りに三菱一号館美術館へ。平日の夜を有意義に使えた満足感があり、大好きな美術作品をゆっくり鑑賞できてとても満たされた気分になりました。21時まで空いてる日や、女性は鑑賞料割引になる日があることがわかったので、平日夜の美術館巡りにハマりそうです!」(永瀬さん)

お悩み②「常に体力消耗中です」→美容のフルコースで自分を労わって

次に現れたのは、美容皮膚科に務める工藤恵理香さん(31歳)。

 あら、今日も元気そうね!

工藤 でも体はけっこうくたくたです~。朝からジムに行ってきて、仕事も今日はずっと動き回っていたので。

 たしかお仕事は看護師さんだったかしら? 体力のいる仕事なのに、朝から運動するなんて偉いわね。

工藤 体の疲れは、体を動かして取るタイプなんです(笑)。今日は退勤後にこちらに来る予定だったので、ジムに行けないなと思って・・・そういう日は、朝から行くんです。起きてすぐ、すっぴんで出かけます。

<工藤さんの一日>
07:00 起床
07:15 出発
08:00 ジムでトレーニング
10:00 出勤
19:00 退勤(残業担当の日は遅くなることも)
20:00 習い事
22:00 帰宅 お風呂
23:00 夕食
24:00 就寝

F 習い事って、何をやっているの?

工藤 華道のほか、実は最近フェンシングを始めました。何か剣術がやってみたくて。それから最近サボり気味ですが、ダンスもやっています。

 とっても充実しているわね。素敵! だけどこのスケジュールを見ると・・・頑張りすぎていないか、少し心配になるわ。

工藤 確かに、予定を入れすぎたなあと感じるときもあります。それが続くと、ぷつんって糸が切れて、そういうときは1日中だら~っとしないと回復しません(笑)。

 それはきっと体のサインね。ぷつんと切れる前に、自分を労わってあげるべきよ。スキンケアやボディケアは、きちんとできているの?

工藤 そういえば最近、手抜き気味かも・・・お風呂はジムのシャワーで済ませることも多いし、スキンケア用品もいろいろ持ってはいるのに、省いて化粧水と保湿ジェルで終わり、みたいな日が増えています。

 そういうことだろうと思った(笑)。今はいいけど、そのまま無理を続けていると、10年後のお肌に影響が出るわよ。たまにはまっすぐ家に帰って、ゆっくりお風呂に浸って、自分を癒やしてあげてもいいんじゃない?

工藤 そうですね。

 私は最近、取材でホテルに宿泊したときに、ここぞとばかりにシートマスクやボディクリームを持ち込んで、夜の空き時間を贅沢に過ごしてみたの。体だけでなくて、心もほぐれた気がしたわ~。

工藤 わあ、それはいいですね。いつもの家のお風呂じゃ、特別感もないし。

 入浴剤にこだわってみたり、特別なコスメを使ってみれば、立派な贅沢になるわよ。忙しくて準備する余裕すらなくても、最近はコンビニでいいの。シートマスクや美容液まで揃っていて、しかもワンコインで手に入るから、思いついたときにすぐ贅沢できて最高よ! 美容のフルコース、試してみて。

工藤 フルコースっていうだけで贅沢に聞こえますね(笑)。やってみます!

「ある日の夜。初めて買ってみた炭酸入浴剤でゆっくりとお風呂に浸って、全身ぽかぽかに。それからスキンケアタイム! 
まずは洗顔。最近はダブル洗顔不要のクレンジングに頼りきりだったから、Fさんの言うとおりコンビニで手に入れた雪肌粋の【洗顔パウダー】で酵素洗顔。泡で丁寧に洗うと肌がつるつる、生まれ変わった感じ。そしてマッサージチェアで全身をほぐしつつ、【透明美肌マスク】でパック。普段あまりシートマスクを使っていないので、特別感に癒やされました♡ 最後の仕上げに、【集中エステ美容液】をたっぷり浸透させるとお肌にハリツヤが! 時間をかけて肌を労ってあげると、ジムに行くのとは違うリフレッシュ感がありすね。しかもどれもコーヒー一杯分くらいのお値段で手に入るなんて・・・プチ贅沢、ハマりそうです!」(工藤さん)

お悩み③「フォトジェニックと無縁の生活です」→プロの手を借りましょう!

