人気インスタグラマー@chinamisakamotoさんが考えるホワイトプレートの魅力って?

白くて丸いお皿に盛られた食事は、まるでアート作品のような繊細な美しさ!そんなすてきな写真をインスタグラムでアップしている@chinamisakamotoさんが教えてくれた、ホワイトプレートについてちょっとフカボリ!プレートの使い方や選びの基準など教えていただきました。(編集部) 

おいしく見せておいしく頂く

実は、以前好きな作家さんの器をコレクションして、日々の食事に使っていました。子供が生まれるまでは。小さな子供がいると、あれよあれよと減っていく大切な宝物の器たち。しばらくはお手ごろなプレートにと使い始めたのがきっかけです。白を選んだのは、食材の色が映えるから。食べ物の持つ色の強さって想像以上なんですよね。 

活躍のシーンはいつでも!

とにかくお野菜の色彩を楽しんでもらいたい料理のとき、そして持ち寄りのポットラックパーティーのときなど、大勢でテーブルを囲む賑やかなシーンこそ名わき役に徹してくれるのが、ホワイトプレートです。我が家ではワンプレート朝ごはんでも活躍します。 

使えば使うほど好きになる

例えば、見た目にインパクトのあるような個性の強い料理も、白いお皿に載せると、優しい表情になります。丁寧に飾り切りなどした食材もいっそう映える。盛り付けた料理がぱっとクリアに目に飛び込んでくる感覚も大好きです。まるでキャンバスのようなホワイトプレート。 選ぶときのおすすめは盛り付けしやすいように、できるだけ平らなものを。サイズは3種類くらいあると、料理によって使い分けられますよ。お手ごろなホワイトプレート、ぜひ使ってみてください!


坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
ナビゲーター
坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
フードライター。旬野菜を使ったレシピ考案。野菜好きが高じて庭に畑を作る。野菜のお世話をしながら日々作っている料理をインスタグラムにて配信中。 著書「野菜のごちそう弁当」インスタグラムアカウント名@chinamisakamoto
このナビゲーターの記事を見る