大阪スパイスカレー激戦区で舌鼓!噂の名店、実食レポ

こんにちは!カレーと音楽が好きなイラストレーター、かざまりさです。前回に引き続き、今回は2日間の小旅行で訪れた大阪のスパイスカレー店から、おすすめのお店をご紹介します。

大阪スパイスカレーとは?

まず大阪スパイスカレーについておさらいしましょう。大阪スパイスカレーとは、大阪発祥の、日本人独自の調合のスパイシーなカレーのこと。出汁を使ったりご飯と合わせて食べるなど和のテイストが特徴です。

大阪は実はスパイスと縁深い土地。日本初のカレールーも大阪発祥なんです。2000年代、インド料理店が急激に増えたことをきっかけに、インド料理のテイストを取り入れつつ日本人の舌に合ったスパイシーなカレーを提供するお店が増えていきました。今も本町を中心として新しいお店が立ち続けています。本町駅は新大阪駅から電車で12分と好アクセス。大阪への出張などのついでにも訪れやすいのも嬉しいですね。

SOMA

大阪旅行1日目、大阪スパイスカレーの人気店「SOMA」へ訪れました。阪急神戸線・地下鉄御堂筋線中津駅から少し歩くと静かな路地にあります。平日にも関わらず、13時頃に店を訪れると待ちの列が4、5組。人気店であることが伺えます。しかし回転が早いのか15分ほどでお店の中へ。

奥行きのある店内は古民家を改装したようなほっこりとした雰囲気。木の棚にスパイスの入った色とりどりの瓶が並べてあったり、植物が飾られていたりと素敵な内装です。近所の会社員と思しきグループ数組がお昼のカレーと談笑で賑わっています。カウンター席4席、2名用テーブル3席、1名用のテーブル席が1席あり、私のほかにも女性の一人客も何人かいらっしゃいました。

カレーはチキンキーマ、トマトカレー、野菜カレーなど9種類ほどと豊富。あいがけのメニューもあり、¥900〜1,100で大変リーズナブルです。私は悩んだ挙句「チキンキーマ+お肉のカレー (チキンカレーを選択)」(¥1,100)に、トッピングでゆで卵を注文しました(+¥100)。10〜15分ほどでカレーが提供されました。

まずはチキンキーマ。口に運んだ瞬間スパイスの香りと風味がふわっと広がります。スパイシーなのにやさしい。ひき肉は粗めで食べ応えがありますが、癖が無く、シンプルな味付けながらちょうどよい塩加減でご飯によく合います。
チキンカレーは鶏肉がほろほろ。おそらく手羽元かどこかの骨つき肉ではないかと思うのですが、よく煮込まれていてほどよく脂の乗ったとろりとした美味しいお肉です。
トマトカレーはトマトの酸味が爽やかなさらさらのカレー。混ぜながら召し上がってください、とのことだったので3種を混ぜながらいただくと、また複雑な味になって美味しい!

スパイスのおかげか、食後もお腹はいっぱいなのになんだか清々しい気持ちでお店をあとにしました。大阪に来たらまた訪れたいお店です。

『SOMA』
アクセス:阪急神戸線・阪急宝塚本線 中津駅から徒歩3分
(大阪府大阪市北区中津3-18-2
営業時間: 月~木・土 12:00~15:00 (売り切れ次第終了)
定休日: 金・日(臨時休業あり) 席数:11席 予約:不可
備考: お会計は現金のみ、臨時休業はウェブサイトに掲載
Web: http://spicecurrysoma.blogspot.com

今回は前回に引き続き、大阪スパイスカレーのお店をご紹介しました! 大阪・本町周辺にはまだまだたくさんのスパイスカレー店が存在します。昼のみ営業のお店も多いので、事前に営業時間を調べてから訪れることをおすすめします。スパイスカレー店、みなさんもぜひ大阪に訪れた際には巡ってみてください。

イラスト・文/かざまりさ

かざまりさ
ナビゲーター
かざまりさ
イラストレーター。92年生まれ、都内在住。雑誌やウェブのイラストを中心に活動中。カレーと音楽を愛し、過去におすすめのカレー店をまとめたカレーZINEを制作したことがある。
このナビゲーターの記事を見る