メルボルンは“食天国”!~甲斐まりかの旅エッセイ

ファッション誌やCMで活躍中のモデル甲斐まりかさんによる旅エッセイ『Marika’s Passport』。3歳で東京を離れ、マレーシア、タイ、ドイツなど、さまざまなカルチャーに触れながら育った彼女だからこそ感じることを、英語と日本語で綴ります。 タイトルのパスポートとは、足跡の意味。彼女が歩いてきた道、旅した道を一緒に辿ってみましょう。

今回は、美食の街として知られるオーストラリアのメルボルンを訪れたときの感動と驚きを語ってくれました。

I have always heard about how big the food scene in Melbourne is and that good food in Melbourne is defined by international cuisine.
The varieties of restaurants and cafes available in the city are unbelievably incredible that big fast food chains never distract your cravings.
There’s plenty of choices and just from during my stay here, I had good Asian fusion, Mexican food, steak, fresh seafood, pastries, and finally but not least amazing coffee!

メルボルンのグルメ情報は、いつもいろいろな人から聞いていて、インターナショナルな食べ物で盛り上がってる事も楽しみだった。

本当に美味しいレストランとカフェで溢れていて、ファストフードチェーンなんて目にも留まらないほど!

メルボルン市内滞在中だけで、いろいろな美味しい食べ物に囲まれて幸せだった。アジアンフュージョン料理、メキシカン、ステーキ、新鮮なシーフード、ケーキ、そして忘れてはいけないのがコーヒー!

It is not a secret that I LOVE TO EAT, especially good food.
In fact it is something that I would not sacrifice and I make sure that there’s enough time spared to explore the best local food when travelling.
The multicultural demographic in Melbourne reflects the varieties of cuisine and tastes that exist.
Also, it is interesting that Melbourne is well known to be the foodie capital when 'Australian cuisine' is not that familiar to us but it is because of the aforementioned multiculturality.

秘密にしてるわけではないけど、いつも人に驚かれるくらい私は食べることが大好き。

だからこそ旅行中、ご飯にかける時間とお金は惜しまないマイルールがあって、ちゃんとその街の流行っているレストランや郷土料理を食べることがひとつの醍醐味である。

メルボルンに来て思ったことは、住んでいる人が多国籍であることから、それが食にも反映されているということ。
オーストラリア料理というカテゴリーはそこまで知られているわけではないのに、メルボルンが美食の街として知られているのはそこに理由があって、その矛盾がまた面白い。

When I visited South Melbourne market and Queen Victoria market, I was surprised at how fresh the vegetables and dairy products are. Also, Australian beef is known to be good quality meat as well as good seafood due to Australia’s geographic advantages of being surrounded by the ocean.
Healthy eating and organic products have become international trends however it doesn’t seem to be too special here.
I’ve also realised that there are many people who choose to be vegetarian or vegan not because of their religion but because of health-conscious reasons and more strongly because they love animals.
Australia is a country that is rich in nature and rare animals and the country makes sure to sustainably protect what they have. Maybe this is another reason why many people have chosen to adopt meal choices from their love for nature. Also compared to Japan, restaurants in Australia offer many options for different meal preferences, which shows how willing they are to cater the needs of such choices.

サウスメルボルンマーケットとクイーンビクトリアマーケットを訪れたとき、売られてる野菜と乳製品の新鮮さに圧倒された。そしてオージービーフも世界的に有名で魚貝類も海に囲まれているオーストラリアならではの恵み。

今、世界ではオーガニック製品や健康志向な食の選択肢がトレンドになっているが、オーストラリではそこまで特別感はなく、日常的に取り入れられていそう。

さらに気づいたことは、オーストラリアでベジタリアンやビーガンという選択をしている人たちは、宗教よりも動物への愛から生まれた答えだということ。

オーストラリは珍しい動物や生物に囲まれた大自然の国であって、それを大事にする考えや自然を保護する取り組みは食からも感じることができた。さらに日本に比べて、レストランでのベジタリアンチョイスなども豊富。他のオプションも融通がきくので、そいういう選択肢をしやすい理由はここにもあった。

Cafe culture is also a big part of Australian life due to the influence of the italian espresso. One of the mistakes I made when ordering coffee in Melbourne was when I ordered black coffee expecting to get the usual americano I always have in Tokyo. But instead, I was surprised by how strong it was because of the italian style coffee.
Me being a coffee lover, Melbourne was heavenly. I wished I had more days to try other coffee shops or wished there were no limits to caffeine doses per day.

街を歩いてるとすぐ気づくが、どの通りにもコーヒーショップまたはカフェがある。この根強いカフェ文化はイタリアの影響である。朝食の時にいつもどおりブラックコーヒーをオーダーしたら、とても強くて濃いコーヒーが出てきてびっくり。

オーストラリアでのコーヒーの注文はいつもとは違くて、イタリアンベースなので基本濃い。コーヒーが大好きな私にとって、メルボルンは天国みたいな場所。もっといろいろなコーヒー屋さんを巡りたいなーっと少し心残り(それか1日に摂取できるカフェインの制限がなければいいのに!)

Finally, I can strongly assure everyone that food won’t be a problem when traveling to Australia. In fact there might be a problem when deciding what to eat as there’s too many options. The foodie standard is so high that for a food-lover like me I would actually love to live in Melbourne.
Moreover, I bought some beans from one of the most popular coffee shops called Seven Seeds to recall the cafe culture that I enjoyed when I’m back in Tokyo dripping my coffee at home.

最後に、オーストラリアへ旅する際は食への心配は一切ないということを知ってほしい。なんなら、美味しいところがあり過ぎて選びきれないかも。美食に対するレベルが高くて、本当に食べることが好きな私からしたら住みたいかもなんて思ってしまった。
オーストラリアで毎日コーヒーを飲んでたのが思い出のひとつだから、自分のお土産は有名なカフェSeven Seedsの豆。家で淹れるときに思い出しながら飲むのが楽しみ!

写真・文/甲斐まりか


甲斐まりか
ナビゲーター
甲斐まりか
1995年10月8日生まれ。モデル。日本とタイのハーフで、日本語のほか英語も堪能なバイリンガル。そのほかドイツ語、フランス語も勉強していたことがあり、語学の知識が豊富。現在さまざまなファッション誌やCMなどで活躍中。
このナビゲーターの記事を見る