気に入った靴、いくらまで出す?驚きな回答が飛び出した!

GINGER読者の皆さんへのアンケート調査で、アラサ―世代のリアルを明らかにする連載「セキララVOICE」。ニッチで、ささやかで、だけど意外と気になってしまう身近なネタをクローズアップしていきます。

今回のテーマは「靴のおしゃれ、どうしている?」

秋のトレンドが気になる最近。ということで今回は、「靴」について。持っている靴の数や買うときのお悩みなどを一挙リサーチ!  秋のおしゃれは足元からはじめてみませんか?

※記事内のデータは、GINGERサポーターGOLD会員2000人へのアンケート結果に基づいています。

靴は何足持っている?

10〜20足が全体の半分ぐらい。なかには31足以上の人も。

「履き古すたびに新調してい るのでだいたい3〜4足 です」(29歳・金融)
「年に2、3回ぐらいしか出番のないパーティー靴も入れると20足ぐらいかな」(30歳・マスコミ)
「なかなか捨てられず溜まる一方!」(32歳・商社)

仕事とプライベートで靴は分けている?

分けている人といない人が半々。

「仕事場では動きやすさときちんと感を重視しているから、分けています」(28歳・IT)
「休日と仕事で服装が変わらないから分けない派」(30歳・メーカー)
「オンオフ関係なく、どのくらい歩くかによって使い分ける」(27歳・通信)

気に入った靴、 いくらまで出す?

3万円までがダントツ。なかには5万円以上、いくらでも、という人も2割。

「3年サイクルで買い換えているから3万円ぐらいが妥当」(30歳・メーカー)、「自分の足に合う靴が見つかることって本当に少ないから、見つけたら値段にかかわらず買うようにしています」(30歳・自営)

靴を買う時に最も重要視するのは?

Licensed by Getty Images

3位 フィット感

「靴擦れやむくみで足が痛くなるのは我慢できない!  自分の足にちゃんとフィットするかが最重要です」(27 歳・マスコミ)

2位 デザイン

「冒険した色使いやデザインでおしゃれを楽しみたい! ただ、見た目だけじゃなく歩きやすさも考慮します」(29歳・メーカー)

1位 歩きやすさ

「ヒールで外回りすることが多いので歩きやすさは必須。ただ、おしゃれに見えるデザイン性も重視したいところ」(30歳・サービス)

靴についてリサーチした結果、靴のトラブルや悩みが ある意見が多く挙げられました。特に足の形(甲が高い、幅広、サイズ)にぴったりな靴を探すのにみんな苦労している様子。

最近では、シューフィッターがいる店舗や、歩くことを考慮したハイヒールなどもあるので、いろいろ試してベストな1足を見つけてみて!

GINGERweb取材班
ナビゲーター
GINGERweb取材班
アラサー女子の心と脳を活性化させるニュースからインタビューまで、見逃せない話題のあれこれを丁寧にレポート。あなたの“やる気”をアップする刺激的なネタが勢ぞろい!
このナビゲーターの記事を見る