次の恋愛で幸せになるためのおうち時間の過ごし方【3ステップ】

積極的に外に出て相手探しをすることが難しいこの時期。焦る、モヤモヤする、ストレスが溜まる! そんな時期でもあります。本当にできることは何もないのでしょうか?
そんなことはありません。今の時期だからこそ、時間をかけてできることがあるのです! それが次の恋愛への心の準備。この準備の有無があなたの未来を大きく変えるのです。

「恋愛とは?」何だろうを考える


あなたはどのような恋愛を経験してきましたか? その経験はあなたを幸せにしてくれていますか?

もしその答えがNOであるならば、「恋愛とは苦しいもの」というイメージが心に刻まれているのかもしれません。恋愛は上手くいかないもの、すぐに終わってしまうもの、傷つくもの・・・と、ふと頭をよぎることがあるなら要注意。

実はこのイメージを持ったまま、「幸せな恋愛」をするのは難しいのです。というのも、このタイプの人は何度「幸せな恋愛」を思い描いても、ネガティブなイメージに打ち消されるため、同じ苦しいパターンに引き寄せられてしまうのです。

まず最初のステップとして、自分のなかの恋愛に対する現状イメージを把握すること。もし、それがネガティブなものであるのなら、少しずつ書き換えていくことが必要です。

ポイントは、 緩やかに徐々に換えていくこと。 「恋愛には楽しい時もある」ぐらいの緩さでOK。いきなり「恋愛とは楽しい事ばかり」なんて、極端なポジティブシンキングを目指しても真実味がないというもの。心に無理のない範囲で少しずつ書き換えていきましょう。

「誰かの幸せ」から「自分の幸せ」へシフトする

次のステップは自分がどんな人間かを知ること。自分を知らないまま、自分にふさわしい人を選ぶことはできません。

なぜこの人と付き合ってしまったのだろう・・・と後悔した経験はありませんか?
結婚につながる恋がしたいけれど、自分にふさわしい人がわからない・・・なんてことはありませんか?

自分が求めていることを理解しきれていないと、結果的に不具合が起きてしまうからです。

自分を知る作業として、おすすめなのが子供のころの自分を思い出すことです。幼い頃、大好きだったこと、大切にしてきたこと、譲れなかったポリシーなど。そこに、あなたらしさを教えてくれる情報が詰まっています。

その情報をもとに、これから期待する恋愛の方向性をイメージします。幸せのカタチに正解はありませんので、自由にイメージしてOKです。

純粋な未来への期待を膨らませる


最後のステップは、未来の可能性を壊してしまわないための練習です。

自分の幸せをベースに、パートナーとの未来を考えてみたものの、「そんな未来、本当にくるのかな?」となんだか疑わしい・・・。

まだ経験したことのない世界に不安や疑いを持ってしまうことは、よくあることではあります。だからといって、起きてもいない未来を疑ったまま、なかったことにしてしまうと、その未来がやってくることもありません。

ここはシンプルに期待をすることが大切です。しっくりくるまで、ゆっくりイメージトレーニングをしてください。「どうせ、無理」という根拠のない考えで、良いイメージを消し去らないこと。

おうち時間でゆっくりイメージを膨らませていきましょう。明るいイメージを持っている人に、誰もが心が惹かれることを忘れないでくださいね。

文/小松恭子

小松恭子/パートナーシップカウンセラー
ナビゲーター
小松恭子/パートナーシップカウンセラー
パートナーシップカウンセラー。全ての女性が愛と幸せの発信源となることを願い、愛し愛されるパートナーシップの仕組を学べる講座を横浜、東京で開催中。
このナビゲーターの記事を見る