【今さら聞けないマネー用語】iDeCoって?仕組みやメリットを徹底解説

株式やNISA・・・なんとなくわかっているつもりでも、ちゃんと説明できないものが多いマネー用語。アラサー世代が知っておきたいマネー用語について、ファイナンシャルプランナーの花輪陽子先生に、わかりやすく解説していただきます。


今回のテーマは「確定拠出年金制度(iDeCo)」について。その仕組みやメリットについて教えていただきました。

制度の特性によって使い分けを

確定拠出年金制度(iDeCo)とは公的年金制度に上乗せして給付を受け取れる私的年金制度です。2017年1月から原則として60歳未満のすべての人が利用できるようになりました。60歳まで毎月一定額を拠出して、自分が指定した金融商品で運用をし、その運用益を老後資金にまわすことができます。

注目したいのは税制優遇が手厚いことです。①拠出時、➁運用時、③受取時の3段階にわたって税制優遇が受けられるのです。


① 拠出時の税制メリット

非常に大きいメリットとして、積み立てた(拠出した)金額が全額所得控除されるということがあります。 例えば、年収400万円、所得税率5%の人が毎月2万円、年間24万円拠出したとすると、24万円を所得から控除し税金の計算をすることになります。その結果、所得税が1.2万円(24万円×5%)、住民税が2.4万円(24万円×10%)と合計で3.6万円税金が安くなります。
金融商品のラインナップから定期預金を選択し、運用による増減がほとんどなかったとしても、年間で拠出した金額の15%の利回りが得られるような効果が出るのです。所得税率が10%の人の場合は住民税と合わせて20%、所得税率が15%の人の場合は合計で25%とより減税効果が大きくなります。

➁ 運用時は非課税

また、運用中も非課税です。通常の口座で投資信託を売却して利益を得たり、定期預金で利息を受け取ると利益に対して約20%の税金がかかりますが、確定拠出年金制度では運用中の利益は非課税です。利益からその都度税金を差し引かれることなく元本を増やし、運用に回すことができるので長期で資産を育てやすいのです。

③ 受取時の税金の優遇

受取時も年金として受け取る場合には雑所得となり、公的年金等控除が適用されます。一時金として受け取る場合は退職所得となり退職所得控除が適用されます。退職所得控除は非常に控除が大きいので一時金で受け取るという方法も検討してもいいと思います。

ただ、この制度の最大の注意点としては「拠出したお金は原則60歳まで引き出せない」ということがあります。また、加入期間が10年未満だと受給開始が可能となる年齢が更に上がる場合があります。
そのために老後まで引き出さないお金を運用する際にはこの制度を使い、結婚資金、マイホーム購入資金、子供の教育費などの近い将来使う予定のあるお金はNISA(少額投資非課税制度)など別の制度や金融機関の通常の課税口座などを利用するなど使い分けが必要になります。

制度の特性に合わせて上手く使い分けると税制のメリットを活かすことができます。


花輪陽子/ファイナンシャルプランナー
ナビゲーター
花輪陽子/ファイナンシャルプランナー
外資系投資銀行に勤務後、ファイナンシャルプランナーとして独立。テレビや、Web、雑誌など多方面で活躍中。近著に『お金持ちになる女はどっち?』(PHP刊)。公式ブログはhttp://yokohanawa.com/blog/ YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCrYwNKYMyOOfPTKF5RxO65Q も参考に!
このナビゲーターの記事を見る