【12星座別】2020下半期の全体運 ~おうし座・おとめ座・やぎ座~

フォーチュンアドバイザーのイヴルルド遙華さんによると、今年12月に約240年ぶりの星の大革命が起こり、“風”の時代に突入。そのため、2020年の下半期は“風の時代を生き抜く力”を備えるのが重要になってきます。


そこでこの記事では、「地のエレメント」おうし座、おとめ座、やぎ座の全体運について解説したいと思います。


イラスト/sino

おうし座・・・「日々の充実を増やすように」

イベントや旅行を泣く泣く取り止め、予定も立たない・・・。2020年のここまでのおうし座は、あきらめることばかりの停滞期。でも誰にも八つ当たりすることはできないし、ものすごくモチベーションが下がっているかもしれませんね。
爆発のカウントダウン、イライラの一歩手前にいるようです。下半期はため息の数を減らし、日々の充実を増やすように。冷静な判断ができるゼロの自分を取り戻すことが先決です

旅行運に縁があるとき、海外の人とコミュニケーションを取ったり、情報を入手するのも良いアクション。海外旅行の気分を味わえる動画を見ると気分もアップ!


おとめ座・・・「神経質なイメージからの脱却を」

おとめ座は根っからの真面目人間。それが裏目に出て、他人から疎まれるシーンがこれまでに何度もあったはず。下半期からは、その神経質なイメージを脱却しましょう。

コンセプトは、「子供のように」です。無邪気にはしゃいだり、太陽の下を走り回ったりすることで、心が透明に、軽くなるのを感じてください。今流行りのメイク術やワークアウト、さらにオンラインゲームといった、新しいことにも挑戦を。
毎日「楽しむ」を重ねていくことで、眠っている魅力が開花します。物事が上手くいっていないときは、頭が固くなっているサインです。嫌なことは寝たら忘れる、の単純さでOK


やぎ座・・・「幸運の星がステイ中!」

下半期、幸運の星はやぎ座のハウスにステイ。自分らしくのびのび過ごせているのは、星の流れに上手く乗れているサインです。
満員電車、苦手な上司などは、やぎ座の小さな悩みの種。心の声を聞き、「これまでの働き方には無理があった」「こういう生活を続けていきたい」と思うなら、そのための策を考えましょう。

世の中のため、会社のために過ごすことは一旦お休み。今は自分を取り戻す、維持することに重きを置いて、ライフスタイルをやり直すいい機会です
ネガティブに考え始めると悪い方向に向くので、思考をストップ! 寝る、人と話す、小説・漫画を読むことでストレスを解消。


今こそ、ピンチをチャンスに変える生き方を知るときです。
イヴルルド遙華さんの愛が詰まった言霊にパワーをもらって、2020年下半期の一歩を踏み出しましょう!

GINGER編集部カルチャー班
ナビゲーター
GINGER編集部カルチャー班
仕事だけの毎日じゃモノ足りない、もっと自分時間を楽しく過ごしたい! 欲張りな大人女子のライフスタイルを充実させる、要チェックなカルチャー情報をいち早く紹介します。
このナビゲーターの記事を見る