夏休みどこ行く!?④“空飛ぶ船”を見にイタリアへ【スキマトリップ】

夏休みも終盤戦ですが、9月にお休みを取る方もいるのでは?? そんな時期でもギリギリ間に合う夏のバカンスをスキマトラベラーが勝手にプレゼン第4弾★
今回は“空飛ぶ船”で絶景本でも有名になったイタリア・ランペドゥーザ島。行き方含めてランペドゥーザ島を楽しむ方法をご紹介します!

ランペドゥーザ島は田舎とバカンスが共存

気になるけど、そもそもどこにあるのか? 

イタリアのブーツの先っちょあたりにある島です。ローマから直行便で1時間半ほどで着くランペドゥーザ島は、本当に田舎の雰囲気が漂う街並み。あまり公共機関が発達していないので、空港から車で10分ほどの中心部に宿泊地を取るのがオススメです。

街のそばのビーチに出ると、キレイな夕焼けがー!!! バカンス感満載のビーチでのどかにchill out できるのは田舎の島ならではの魅力。

ビール片手にスマホから好きな音楽を流して過ごせば、仕事の疲れもすーっと消えていくから。アラ不思議。ビーチの近くにも可愛いフォトスポットも!

ビーチサイドにはオープンテラスのステキなレストランも数軒あり、夜はクラブのように変身し、砂浜で踊ることもできます。狙っている“空飛ぶ船”を見に行くには、朝からになるので、到着した日は浜辺でのんびりがオススメの過ごし方です。

宿に関しては、ランペドゥーザ島のホテルがとても高かったので、airbnbで宿を予約。ホテルが軒並み¥20,000ぐらいなのに1泊¥6,000円ぐらいで泊まれて、この可愛さ♡ とても快適でした!

いざ、“空飛ぶ船”を見に行こう!

“空飛ぶ船”を見に行くのにオススメなのは、ボートツアーに参加すること! あらかじめネットで予約してもよし、ローマ通りというメインストリートに前日夜までに行けば、翌日のツアーを組んでくれる会社がたくさんあるので、現地で申し込んでもOK!
船着き場から、いざ出航です!

個人的な見解ですが、“空飛ぶ船”を見るための条件は2つ。
①波が穏やかなこと(こればかりは運!そして内海に行けるとよし)
②太陽が真上にくること
太陽の位置が一番重要なのではと思っていて、正午頃が勝負になってきます。

そして、そのときが・・・! 影が船の真下に来ることで、船が空に浮かんでいるような景色。ちょっと波が高かったですが、私が行ったときは、なんとか飛んでる! ドローンを飛ばしてみると、本当に空を飛んでいるような眺めが広がっていました。

海は超絶透き通ったコバルトブルーで、“空飛ぶ船”が見えなくてももう十分なぐらいの美しさ! 浮き輪を持って行くと、海を存分に満喫できます。

ちなみに、美味しい料理がたくさん出るので、船上ランチもお楽しみに♡

もちろんツアーに参加しなくても、絶景スポットに行くことができます! バスでCala Pulcino(カラ・プルチーノ)に行くと、絶景スポットが! タクシーで行くと往復40ユーロほどらしく、時間がない人はこちらでも◎。

2日目はツアーに参加して、3日目にこちらの絶景スポットに行くという組み合わせもいいかもしれませんね!

夜のお楽しみ♡夏だけのお祭りストリート

ランペドゥーザ島はバカンス島なだけあり、10月になると閑散としてしまうのですが、まだまだ9月はバケーションシーズン。街一番のメインストリート・ローマ通りは夜になるととても賑やかに!

イタリアの可愛らしい雑貨やアクセサリーが路面に売られていたり、女子の欲望をくすぐります。

もちろんオシャレなレストランもたくさん!私のお気に入りはGlenadin Pub。

なんとお刺身のピザが!!!つまり生地以外全然焼いてないサラダピザなのですが、実に美味しい! 島だからこその海鮮×イタリアンは食べておきましょう!

他にもオススメのお土産はランペドゥーザ島産の缶詰!おいしいアンチョビやお魚は、友人のバラマキ土産に便利です!

私が地中海への旅を日本の皆さんの夏休みにひたすらに推したいのは、
①9月まで天気が素晴らしいこと
②夏のヨーロッパは日が長いこと
③ご飯がひたすらに日本人の口にあうこと
なのですが、ランペドゥーザ島ももちろんこの条件を満たしておりとてもオススメです。

そんなランペドゥーザ島ですが、ローマ経由・シチリア島経由という行き方があり、もしかしたら乗り継ぎが2回、3回発生する日本からなかなか遠い島。
でも力説したいのは、ローマ経由にしても、シチリア島経由にしても観光できるよ!ということ。ランペドゥーザ島は2泊3日あれば十分な島。経由地で1泊するならば、日本からは5、6日のお休みで十分満喫できる場所です。

それではランペドゥーザ島のまとめです。

★“空飛ぶ船”はツアーと崖の上からの2回で楽しむ→正午が狙い目
★Cala Pulcino→“空飛ぶ船”を眺めるビュースポット
★ローマ通り→お土産屋さんとおいしいレストランがたくさん!イタリア雑貨を買い占めて!
★Glenadin Pub→美味しい海鮮のピザに舌鼓

世界でも有数の絶景を見に行くのに、遅めの夏休みにはちょうどピッタリ! あなたも“空飛ぶ船”を見に、スキマトリップしてみませんか?

文・写真/もろたけいこ


【GINGERエージェンシー】もろたけいこ/テレビディレクター
ナビゲーター
【GINGERエージェンシー】もろたけいこ/テレビディレクター
某キー局勤務・バラエティ番組担当のディレクター。 社畜生活の傍ら、スキマ時間で旅をするスキマトラベラー。世界一周も経験し、54か国渡航・行っていない大陸は南極だけ。かつて、お昼の番組でスイーツ担当のため旅行以外にもスイーツ情報も得意。
このナビゲーターの記事を見る