イルミネーション、スケートetc.年末年始のロンドン旅でやってみたい5つのこととは?

1年を通してイベントが数多く開催されているロンドンですが、12月と1月は特に見どころがたくさん。今回は「冬のロンドンといえばコレ!」という定番アクティビティを5つご紹介します。この場所ならではの年末年始を、ぜひ満喫してください。  

冬の定番! イルミネーションを見に行ってみる

Oxford Street Christmas Lights

From Getty Image

午後4時前には暗くなってしまうイギリスの冬。そんな日の入りが早い冬だからこそ長く楽しめるのが、イルミネーションです。

まず行ってみたいのは、東西約2kmの間に300以上の店が並ぶヨーロッパ有数のショッピング街、オックスフォードストリート。冬の時期になると、この通りはスノーボールのような1778のライトで照らされます。

開催場所:Oxford Street
最寄駅:Oxford Circus駅、Bond Street駅、Tottenham Court Road駅など
開催日:2017年11月7日~2018年1月5日
公式サイト:http://www.oxfordstreet.co.uk/


Christmas at Kew

キューガーデンズは、ロンドン中心部から電車で約30分のところにある王立植物園。クリスマス限定で、17時以降の夜間入場ができるようになっています。

園内にはライトアップされた噴水やサンタと小人たちの家、光のトンネルが広がり、ヴィクトリア朝様式としては世界最大級の温室「パーム・ハウス」も、この時期は色とりどりの光でライトアップされます。

「Christmas at Kew」は2018年1月1日まで。入場にチケットの購入が必要なので、どうぞお忘れなく。

開催場所:Kew Gardens
(Royal Botanic Gardens, Kew Richmond, Surrey, TW9 3AE)
最寄駅:Kew Gardens駅
開催期間:2017年11月22日~2018年1月1日
公式サイト:http://www.kew.org/


ロンドンの名所を見ながら滑ってみる

Natural History Museum Ice Rink

From Getty Image

ロンドン西部、サウスケンジントン駅近くにあるロンドン自然史博物館。冬になると、その大聖堂のような建物の隣に屋外スケートリンクが現れます。夜には博物館もライトアップされ、ロマンチック。

子ども用練習クラスがあったり、ペンギン型のアシスト器具を借りられたりと、子連れで出かけるのにもぴったりです。滑ったあとは、ミュージアムカフェでホットチョコレートを飲んで温まって。

開催場所:Natural History Museum
(Cromwell Road, London SW7 5BD)
最寄駅:South Kensington駅
開催期間:2017年10月26日~2018年1月7日
(12月25日を除く)
公式サイト:http://www.nhm.ac.uk/visit/exhibitions/ice-rink.html


Tower of London Ice Rink

From Getty Image

ロンドンでスケートと言えば、忘れてはいけないのがロンドン塔のアイスリンク。11世紀に建設が開始され、要塞、監獄、処刑場としても使われてきたこの場所は心霊スポットとしても有名。そんな不気味な雰囲気が漂うこの城の敷地内にも、冬になるとスケート場が登場します。

リンクの近くにはカフェ&バーも。パイやソーセージロールといったフィンガーフードや、モルドワインやシャンパンを楽しむことができます。

Tower of London
London EC3N 4AB
最寄り駅 :Tower Hill駅
開催期間:2017年11月17日~2018年1月2日
公式サイト:http://www.toweroflondonicerink.co.uk/


100以上のアトラクションが集まる遊園地で童心にかえる

Hyde Park Winter Wonderland

From Getty Image

夏には音楽フェスやミニマラソンが開催される王立公園、ハイド・パーク。11月になるとこの広大な公園が遊園地へと変わります。

とにかくなんでもありのこの大遊園地。そのアトラクションの数は100を超えます。観覧車やスケート場、ローラーコースターやフリーフォールといった絶叫系アトラクション、さらにはクリスマスマーケットにマシュマロを温められる焚き火、サーカスまで、老若男女誰でも楽しめる要素が盛りだくさんです。

Hyde Park
最寄り駅:Hyde Park Corner駅
開催期間:2017年11月17日~2018年1月1日
公式サイト:http://hydeparkwinterwonderland.com/


年末年始、冬の一大セールでショッピングを楽しむ

From Getty Image

12月26日、ボクシングデー。もともとクリスマスも仕事をしなければならなかった屋敷の使用人や郵便配達員のための休日だったこの日は、いまではイギリスの国民の休日です(名前や由来については諸説あり)。そしてこの日は、クリスマス後の大セールの幕開けの日でもあります。

特にお目当てのお店がない人は、ロンドン中心のオックスフォードストリートやリージェントストリートへ。セルフリッジやハロッズといった高級百貨店やブランドの旗艦店が集まるこの場所なら、欲しいものが見つかるかもしれません。

開催期間は店によってばらつきがあるものの、ボクシングデー当日、あるいは翌日から1月中旬までセールを期間とするお店が多いよう。12月26日と年末年始は公共の交通機関の運転ダイヤが平日と異なるため、事前のチェックがおすすめです。また、人が集まるショッピングストリートにはスリも多いので要注意。

年の初めにパレードを観に行ってみる

London’s New Year’s Day Parade

From Getty Image

ロンドンの元旦と言えば、毎年恒例の「ロンドン・ニューイヤー・パレード」。1月1日の正午12時にピカデリーのリッツホテルを出発するパレード隊が、およそ3時間かけてピカデリーサーカス、リージェントストリート、トラファルガー広場、ウェストミンスター寺院といった、ロンドンの名所を練り歩きます。マーチングバンドやピエロのほか、クラシック・カーや女王陛下の馬も参加します。
パレードの観覧は無料ですが、有料の特別観覧席も用意されているので、座って観たいという方はぜひチェックを。パレードが通るルートはこちら(http://www.londonparade.co.uk/lnydp/the-parade/)からチェックすることができます。

開催日:2018年1月1日公式サイト
公式サイト:http://www.londonparade.co.uk/

文/タカハシアスカ


タカハシアスカ/ライター
ナビゲーター
タカハシアスカ/ライター
ヨーロッパ在住ライター&時間を見つけてはふらっと旅に出るウィークエンドトラベラー。 長期の海外経験で培った感覚で、アラサー女性に刺さるものをピックアップ。 日々ユニークなものを求めて、ヨーロッパ各国をうろうろしています。
このナビゲーターの記事を見る