最後は、通信会社に勤務する小林舞良さん(31歳)。

小林 みんな、キラキラしてるなあ。

 あら何言ってるの、あなただってとっても輝いてるわよ。

小林 そんなことないですよ、私の生活なんてもう本当にただ地味で。

 たしか子育て中、だったかしら。

小林 そうなんです。子供は可愛いし、夫も協力的なのですが・・・仕事の時間以外は常に子供と一緒なので、自分が自由に使える時間はほとんどありません。外食することもなくなって、毎日自炊。たまにSNSで素敵なレストランの写真をアップしている人を見かけると、うらやましいなって思います。

<小林さんの一日>
06:30 起床、朝食の用意など
07:30 子供を起こし、朝の用意
08:40 出発(保育園へ送るのは夫にお任せ)
09:10 出社
16:00 退社、子供のお迎え
18:00 子供と一緒にご飯、テレビを観るなど
20:00 子供と一緒にお風呂、就寝準備
22:00 子供を寝かしつけ、自分も就寝

 わかるわ~。子供が小さいと、すべて一緒にやらなくちゃならないものね。

小林 トイレに行くことすら、自分のペースでできないんです(笑)。独身時代は自分がいかに自由に生活していたか、痛感しています。

 仕方のないことではあるけれど、頑張りすぎるといつのまにかストレスが溜まってしまうから気をつけて。たまには旦那さんに子供を任せて、ひとりで息抜きしてみる時間が取れるといいわね。

小林 確かに、最近そういう時間を作ってなかったかも。夫は育児に積極的なので、もちろんお願いすればひとりで外出もできるのですが、何だかいつも、つい結局子供のことが気になって、出不精になるんですよね。

 そうそう、だからそういうことは「あえて」「意識的に」時間を作ることが大切よ。買い物でもエステでも、次の週末に行ってみたら? 地味な家事に飽きているんだったら、レストランで食事とまではいかずとも、帰りにデパ地下にでも寄って、お惣菜を買ってみて。ほんの2、3千円の予算で、同じ自宅のテーブルも一気に華やぐわよ。

小林 それ、いいですね! 確かにそれくらいの贅沢は、もっとしてもいいのかもな。

 そうよ。毎日自炊することが母親の務めってわけじゃないもの。たまには手抜きも贅沢も必要。あなたが楽しそうだったら、家族も全員ハッピーよ。

小林 次の週末、さっそくやってみます!

「週末、ひとりでデパートへ。帰りにお惣菜を買ってきました! ロースとビーフや、丸ごと玉ねぎにハンバーグが乗ったフォトジェニックな一皿も。自分で作らないと、びっくりするほど楽だし、やっぱりデパ地下はおいしいな〜としみじみ。いつもと違う特別感が、より美味しく感じさせてくれたのかもしれません」(小林さん)

編集Fのアドバイスにより、「プチ贅沢」を実行してみた美GINGERたちの笑顔はいつも以上に晴れやか。仕事にも何にでも、つい頑張りがちなGINGER世代には、ときどきの贅沢で自分を癒やしてあげることが必要なのです。皆さんもぜひ、気軽にできる「プチ贅沢」を試してみてくださいね。

*工藤さんが使っていたコスメはこちら!

雪肌精の姉妹ブランド「雪肌粋(せっきすい)」のスキンケア。和漢植物エキスをぎゅっと凝縮した贅沢なアイテムながら、プチプラ&コンビニで気軽に手に入るので、お仕事帰りや忙しいときのプチ贅沢にぴったり!

〈左〉酵素のチカラで落ちにくい毛穴の黒ずみ、ザラつき、古い角質までスッキリ。つるスベ肌へ。雪肌粋 洗顔パウダー 0.4g×10包/¥500
〈中央〉みずみずしいエッセンスマスクで透明感の速攻ケア。雪肌粋 透明美肌マスク みずみずしいタイプ N(販売名:うるおいマスク)28ml×1枚入/¥300
〈右〉みずみずしいハリ感とツヤをあたえ、透明感のある肌にみちびく集中エステ美容液。単包だから、毎回新鮮なまま使える。雪肌粋 集中エステ美容液(販売名:うるおい美容液)1回分×3包入/¥350

公式Instagramアカウント(@sekkisui)、公式Twitterアカウント(@_sekkisui_)もチェック!

<問い合わせ先>
コーセー TEL: 0120・526・312

※全国のセブン-イレブンほか、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマートの一部店舗で購入可能です。
※プライスはすべて税抜です。

撮影/[読者モデル]蓮見徹、[静物]植一浩

GINGERweb取材班
ナビゲーター
GINGERweb取材班
アラサー女子の心と脳を活性化させるニュースからインタビューまで、見逃せない話題のあれこれを丁寧にレポート。あなたの“やる気”をアップする刺激的なネタが勢ぞろい!
このナビゲーターの記事を見る