E-girls山口乃々華 新連載! 「モヤモヤしたら外に出るのが一番です。【 ののペディア/歩く】」

E-girlsメンバーの山口乃々華さんが、瑞々しい感性で綴る連載エッセイ「ののペディア」がスタート。今、心に留まっているキーワードを、50音順にひもといていきます。

第1回「あ」:歩く

私の部屋は気がつくと、私でいっぱいになっているときがある。
それというのは、気の持ちようなんだけど
お手洗いに行っても、キッチンに立っても、テレビをつけても、音楽を鳴らしても、お風呂に入っても・・・気持ちが切り替わる瞬間がないときのことを「私でいっぱいになっているときの部屋」と呼んでいます。

どうも心がモヤモヤ、そんなときは外に出ることが一番です。
散歩に出かけます、すぐ疲れて帰ってしまうけど。
信号機や車のライトが、あくびで出た涙でぼやけて綺麗に見えたり
ふと、お出汁のいい香りがするお家の前を通りすがったり、楽しそうに笑う人たちとすれ違ったり・・・
それだけで
違う気持ちが入ってきてとても楽になる。
歩くと部屋から出られる。違う景色を見ることができる。
思わぬ発見や出会いがあったり。
ついつい引きこもってしまう私にはとても必要なことです。

そして、歩く速度には感情が素直に出る。
ある日、将来に不安を感じて、もうどうしようもなく頭の中が真っ暗になっていたとき。
早く家に帰りたいのになかなか足が思うように進んでくれなかった。
立ちすくんで座り込んでしまいたいけど、そんなことをしていたらおかしいから
歩かなければ歩かなければ・・・と
無理やりに進むのだけど、そのときの一歩一歩というのはとても重たかった。
自分の足でないような感覚に驚いた。

行きは遠く、帰りは近く感じることもある。
歩く速度には、心の容量や状態が関係しているんだろうなぁと思っています。

歩くことは、前へ進むこと。
無理矢理にでも歩くことで、あのときのわたしは、前へ進もうとするわたし自身を助けたのかもしれない。

【ののペディア/歩く】
自分の気持ちを入れ替える手段。
前へ進むこと。
速度から自分の心の状態を知ることができる。

文/山口乃々華(E-girls)


山口乃々華 / E-girls
ナビゲーター
山口乃々華 / E-girls
3月8日生まれ、埼玉県出身。2011年にLDH主催の「VOCAL BATTLE AUDITION 3」を経て、2012年発売の「Follow Me」よりE-girlsとしてデビュー。2014年から女優業もスタートし、映画「イタズラなKiss THE MOVIE」シリーズ、ドラマ・映画「HiGH & LOW」シリーズやHulu版「崖っぷちホテル!」にも出演する等、活動の幅を広げている。 E-girlsとしては New Single「別世界」が発売中! また今年は、E-girls PERFECT LIVE 2011▶2020 6年に一度のPERFECT YEARだからこそ実現する、これまでのヒット・シングル曲で作られるE-girlsの魅力あふれるベストライブが決定している。詳しいLIVE情報はこちらから→http://www.ldh-liveschedule.jp/e-girls-perfect-live-20112020/ 
このナビゲーターの記事を見る