なぜか彼と続かない!?すぐにフラれる原因は倦怠期の過ごし方にあり!

順調に進んでいるかのように見えた関係にも、やがて訪れる倦怠期。この時期がきっかけで関係がギクシャク、お別れしてしまった経験がある方も多いと思うのです。


今回は、この時期を安心して乗り越える秘訣をお伝えします。倦怠期を調整期に変えて、安心してその先に待っている彼との未来へとつなげていきましょう。

倦怠期の正体はバランス調整期間!

交際期間3ヵ月から6ヵ月。なんとなく連絡頻度が減っているような、なんとなく雑に扱われているような、 今までの彼との些細な違いを感じたときが倦怠期の始まり。この時点から対策を打つことが長続きのポイントになります。

この時期は、彼との距離感が変わるタイミングであることを知っておいてくださいね。

ここからは2人の距離感を、交際直後の急接近した状態から、ほどよい状態に調整するとき。交際が順調に進んできたからこそ、次のステップに入る時期がやってきたのです。

特に女性は、感覚的にバランスが崩れたように感じて、急接近状態に戻そうとする傾向が強いのですが、ここで慌てないでくださいね。違和感の正体は「2人にとってベストなバランスを調節しているから」なのですから。

長続きする関係は、距離感を一定に保つことで作られるものではありません。違和感を恐れることなく、落ち着いた柔軟な対応が2人を次のステージへと導いてくれるのです。

倦怠期は本命女子になれるか否かの分かれ道

新しいバランスが作られている過程での注意点。それは彼に交際初期の状態を求めないこと。彼にそのリクエストをすることは、別れを決断させてしまう行為だと心得てくださいね。

というのもこの時期、彼にはまだあなたの気持ちを受け入れる準備ができていません。そのため自分にとって不都合な点があるのなら、今の時点で別れたほうが楽だという考えに至ってしまうわけです。

残念ながらこの時期は、「付き合う理由」よりも「別れる理由」に意識が向きがち。彼にとって負担となる言動は控えたほうがいいでしょう。交際数ヵ月で「彼女の望みは受け入れる」と強い気持ちのある男性は実際には少ないものです。

倦怠期は焦らず、落ち着いて今までと変わらず笑顔で過ごすことに専念しましょう。そんな女性を彼は本命として認識するようになります。

不安げな暗い表情は逆効果なので注意してくださいね。この時期を乗り越えるポイントは、彼の言動に振り回されて自分を見失わないこと! 恋に溺れず、しっかりと舵をとっていきましょう。

尽くし系女子の注意点とは!?

「彼のためを思って頑張った。それなのにフラれ、原因がわからない」というケースの多くは、尽くし過ぎです。

前述した通り、倦怠期とは自分の心地よさを保ちながら相手との距離感を調整する時期。尽くし過ぎてしまうと、相手が調整しようとしているところに割り込んで邪魔をしているような印象を与えてしまうのです。これでは相手の気持ちが離れていくことも理解できますよね。

本来、尽くすとは「相手が求めているもの」を快く提供すること。「自分が提供したいもの」を差し出すのではないということを、しっかりと心に留めておいてくださいね。「重たい女」「お母さんみたい」と言われてしまう女性の多くはこのポイントを見逃しています。

相手のために尽くすことができるのは、素晴らしい素質です。その素質を健全に活用していきましょう。自分が求めていることを、笑顔で提供してくれる女性を手放す男性がいるでしょうか。

倦怠期の扱い方によって2人の未来は大きく変わっていきます。はじまったばかりの関係です。期待を膨らませて末永く育てていきしょう。

文/小松恭子

小松恭子/パートナーシップカウンセラー
ナビゲーター
小松恭子/パートナーシップカウンセラー
パートナーシップカウンセラー。全ての女性が愛と幸せの発信源となることを願い、愛し愛されるパートナーシップの仕組を学べる講座を横浜、東京で開催中。
このナビゲーターの記事を見る