【人気インスタグラマー発】やっぱりお米が食べたい! ごはん主役のお手軽メニュー

こんにちは、ソトナカごはん担当のちなみです。先日「日本のお米文化を見直そう」という会に出席させていただきました。季節の移ろいがもたらす自然の力を直に受けながら育つお米はやっぱりすごかった! 昨今、お米は太ると敬遠されがちですが、思い切って主食のごはんをメインにしてみてはいかがでしょう。そこで、おかずは少なめでもしっかり満足できるご飯が主役の腹七分目メニューを考えてみました。ぜひみなさんも、取り入れてみてくださいね!

簡単ごはんの定番、とろろごはん

栄養価も高く、お味も優しいとろろごはん、お出汁と卵でいただきます。とろろご飯のサイドには、色合いが美しく季節の一品を。里芋、海老、アボカドを海苔で巻いて天ぷらにしてみました。みじん切りの生ワサビが隠し味、春堀里芋のおすすめ一品です。

正方形型に切った海苔を散らして、いつもとちょこっと違うとろろごはんに。

おにぎりで季節の食材を味わう

いろいろな具材を詰めて楽しめる季節のおにぎりもオススメです。

例えば、小松菜の葉で包んだ高菜おにぎりや、とろろ昆布で巻いた梅干しおにぎり、えんどう豆の佃煮おにぎり、などなど具材はみなさんのお好みでお試しくださいね。

満腹感が得られる焼きおにぎり

朝昼晩を通して、いつでも食べたくなる焼きおにぎりはごはんがメインの定番メニュー! 少しのおかずで満足度大です。たくさん作っておいて冷凍も可。お茶漬けにもぴったりです。

ご飯が主役のシンプルメニューいかがでしたか。これを機に、もう一度お米の魅力や栄養に触れたいですね!


坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
ナビゲーター
坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
フードライター。旬野菜を使ったレシピ考案。野菜好きが高じて庭に畑を作る。野菜のお世話をしながら日々作っている料理をインスタグラムにて配信中。 著書「野菜のごちそう弁当」インスタグラムアカウント名@chinamisakamoto
このナビゲーターの記事を見る