幸せに直結する恋愛体質になるための3つのポイントとは?

春はなにかと新しい出会いの季節。同時に、恋愛の予感が高まる季節でもあります。だからこそ、出会ってしまう前に、あなたがパートナーとの関係において何を大切にしていきたいのかをチェックしておく必要があります。そうでないと、せっかく出会えたのに不安や迷いに取りつかれてしまう・・なんてことも。

今回は大切にしたいことを3つの視点からお伝えします。楽しい新生活の準備として、ぜひ取り入れてみてください。

「刺激的な人」で本当にいいの?

刺激的な男性をタイプとして掲げている女性は多いものです。新しい世界観を見せてくれることにワクワクしたり、非日常的なアプローチにドキッとしたり、まるで毎日がテーマパークにいるような日々を堪能させてくれる男性はとても魅力的。

そう感じるあなたは、一度立ち止まって考えてみる必要があるかもしれません。
あなたはドラマチックな生活を本当に望んでいますか?
ドキドキ、ワクワクがなくなったら、彼との関係はどうなるのでしょうか・・?

男性自身が持つ刺激は、中毒性があり、あなたの中の不安をあおり、刺激を感じなくなった時点で関係自体も終わってしまうことに。

もしあなたが、安心感のある人生を求めるのであれば、当然男性選びも「安心感」を優先してください。そして、安心感の上に成り立つ「健全な刺激」を楽しんでみてはいかがでしょうか。
健全な刺激とは不安を生まない楽しみ的な要素を意味します。

刺激と幸せを結びつけて考えている女性が多いように感じますが、そこは切り離して考えていきましょう。
今のあなたにとって、安心と刺激、どちらが大切か今一度考えてみることが大切です。

彼を攻撃していませんか?  

関係が上手くいかない原因を「彼のせい」にしてしまうことありませんか? 100%相手のせいだとは思わないまでも、部分的にでも「相手のせい」という気持ちをもっていると、無自覚に相手を攻撃してしまうことがあるので要注意です。

例えば、彼が口下手だったとします。そんな彼のせいでコミュニケーションが上手く取れないという不満をもっていた場合、おしゃべり上手な男友達や同僚と彼を比較するような言葉を発していたりします。そのようなことが度重なると、彼は自信をなくし、いつしかあなたは彼にとって不快な存在に・・・。そして、彼もまた無自覚にあなたを攻撃しはじめるのです。 

気持ちは言葉や態度に自然と現れてしまうもの。癖になっていると自覚したなら、ぜひ治す努力を。

「ふたりの幸せ」に協力的ですか?

彼が期待通りに動いてくれないとストレスをためてしまうタイプの人はいませんか? そのストレスを緩和させるために相手を変えようと必死になってしまうわけですが、それは前述したとおり彼への攻撃でしかありません。

ここで新しい視点として「新しく創る」ということを考えてみることをオススメします。どちらか一方が我慢して合わせる、どちらか一方が変わる、譲るではなく、ふたりにとってのベストな着地点はどこなのかを、新たな角度で考えてみてください。他人と比較せず、ふたりで新しいゴールを作るイメージです。世界中どこを探しても存在していないものであって良いのです。

幸せであることと、自分の望みを通すことは別問題。「ふたり」をベースに考えていく習慣づけを。

大切にしたいこと、幸せの尺度は人それぞれです。自分が大切にしたいこと基準に、自分も彼も幸せを感じるパートナーシップ作りをしていってくださいね。    

文/小松恭子

小松恭子/パートナーシップカウンセラー
ナビゲーター
小松恭子/パートナーシップカウンセラー
パートナーシップカウンセラー。全ての女性が愛と幸せの発信源となることを願い、愛し愛されるパートナーシップの仕組を学べる講座を横浜、東京で開催中。
このナビゲーターの記事を見る