【人気インスタグラマー発】レパートリーは無限大! 朝食が楽しくなるオープンサンドレシピ

こんにちは。ソトナカごはん担当のチナミです。今回はちょこっと手を加えるだけで格段に栄養価が高くなる、簡単「朝ごパン」をご紹介します。朝食はパンだけど近頃マンネリ~とおっしゃるあなた、必見ですよ!

レンジでできるクリーミーサンド

こちらは、レンジで簡単にできるホワイトソースをたっぷりのせたオープンサンドです。

(材料) 
バター、小麦粉、牛乳、水、塩こしょう、ナッツ類またはきのこ類。
味が濃いのがお好みの場合はコンソメ顆粒など。

(作り方)
1.耐熱ボウルに溶かしたバターと小麦粉を入れ、よく混ぜる。
2.1を1分30秒ほど電子レンジで加熱する。
3.残りの材料を入れて電子レンジで5分ほど加熱する。
   取り出したあと、塩こしょうで味を調えながらよく混ぜる。
4.お好みでナッツ類やキノコ類を加えると味にコクがでます。

バターをオリーブオイルにかえたり、牛乳を豆乳にかえてもOKです。

香り豊かな焼きリンゴのトースト

トーストにバターをぬり、スライスした林檎を並べてオーブンヘ。きれいな焼き色になったら取り出します。上からハチミツを回しかけてクルミをトッピング、シュガーパウダーをひと振りすればできあがりです。

(りんごの栄養価)
果肉に含まれるペクチンが腸内の善玉菌を増殖させます。
果皮のポリフェノールが活性酸素を撃退してくれます。

食感が楽しい、チーズと人参のオープンサンド

スライスしたバケットにオリーブオイルを丁寧にかけます。とろけるチーズやオリーブのスライス、お好みのお野菜を加えてオーブンで焼きます。塩胡椒で味に濃淡をつければできあがり!

(チーズの栄養価)
カルシウムやたんぱく質を効率よく摂取できます。

具材たっぷりのゆで卵サンド

こちらは、オーソドックスなゆで卵のオープンサンド! マッシュしたアボカドも入ってます。普段通りに焼いたパンにマヨネーズとマスタードをぬります。レタスを敷いて卵をトッピングすればできあがり。とっても美味しいのでやみつきになりますよ~!

(卵の栄養価)
必須アミノ酸をバランスよく含みます。
卵黄のレシチンは老化予防、コレステロール値を抑制してくれます。

いかがでしたか。少しの工夫でカフェ気分を味わえて、しかも栄養も摂れるなんてなんだかとってもうれしいですよね。冷蔵庫の残り物をトッピングしたり、前夜の残り物を混ぜてみたり、オープンサンドの可能性は無限に広がります! ぜひぜひみなさんも、楽しみながら作ってみてくださいね。


坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
ナビゲーター
坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
フードライター。旬野菜を使ったレシピ考案。野菜好きが高じて庭に畑を作る。野菜のお世話をしながら日々作っている料理をインスタグラムにて配信中。 著書「野菜のごちそう弁当」インスタグラムアカウント名@chinamisakamoto
このナビゲーターの記事を見る