彼の気持ちが「好き」から「愛してる」に変わる3つのポイント!

「好き」になってもらうことと「愛される」ことは別! この違いを理解していますか?  すぐに振られてしまう、恋が苦しい、長続きしない原因はここにあるのかもしれません。
恋から愛に変わる過程において男性が女性を見るポイントは変わるものなのです。「好き」という気持ちだけでは男女の関係は続きません。彼との関係を続かせるには彼があなたに愛を感じることが必要になってきます。
今回は男性の心を動かす3つのポイントをお伝えいたします。 

ステージアップのチャンスを見逃さない!

Licensed by Getty Images

付き合い始めの優しさは、女性への興味から生まれるものです。この優しさを彼の「愛」だと勘違いしてはいけません。この時期、男性のなかではまだ「好きな女性」程度の段階で、この優しさは3ヵ月もすれば薄れていきます。

だからと言って、優しさが薄れたことに過剰に反応してしまうと、「好きな女性」から「面倒くさい女性」へとランク落ちすることに。
転落の勢いが止まらなければ、やがて破局を迎えることになってしまいます。

実は、男性との距離感が変わってきたなと感じる時期こそ、自分のステージを上げるタイミング。自分が愛する価値のある女性であることをアピールできるチャンスでもあります。

この時期のアピールポイントは「自立した女性である」ということ。
環境の変化に一喜一憂することなく、安定している人であることを表現してください。

彼との距離感が離れたように感じたからという理由で、不安定な姿を見せていては「愛する女性」への昇格はありません。
この時期はまだ、彼の中に愛情が芽生えていない可能性が高いということを理解しておきましょう。

愛情が芽生えていないうちに見せる精神的不安定さは、彼を遠ざけてしまう原因になります。
彼の言動に一喜一憂せず、自分の意志をもって彼と向き合うこと。その姿に安心感をもつことで、彼の気持ちに変化が起こり始めます。
ステージアップのチャンスを見逃さないでくださいね。

束縛ではなく自由な関係を!

Licensed by Getty Images

お互い自由な関係を望んでいるはずが、無意識のうちに彼を束縛していませんか? 
実際に「行動を制限する」ということだけでなく、彼への「疑い」などもそうした束縛のひとつに当たります。男性は精神的な窮屈(きゅうくつ)さを、束縛されているのと同じ感覚でとらえるからです。

束縛してしまう大きな要因は、信頼関係がないこと。
彼を信頼しきれないせいで、不安になって行動を縛(しば)ろうとする、もしくは監視しようとする。そんな女性に男性は不信感を抱くため、信頼関係が成立しないのです。

信頼できない女性に愛情を感じることはありません。
愛される女性は、安心して彼に自由を与えています。そもそも「私を傷つけるはずがない」ということを大前提として、彼と接しているから。彼が口にしないことは知らなくていいことなんだと軽くとらえて、自分の自由な時間を楽しんでいます。

彼に信頼されることは、愛されるための必須条件です。まずは、自分が彼を信頼しきれているかを確認してみましょう。

愛しがいのある女性になる

Licensed by Getty Images

男性にとっては、女性に喜んでもらえることはとっても嬉しいこと。そんな彼らの活躍の場を自ら奪っていませんか?

甘え下手や受け取り下手な女性に多くみられる傾向が、相手に尽くしてしまうこと。これを優しさだと思い込んでいるうちは、「いい人だけど・・・」「好きだけど・・・」止まり。

「愛される」にランクアップするためには、
「あなたは私を幸せにしてくれる人、あなたといると私は幸せです」
という気持ちを伝えること。尽くすのではなく、感謝を伝えることと、お願いをすることでアピールする方が効果的。

女性は男性に尽くすことで疲弊していきますが、実は男性はその逆。
尽くして、喜んでくれて、そのうえ感謝までされたらもっと大切にしようと思う生き物。女性から見て負担になってないか心配になるようなことも、嬉しいと感じている場合が多いのです。

愛しがいのある女性になるためには、自分の要求をはっきりと伝えていくことが大切です。だまされたと思って、一度試してみてはいかがでしょうか?

文/小松恭子


小松恭子/パートナーシップカウンセラー
ナビゲーター
小松恭子/パートナーシップカウンセラー
パートナーシップカウンセラー。全ての女性が愛と幸せの発信源となることを願い、愛し愛されるパートナーシップの仕組を学べる講座を横浜、東京で開催中。
このナビゲーターの記事を見る