毎日のコーディネートにもう悩まないすっきりクローゼット収納【前編】

次々と増えていく洋服たち。しかし、一人暮らしの収納スペースは限られていて気づけばギュウギュウに。広いクローゼットがあれば問題解決!?とはいかないもので、収納のコツを知らなければ、いつでも物であふれかえった状態になってしまうのです。そこで、収納インテリアアドバイザーの大橋わかさんに使いやすく、見栄えのいいクローゼット収納の極意を教わりました。

物であふれかえっているごちゃごちゃクローゼット

1Kのマンションに暮らす会社員Aさんのクローゼット。コートとシャツ、ボトムが混在し、どこに何があるかひと目ではわかりにくい。さらに、デニムは床置きで、ぐちゃぐちゃ。
Tシャツやインナー類は4段ラックにすっきりと収まっているように見えて、着ているのは取り出しやすい位置にあるもののみに。
上部の棚には日用品やバッグ、靴などが押し込まれていて、奥に何があるのか本人もわからない状況。
「バッグとコートが多いですね。どちらもかさばるものなので、まずは使っていないものを分けてみましょう」(大橋さん)。
分けることで、似たようなデザインのもの、長年使っていないもの、傷やシミがついているものなどを捨て、物量を減らすことができます。スペース全部を使うのではなく、2割の空きができるようにするのが大切なんだとか。

今、着る服を特等席に移動させる

折れ戸のため、両端の衣類が取り出しにくいクローゼット。そこをマイナスにとらえず、有効活用するのが手。
「季節もアイテムもバラバラになっているため、今、着たい洋服が取り出しにくくなっていますよね。薄いシャツがコートの間に埋もれてしまっています。冬ものはデッドスペースの両端に置き、シャツやワンピース、ボトムなど、今の季節に活躍しているアイテムを見やすい中央に吊るしましょう。衣替えの時期になったら、位置を入れかえるだけなので手間いらずです」(大橋さん)

吊り収納には使用頻度の高いバッグやストールをイン。収納しにくいクラッチバッグもこれならぴったり。また、ハンガーをそろえることで、肩の位置がずれず洋服を見失うことがなくなる。ボトムも専用のハンガーにかければさっと取り出せて便利。

●使用アイテム/吊り収納6段(ブラウニー) ¥925/ニトリ

通年使いのアイテムは衣装ケースに指定席を作る

季節を問わずに着る下着や部屋着、デニムは中が見やすいクリアな衣装ケースにイン。アイテムごとに分けて入れるのが鉄則です。
「今まで使っていたラックも悪くないのですが、統一感を出すために同じ衣装ケースを並べました。扉を閉めてしまえば見えないところですが、やはり見た目が美しくないと整理を怠ってしまいますよね。この衣装ケースは一般的なクローゼットの奥行きにぴったりなサイズなのでスペースを最大限にいかして収納ができます。女性の衣類であれば、高さは20cmがおすすめです。Tシャツや部屋着もコンパクトにおさまりますよ」(大橋さん)

●使用アイテム/クローゼット衣装ケースS ¥925/ニトリ
       バスケット フィロー(ハーフ) ¥925/ニトリ

入った!で終わらせない取り出しやすい小ワザ集

衣装ケースの中に入れたら終わりではありません。アイテムごとに分けたら、手前によく使うもの、オンシーズンのものを並べます。そうすることで、ケース内で衣替えができてしまうのです。
収納ワザを個別に見ていきましょう。

1.Tシャツやインナーは色ごとに分けてグラデーションで並べると自分がどんなものをどれだけ持っているかがひと目でわかります。引き出しの奥は死角になるので、通年使いのインナー(左)は奥を横向きに入れると見やすくなって「箪笥の肥やし」がなくなります。

2.デニムなど見た目が似ているアイテムは、特徴的なポケットを上にして収納するとどこのブランドのものかわかりやすくなります。裾を出すのもいいですね。

3.ブックエンドなど仕切りを間に入れておくと、衣類が減っても並びが崩れずきれいなまま。半袖と長袖の区切りにしても便利です。

4.毎日使うハンカチなどの小物はオープンのバスケットに入れて取り出しやすくしましょう。

「収納はケースに詰め込んだら終わりではなく、どこに何がはいっているのかひと目でわかることが大切です。自分が何を持っているのか把握しておけば、ムダな買い物も減るので収納スペースが足りないという事態に陥ることも減るはず。また、使用頻度の高いものを手前や中央に配置すれば、朝の身支度がスムーズに行えます。まずは配置を変えてみることからはじめてみましょう」(大橋さん)
上部棚の収納は後編で!

教えてくれた人
収納インテリアアドバイザー
大橋わかさん


おうちデトックス代表。整理収納アドバイザー1級、インテリアコーディネーター。「収納のチカラで叶えるインタリア」をコンセプトにセミナーや個人宅の整理収納サービスを行っている。訪問件数は450軒を超える。著書に『おうちデトックス』(大和出版)がある。
https://www.facebook.com/ouchidetox/

撮影/国井美奈子

※使用した収納アイテムはニトリネットで購入できます。
※価格はすべて税別価格です。店舗によっては、一部取扱いがない商品があります。


GINGERweb取材班
ナビゲーター
GINGERweb取材班
アラサー女子の心と脳を活性化させるニュースからインタビューまで、見逃せない話題のあれこれを丁寧にレポート。あなたの“やる気”をアップする刺激的なネタが勢ぞろい!
このナビゲーターの記事を見る