【おうち時間充実計画】洗濯上手になる!楽しく洗濯する4つのコツ

編集部のメンバーが気になるモノゴトを綴るエディターズ通信。あなたの気になるネタが見つかるかも!  

【Fromエディターズ】おうち時間が増えてきた今、もっぱら乱れた自分の生活環境を見直す時間にしています。
忙しさにかまけておざなりになっていた、アレコレを一気に整えるぞ!と意気込んでいたのですが、さっそくつまずく私・・・なぜなら、基本的な家事である「洗濯」がとっても嫌い。苦手というよりも「嫌い」。やりたくない家事のかなり上位です。   
そんな私のようなズボラ女子を救う、時短洗濯テクニックを入手[※]したのでご紹介します。

その1:衣類は裏返しのまま洗うべし!
皮脂や汗は衣類の内側についているので、裏返しのまま洗ったほうが、汚れ落ちがアップするのだとか。このひと手間がキレイな洗い上がりへのファーストステップ。ただし、靴下は丸まったままだと汚れ落ちが悪くなるので、きちんと伸ばすことを忘れずに!

その2:ガンコな汚れには前処理を 
襟や袖の黒ずみや黄ばみ、食べこぼしなどには洗濯前のひと手間「前処理」が効果的なのだそう。すっきり簡単に落とすために、液体洗剤や液体酸素系漂白剤の塗布を。洗濯前に汚れに直接つけて洗濯機へ!

前処置にぴったり!『トップ スーパーNANOX』

その3:プッシュボトルを賢く使え!
プッシュするだけで使えるボトルタイプの液体洗剤、実は洗剤の投入時間を通常ボトルと比べて約半分以下にカットしてくれるのです。手が汚れるリスクも少ないので、忙しい時間帯にも便利! 気になる汚れ部分に直接シュッとすれば、汚れ落ち効果もUP!

シュッと簡単に洗剤投入!『トップ スーパーNANOXプッシュボトル』

その4:お急ぎコースは積極的に使う
軽い汚れの衣類なら洗濯モードは「スピードコース」でOK。洗濯機の機種によりますが、標準コースに比べて約10〜20分も洗濯時間の短縮に。時短に加えて節水にもなるので、使ってない人は勿体ないですよ! 
最近はスピードコースにぴったりの「すすぎ1回」でOKな洗剤も増えてきているので、裏面の表示をしっかりチェックしてみて。

生活環境を整えることは、おうち時間を充実させるためにとっても重要。まずは4つのテクニックを使って、洗濯から始めようと思います!(GINGER編集部 ARAI)

※ライオン「お洗濯の時短のコツ」リリースより

GINGER編集部カルチャー班
ナビゲーター
GINGER編集部カルチャー班
仕事だけの毎日じゃモノ足りない、もっと自分時間を楽しく過ごしたい! 欲張りな大人女子のライフスタイルを充実させる、要チェックなカルチャー情報をいち早く紹介します。
このナビゲーターの記事を見る