「この子 気になる!」ホワイトデーで告白されるための、バレンタインアプローチ法【パターン別】

もうすぐバレンタインデー! 今年こそは勇気をだして「彼に告白」なんて考えているのならちょっとまって!
忙しい大人の男性を相手に彼の都合も考えず告白をして、それをきっかけに「面倒な人だな」なんて思われてしまっては元も子もありません。それに本音を言えば、相手のほうから告白されたいと思いませんか? もしそう願うなら、このバレンタインデーを「告白される」ために活用してみてはいかがでしょうか。
今回は状況別、バレンタイン活用法をご紹介します。相手の気持ちに寄り添いながら、そっと彼にあなたをアピール。

告白される、そしてホワイトデーには彼から告白されるような嬉しい未来を創っていきましょう。

気になる彼に自分の存在を知ってもらう!

学生の頃とは違い、まだ自分の存在を知られていない男性に突然「好きです、付き合ってください!」なんて告白しても恋が成立することはまずありません。ここは焦らずに、バレンタインデーを「自分の存在を彼に伝える」チャンスとして活用していきましょう。

少し勇気は必要になりますが、あなたの“彼が気になるようになったきっかけ”をネタに、彼に接近してみることをオススメします。
例えば「◯◯の時の△△が印象的で、一度お話ししてみたいと思っていました!」「お近づきの印にチョコレートどうぞ!」ぐらいの軽いノリが◎。

ちなみに、チョコレートは小さめの比較的値段の低いものをセレクトして。彼も受け取りやすく、また誘いやすい印象を残してくれます。知り合いではない男性に声をかけるチャンスなんてそうは巡ってきません。彼とお付き合いをしたいと考えているのなら、バレンタインデーを利用して一歩踏み込んでみましょう。

恋する男友達へのバレンタイン対策

告白後の関係を考えるとなかなか一歩踏み出せないのが、友達や会社関係の男性だったりしますよね。そんな場合は「異性として好意があることをさりげなく伝える」ことから始めましょう。

好意を持っていることを伝えるためには「感謝」が有効。「あの時のXXがとっても助かって嬉しかったんだ。ずっとお礼したかったんだよね~」といったニュアンスで伝えてみるといいでしょう。
ポイントは、喜びの感情を伝えること、そしてチョコレートは明らかに義理チョコではないものを渡すこと。目標は「 あなたは私の本命です!」ということが、さり気なく彼に伝わることです!

後は彼からのホワイトデーのお返しを待つのみ。彼もチャンスだと考えたなら必ずデートや何らかのアプローチをしてきます。

仮になかったとしても、感謝されて嬉しくない人はいないので、重たいイメージをもたれることはなく、今まで通りの関係性を保つことができるでしょう。

交際中の彼には未来をプレゼンする

交際中のバレンタイン活用法は「未来もずっと一緒にいる存在」を印象づけること。前出のふたつのケースは、過去の出来事を使ったアプローチでしたが、交際中の彼なら、未来を思い描いてもらうことがポイントです。

例えば、数年後、彼のある目標が達成した時、その未来にあなたが登場しているイメージが湧くような話題が効果的。それに加えて、金額に関係なく彼が「確実に好むもの」をプレゼントすること。これは、彼に自分のことを理解してくれている印象を与えてくれます。

トータルで「未来への希望と、安心できる女性感」が伝われば大成功といえるでしょう。この日を期に、「彼女は生涯を共にする女性」なんて気持ちが彼に芽生える可能性は大いにあります。そうなればホワイトデーにプロポーズも夢ではありません!

いつもはしないような未来の話もバレンタインデーの雰囲気をうまく活用して、積極的に話題にしてみてくださいね。年に一度のチャンスと信じて、楽しみながら、スマートに彼にアプローチしていきましょう!

文/小松恭子

小松恭子/パートナーシップカウンセラー
ナビゲーター
小松恭子/パートナーシップカウンセラー
パートナーシップカウンセラー。全ての女性が愛と幸せの発信源となることを願い、愛し愛されるパートナーシップの仕組を学べる講座を横浜、東京で開催中。
このナビゲーターの記事を見る