美肌にも疲労回復にも効果的な万能調味料「塩レモン」のオススメレシピ4選

今では定番となった塩レモン。煮沸消毒した保存瓶にカットした無農薬レモンと10~20%ほどの粗塩を入れ、1日1回瓶を振って馴染ませながら1ヶ月ほど置くだけでできる長期保存OKな万能調味料です。塩レモンなら、より多くのビタミンCを含む皮ごと美味しく食べられるので美肌にもピッタリ!また、レモンに含まれるクエン酸は疲労回復にも効果的です。今回は、塩レモンを使ったオススメレシピをご紹介します。

夜食にもピッタリな塩レモンの和風スープ

あまり食欲がない時や夜にお腹が空いてしまった時、サッとできてオススメなのが、塩レモンの和風スープ。塩レモンの塩味が野菜の甘みを引き立て、レモンの風味が爽やかなスープです。
玉ねぎやニンジン、しめじなど、野菜は冷蔵庫に余っているもので何でもOK!お鍋で野菜と水、塩レモンのレモンと水分を入れて煮込み、塩気を見ながら白だしを少し加えて完成。

万能すぎるネギ塩レモンダレ

お肉にもお魚にも厚揚げにも、ビックリするくらい何にでも合う、万能すぎるネギ塩レモンダレ。
まずは、玉ねぎと塩レモンをみじん切りにします。ボウルにみじん切りにした玉ねぎと、塩レモン、塩レモンの水分、白胡麻、胡麻油を入れて混ぜ合わせ、少し置いて馴染ませるだけ。塩気が足りない場合には、塩レモンの水分を加えて調整します。お肉やお魚にたっぷりのせて召し上がれ!

止まらなくなる塩レモンマリネ

思わずパクパク食べ続けてしまう爽やかな美味しさの塩レモンマリネ。
セロリやキュウリ、パプリカなど、好みの野菜を薄切りにします。ボウルに野菜と塩レモンのレモンと水分、胡椒、オリーブオイルを入れて和え、馴染ませます。そのまま食べるもはもちろん、お肉と一緒にバゲットに挟んで食べるのもオススメです。ちなみに、彩り豊かな野菜に海老や炒めた挽肉、春雨、パクチーを加え、塩レモンとナンプラーで味付けをすれば、人気のタイサラダ「ヤムウンセン」もできます。

濃厚なのに爽やかなレモンクリームリゾット

クリーミーなのに爽やかで、ちょっとオシャレな塩レモンのクリームリゾット。
今回はあまったご飯を使った時短バージョンをご紹介します。塩レモンの皮は軽く水洗いして水分をふき取り、黄色い部分を千切りにします。フライパンに生クリーム、パルミジャーノ、塩レモンの皮と水分、胡椒を入れ、少し煮詰めます。ふつふつしてきたらご飯を入れ、全体を絡めます。器に盛り、アクセントに胡椒をふりかけたら完成。

文/江頭令子

江頭令子/PR広報
ナビゲーター
江頭令子/PR広報
グループ会社を含めた十数社のIT広報を1人で担い約10年。9年目からは通販化粧品の企画・販売を行う新規事業を立ち上げ、スキンケアブランド「ViTAKT」を手がける。仕事においても家事においても手作りが好きで、ハンドメイド広報とも言われる。モットーは、無理をしすぎず楽しむこと。
このナビゲーターの記事を見る