アカデミー賞6部門にノミネート!心優しい少年の成長にみる、生きる喜びとは?

第二次世界大戦下のナチス、ドイツを舞台に10歳の少年ジョジョの成長する姿を通じて、心の自由、愛の力、生きる喜びをユーモアと感動とともに描いた映画『ジョジョ・ラビット』。
ヒトラーに憧れ、立派な兵士になろうと奮闘する少年の目線から、戦争や人種差別の愚かさを改めて考えさせられる作品です。今回はこの作品について映画ライター、渥美志保さんにレビューしていただきました。(編集部)

戦争を生き抜いた、10歳の少年の恋心

第二次世界大戦末期のドイツ。ジョジョはナチスの青少年団に入ることを夢見る10歳の少年。自分だけに見える空想の友達「アドルフ」に励まされながら、ナチスの週末キャンプに参加します。そこは「戦争ごっこ」をしながら兵士になることを学ぶ場所なのですが、「ウサギを殺せ!」と命じられてもどうしても殺すことができなかった彼は、「ジョジョ・ラビット」という不名誉な名前を付けられてしまいます。

結局負傷して落ちこぼれ、お母さんと二人で暮らす家に帰ったジョジョは、町で党のビラ配りやポスター張りをすることに。そんなある日、家の二階にある死んだ姉の部屋から物音を聞いた彼は、部屋の壁の中に匿われていたユダヤ人の年上の少女エルサを発見。
ところが「報告したら、母親も一緒に死刑になるわよ」と逆に脅されて通報するのが怖くなり、彼女を通報しない代わりに「ユダヤ人の秘密のすべて」を話させ、「ユダヤ人撲滅」に役立つ本を書こう!と決心します。

映画の魅力はなんといってもジョジョのかわいらしい素直さ。「一人前の男に!」とイキって、いわゆる「男性的」なこと――暴力をふるうとか、力を誇示するとか、他を圧倒し支配するとか――を、おチビちゃんなりに実践しようとするのですが、あんまりうまくいきません。
ウサギだって殺すどころか一生懸命逃がそうとしちゃうし、「戦争が終わったら恋人とパリに行く」と語るエルサに、一旦は「お前の恋人は死んだんだ!」とイジワルを言いながらも、落ち込む彼女に「やっぱ生きてた」と恋人を装って自分で書いた手紙を渡したり(もちろんエルサにはバレバレ)。何に対しても、その場その場で素直に反応してしまうその様は、まだ何にも染まっていない、感受性の柔らかなジョジョの心が見えます。

そしてジョジョをそんなふうに育てたお母さん、スカーレット・ヨハンソンが演じるロージーも素敵。実は靴紐すら自分で結べないジョジョ、お出かけする時に、お散歩の最中に、いつも靴紐を結んでくれるのがこのお母さん。同時に彼の胸にきゅっと結わえ付けるように、大事な思いを語ります。
一番素敵なのは「世界を支配するより、踊って歌う自由が楽しめることのほうが価値がある」。彼女はジョジョの視界の外で起こっている(でもジョジョの人生にとっても決定的な)戦争の不条理を体現する役で、だからこそ作品には「子供向けの絵本的世界」にとどまらない感動があります。

さてナチス党員に憧れるジョジョですが、ちょっと素敵なお姉さん(そして死んだ姉に似ている!)のエルサと話しているうちに、だんだんと彼女に恋するように。エルサから「お腹の中で蝶々が飛んでる感じ」と教えてもらった恋がジョジョに起こる、その場面がまためちゃめちゃ可愛い。あらゆる出来事を乗り越えながら、ジョジョが大きく成長するラストシーンが、これまたものすごく軽やかでイカしています。ぜひぜひご覧くださいませ。

『ジョジョ・ラビット』
監督:タイカ・ワイティティ
出演:ローマン・グリフィン・デイビス、トーマシン・マッケンジー、タイカ・ワイティティほか
1月17日(金)全国ロードショー
http://www.foxmovies-jp.com/jojorabbit/
©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation &TSG Entertainment Finance LLC

渥美志保
ナビゲーター
渥美志保
TVドラマ脚本家を経てライターへ。雑誌やWebのほか、企業広報誌などにも多く寄稿。J-WAVE「KEY COFFE METROPOLITAN CAFE」にてシネマスターとして映画を紹介。TOKYO FM「FMシネマ」では構成とキャスティングを担当。現在は映画を中心にカルチャー全般のインタビュー、ライティングを手がけている。
このナビゲーターの記事を見る