つい口にしがちな“あの一言”が、あなたを不幸な結婚に導くかもしれない話

アラフォーのワタシ、ルー・スミスがアラサー時代を振り返って思うことのひとつ。それは、世の中を少しでも泳ぎやすくなる術(すべ)を、アラサーだったワタシに、誰か(大人の先輩女子とか!)が教えてくれればよかったのに・・・ってこと。だからワタシは、悩み多きアラサー真っ只中の皆さんに、伝えたい、言いたい、訴えたいことがあって、それをココに書いていこうと思います。おせっかいな姉の話でも聞くつもりで(笑)、お付き合いください。

幸せな結婚をするために、心して欲しいこと

突然ですが、人生最大の失敗ってしたことあります?
まだ、若いからあるわけない? なるほど、そうかもね。
でも何を隠そう、ワタシが“それ”をしでかしたのは、今のアナタ達と同じ“アラサー時代”だったんです。
そう、ワタシは33歳の時、自他ともに認める人生最大の失敗をしました。
結婚です

Licensed by Getty Images

結婚そのものが失敗だったのではなく、ワタシの場合、その結婚を決めた理由に人生最大のミスがあったのです。
ワタシが結婚を決めた理由、それは「めんどくさかったから」です。
「勢いで」とか「成り行きで」とかは、聞いたことあるけど、「めんどくさいから」っていうのは、かなりレアなケースでしょ? でも、その理由を聞いたら案外ひとごとじゃないなって思う人もいるかもしれません。
「めんどくさくなった」を詳しく説明すると「結婚を断りつづけるのがめんどくさくなってしまった」んです

よく、女は男の押しに弱いっていいますよね? だから、男はどうしても手に入れたい女性がいたら、トコトン押しまくれ、みたいな。あれってなんか“純愛が最後に勝つ”みたいな美談にされているような気がするけれど、ワタシの中では、全然違う。
ホラーです、ほとんど。
どうしても手に入れたい、という欲望自体がもう危険水域。半分ストーカー化していて恐怖すら覚える。
で、ワタシも彼にその恐怖を感じてしまったんです。こいつはヤバい奴だ、と。
だけど、そこで彼から離れることを選ばず、何故か“めんどくさくて”結婚してしまったのです。将来の危うさを十分感じていたはずなのに。

Licensed by Getty Images

話は飛びますが、ある統計によると、人生においてストレスを感じる経験として、第2位は離婚、第6位は結婚だそうです。人は“変化すること”に強いストレスを感じる生き物らしく、離婚も結婚も変化を伴うということでストレスフルな案件であるみたい。“実に・・・興味深い”ですよね。

話を戻します。破綻するかもしれない恐怖を感じていたのに、何故めんどくさくなって結婚したのか? 
これだけ、求めてくれる人も他にはいなそうと思ったのか(卑屈?)
押しの強さ=情熱的だと勘違いしたのか(小学生の恋愛か!)
はたまた、なんだかわからない責任を感じたのか(結婚しないと死ぬとか言うし・・・)
考えだすとキリがないけど、今思うと、きっとこうゆうメンタルだったと思うんです。
考えることを放棄した、つまり“逃げた”んです。
目先の面倒事から逃げた結果は、結婚よりさらに負荷の高いストレスとして、自分に返ってきました。

Licensed by Getty Images

“めんどくさい”という言葉には、単純に億劫な場合と、思考を停止させたいとき、現実逃避したいときがあると思います。
前者の方は、大概大きな問題にもならず「腰が重い人だな、あの人」くらいのマイナス評価ですみますが、気をつけたいのは後者。
「めんどくさいから」と、現実から逃げたり、問題を先送りにすると、まず思い描く幸せは手に入らないと思ってください。特に結婚においては。

結婚とは、先に触れたように、今までの生活すべてに大きな変化を伴うストレスフルな行事。当然、そこまでの道のりは小さなことから大きなことまで、それこそ手間のかかることの連続。だけど、決して“めんどくさい”と投げ出さないで。
一生に一度の正念場だと思って、どんな小さな疑問や不満にも目をつぶらず、自分の心と正直に向き合ってみてください。そこでかけた手間は、必ず幸せとなって帰ってくるはずだから。
もう一度言います。アラサーの乙女たちよ。くれぐれも、めんどくさくなったから結婚なんてしちゃだめですからね!

文/ルー・スミス

ルー・スミス/エディター
ナビゲーター
ルー・スミス/エディター
ファッション誌を経て編集、プロデューサー業など多方面で活躍。独特の視点でファッション、美容、ライフスタイルを切り取り、アラサ―女性の生き方を指南。
このナビゲーターの記事を見る