待ってて、沖縄!アフターコロナは「密ナシ」バカンスを計画

新型コロナウイルスが私たちの生活スタイルを大きく変えつつありますが、スキマ時間で旅するスキマトラベラーも然り。旅のスタイルも大きく変わっていくことでしょう。

そんな今回は、落ち着いたら絶対に行きたい場所、沖縄について。現地の友人から入手したクチコミ情報をもとに、アフターコロナ流の新しい楽しみ方を提案します!

移動は全部レンタカーで!

沖縄はもともとレンタカーで巡る方が多い観光地ですが、新型コロナウイルスの影響により、今後は“密”を避けるためにも、ますます車移動がマストに!

これは沖縄だけでなく、他の観光地においても車移動のニーズは高まるはず。

私も沖縄で車に乗りたい!という思いから数年前に、教習所で9時間講習を受け、7年もののペーパードライバーを脱しました。旅先で車を利用することを考えて、これを機にペーパードライバーの方は練習するのもアリかと思います。

ドライブタイムは、好きな曲をかけながらカラオケをすることも可能。オープンカーをレンタルすれば、換気は抜群ですし、バカンス気分は倍増。沖縄に行く際は、まず車を予約しましょう!

かき氷もドライブスルースタイルに!

私がレンタカーをマストにする理由。それは現地の多くの食事が、ドライブスルーで叶うから!
そうです。車は移動の手段だけではなく、プライベート空間でもあるのです。

例えば、夏が来ると食べたくなるかき氷♡

沖縄も名店揃いですが、密になるという理由でカフェスペースをクローズしているお店も多いのです。しかし、「テイクアウトはOK」。

かき氷のテイクアウトって?・・・それは車の中で食べること!

お店によっては、店員さんが車まで届けに来てくれるのです! amazing!

これはレクランスリール(沖縄県中頭郡読谷村字都屋256-1)の絶品かき氷。
イチゴのショートケーキをイメージして、スポンジまで入っているものや、ケーキに使うカスタードをたっぷり使ったプリン味のかき氷など、本格派! トッピングの生クリームもケーキ屋さんの本気が感じられます。

沖縄でもお馴染みのハンバーガー店・A&Wもドライブスルー方式で、注文したものが届いたらそのまま車内で「いただきます」が可能です。

このスタイルがどうやらしばらくは続きそうな気配・・・。

沖縄に行く際は、車内での飲食用にトレイを持って行くと、食べやすいかもしれませんね♪

密にならない最高の場所、それは海岸

海岸でオリオンビール、最高! (もちろん、運転する人はアルコールはNGです) 

密を避けるために、沖縄のレストランも席数を減らして営業すると思われます。それ故にテイクアウト文化が進化する可能性も。ならばテイクアウトを、もっと楽しもうではないか!

おすすめなのは、沖縄のいたるところにある素敵な海岸。ビーチではなく「海岸」というのがポイントです。

ビーチは封鎖されているところも多く、これからハイシーズンに向けて人出が増える可能性も。しかし、海岸は地元の方がランニングしたり、ぼーっとしたりする場所。ここならば密になることも少なそう。

ランチはテイクアウトして、海岸でいただきます! 手軽なフードなら、その場で美味しくいただいて終了。長時間の滞在にならないので、周りの方の迷惑にもなりません。

上の写真は砂場海岸! 近くにあるタコス専門店Tacos-ya(沖縄県中頭郡北谷町字字宮城1-5)は、沖縄出身の有名芸能人も訪れる名店。テイクアウトして海を眺めながら味わえば、気分はアゲアゲです。

ホテルが密なら、グランピングしましょう

沖縄といえば、リゾートホテル! いつものバカンススタイルも素敵ですが、リゾートホテルは敷地に入ってしまうと居心地がよくてなかなか外に出る気が起きないもの。とはいえ、ホテル内のプールなどに行くと人が多くて、ちょっとテンション下がったり・・・なんてことも。

そんなときは宿をオープンエアにしてしまえ!ということでオススメは、グランピング。

沖縄本島北部にある、美ら海水族館近くの美ら海ビレッジ(沖縄県国頭郡本部町豊原242-1)。ここは据え置きの大きなテントの中に宿泊できるので、手ぶらなのにキャンプ感が演出出来るうえに、換気は抜群な環境! 希望すれば、テント前でBBQもできるので、レストランよりもゆるい気分で楽しめます。

中も広く、ソファまで! 別の棟にシャワーやトイレも完備されているので便利。テレビはナシのお部屋になりますが、デジタルデトックスを兼ねての滞在にもいかがでしょうか?
お値段もそこまで高くないので、気軽に試してみては?

 コロナビールを飲んで、打倒コロナウイルス!!!    

それでは、アフターコロナに計画したい沖縄旅の楽しみ方をまとめます。

●移動はレンタカーがマスト

●食事はかき氷すらドライブスルーに!

●レクランスリール:テイクアウト可能! ケーキ屋さんがつくる絶品かき氷

●テイクアウトフードを海岸で食べよう

●tacos-ya:沖縄出身の芸能人も愛するタコス

●美ら海ビレッジ:ホテルではなくグランピングを楽しもう!

しばらくは、三密を避けた暮らしは続きそう。そんな現状を受け入れつつ、柔軟にプランニングする旅を2020年後半は楽しみましょう!

写真・文/もろたけいこ

【GINGERエージェンシー】もろたけいこ/テレビディレクター
ナビゲーター
【GINGERエージェンシー】もろたけいこ/テレビディレクター
某キー局勤務・バラエティ番組担当のディレクター。社畜生活の傍ら、スキマ時間で旅をするスキマトラベラー。世界一周も経験し、54か国渡航・行っていない大陸は南極だけ。かつて、お昼の番組でスイーツ担当のため旅行以外にもスイーツ情報も得意。
このナビゲーターの記事を見る