【スキマトリップ】お値段大公開!世界のカラフル絶景を追いかけて

とてつもなく世界がピンチの今、スキマ時間で旅をする、スキマトラベラーももちろん旅に出られない悲しい状況・・・すでに週末トリップを2つもキャンセルしてしまいました。世間は自粛モードで、旅なんて言ってられない今・・・だからこそ、今回はせめて世界を旅した気分に浸れる、世界のカラフル絶景を予算・場所別にご紹介します!

【予算3万円~】日帰りでも行けるカラフルタウン・台中

まずは、日帰りでも行けちゃう「台湾」。日本から多く発着している「台北」から新幹線で1時間ほどで着く「台中」にカラフルな街が現れます。その名も「彩虹眷村」。

老朽化した街で、あるおじいちゃんがひとりで絵を描き始めたことで、観光客が集まり、再開発されることもなく生き残ったすごい街です。

いろんな家にペイントがほどこされ、どこを撮ってもフォトジェニック!特に、「永結同心」や「平安」など、縁起のいい言葉の場所で撮ると気分もUP!

一角では、こちらのペイントをしたグッズも販売されているので、記念に購入しても◎。また運がいい日には、実際に絵を描いたおじいちゃんに出会えるかも!?

本気を出せば、日本から日帰りで行けちゃう台中。全部コミコミ予算3万円~で行けるカラフルタウンです。

詳しい台中レポートはこちら→https://gingerweb.jp/lifestyle/slug-nbaebca67a319

【予算10万円~】最短3日で行けるカラフルな山へ

続いてロサンゼルスから行ける「サルべーションマウンテン」。インスタでよく見る可愛い景色ですが、実はこちらは「砂漠の中にある教会」。

芸術家レオナードナイトさんが、ある日神より「神とは愛である」とお告げをうけ、この砂漠に愛を込めたアートな山を作りました。  

ここをひとりでコツコツ作り上げたそうで、レオナードさんが寝泊まりしていたアートな車も残っています。雨が降ったあとは、数日、中には入れませんが、近づいて写真を撮ることはできるので、レオナードさんが込めた「愛」をリスペクトしながら訪れましょう。  

場所は、ロサンゼルスから車で3時間!レンタカーでのアクセスも可能ですが、1人2万円ほどで行ける日帰りツアーでの参加がオススメです。(しかも帰りにアウトレットに寄れちゃうプランがほとんど!)LAは安く航空券が買えれば、往復6万円。弾丸ではありますが、ツアー代やホテル代を入れても予算10万円ほどで行こうと思えば行けちゃいます!

【予算15万円~】本家オランダよりカラフル!な島へ

続いて、マイナーではありますがカラフルタウンが溢れているのは「キュラソー島」。どこだよ、そこ!と言われそうですが、カリブ海に位置しており、オランダ領でもあります。そのため英語も通じる上に、街がオランダのよう。

カラフルな景色が並ぶ「ウィリアムスタレッド」は世界遺産にも登録され、本家のオランダよりもカラフルで美しいと思っています(笑)。

他にも街中の一角に、カラフルな民家が並んでいたり、ウォールアートがたくさん溢れていたりとフォトジェニック!マニアックな島なので、日本人観光客も少なくのんびりできます。キュラソー島が位置するABC諸島はダイビングでも有名なスポットなので、ダイビング好きな方にもオススメです。

私は、マイアミ経由でキュラソー島へ訪れました。往復航空券が12万円ほど。なぜかレストランだけがものすごく物価が高いので、キッチン付きの宿に泊まって自炊すると◎。

詳しいキュラソー島レポートはこちら→https://gingerweb.jp/lifestyle/slug-n1fdbf5668a7a

【予算1万円】頑張って夜出発!カラフルな池へ

海外ばっかりでしばらくは行けないじゃん!と総ツッコミを受けるのも悲しいので国内のカラフルをご紹介します。それは、岐阜にある「名もなき池」。

名前は有名ではありませんが、インスタで見たことある方もいらっしゃるかと思います。こちら人口の池に、美しい蓮の花と立派な鯉が泳ぎ、透明度が高い日に訪れると、モネの「睡蓮」のように美しいため、通称・モネの池と呼ばれます。

透明度が高い、人が少ない、となるとベストコンディションは早朝!そこで私は深夜に東京を出発!車で早く着いたら朝日が出るのを車中で待ち、早朝の美しい景色を堪能。

初夏は、蓮の花が美しく見頃だそうですが、暖かくなった今の季節は鯉たちも活動的になる上、透明度が高いそうなので、チャンス!

わかりにくい場所にあるので、車で行く際は、「フラワーパーク板取」をナビに入れると安心です。


それでは世界のカラフルな町並みをまとめます

★予算3万円~・日帰りOK・・・台中の「彩虹眷村」

★予算10万円~・3連休でOK・・・LAから行く「サルべーションマウンテン」

★予算15万円~・長期休みで行きたい・・・キュラソー島

★予算1万円以内・日帰りOK・・・岐阜の「モネの池」

早く旅に出たいですが、今は慎重に。しばしの辛抱・・。カラフルな景色を見て、すきまとりp気分が少しでもアガることを祈ります。

 文・写真/もろたけいこ  

【GINGERエージェンシー】もろたけいこ/テレビディレクター
ナビゲーター
【GINGERエージェンシー】もろたけいこ/テレビディレクター
某キー局勤務・バラエティ番組担当のディレクター。 社畜生活の傍ら、スキマ時間で旅をするスキマトラベラー。世界一周も経験し、54か国渡航・行っていない大陸は南極だけ。かつて、お昼の番組でスイーツ担当のため旅行以外にもスイーツ情報も得意。
このナビゲーターの記事を見る