食欲の無い暑い夏は、ヘルシーアイスキャンディーで1日をスタート!

まだまだ続く暑い夏。食欲が減退しがちですが、元気に夏を乗り切るには、しっかりした体作りが大切です。そこでおすすめしたいのが、朝食用ヘルシーアイスキャンディー。といっても何のことは無い、単にいつもの朝ごはんを凍らしただけのもの。冷たくて喉越しも良く、あっという間に食べれてしまいます。朝起きるのが楽しみになってしまうほどのこのアイスキャンディー、とってもヘルシーなので、手軽なスナックとしてもおすすめです。型を持っていなくても、小さい紙コップや製氷皿などでもOKなのでぜひチャレンジしてみませんか?

フルーツ入りヨーグルトアイスキャンディー

最も手軽でヘルシーな朝ごはんの定番、フルーツ入りヨーグルト。そんな手軽な朝ごはんも、時間のある時に凍らせてアイスキャンディーにしておけば、さらにお手軽に。カラフルなベリー類を加えたら、見た目もとってもキュートに仕上がります。使用する果物は、冷凍フルーツでもOK!

材料(80mlx6個分)
ヨーグルト250ml
完熟バナナ1本
蜂蜜大さじ2杯
好みの果物(ここでは、冷凍のミックスベリーを使用)

作り方
1 容器に果物を入れる。
2 すべての材料をミキサーにかけてなめらかにし、1に流し入れ、冷凍庫で冷やし固める。

スーパーコーヒーアイスキャンディー

スーパーフードのカカオニブやナッツを加えて作るコーヒーアイスキャンディーは、このまま食べても美味しいですが、製氷皿で小さめのキューブを作って冷たい牛乳に加えたり、小さめのアイスキャンディーにして、牛乳にディップしながら食べると美味しさがさらに倍増します。朝からお洒落なカフェにいる気分になれますよ。

材料(80mlx6個分)
エスプレッソor濃いコーヒー380ml
練乳大さじ3杯
カカオニブ大さじ1杯
チョコチップ大さじ2杯
無塩アーモンド大さじ1杯

作り方
1 エスプレッソに練乳を溶かし、冷ます。
2 1と残りの材料をミキサーにかけ、加えた材料を細かくする。製氷皿に流し入れ、冷凍庫で冷やし固める。

チアシードプディングアイスキャンディー

栄養価が高いことで知られているスーパーフードのチアシードがたっぷり入ったアイスキャンディー。食欲のない日の朝ごはんにはもちろん、低カロリーで栄養価があり満腹感も与えてくれるので、ダイエット中のデザートにもぴったりです。

材料(80mlx6個分)
豆乳250ml
完熟バナナ1本
蜂蜜大さじ2杯
チアシード大さじ3杯

作り方
1 豆乳、バナナ、蜂蜜をミキサーでなめらかにする。
2 チアシードを1に混ぜ入れ、冷蔵庫で2時間以上浸して戻す(途中で1、2度かき混ぜる)。
3 容器に流し入れ、冷凍庫で固める。好みで果物を加えても。

グリーンスムージーアイスキャンディー

毎日スムージーを作るのは意外に大変だと思っている方も多いはず。そんな方は、野菜と果物たっぷりのスムージーをまとめて作って、アイスキャンディーにしてしまいましょう。ヘルシーで理想的な朝ごはんが、とっても手軽に食べられます。

材料(80mlx6個分)
ヨーグルト1カップ
サラダ用グリーン(ベビースピナッチなど)一握り
キュウリ1/4本
キウイ1個(パイナップルやマンゴなどその他の果物でも)
完熟バナナ1本
蜂蜜大さじ1杯

作り方
すべての材料をミキサーにかけてなめらかにし、容器に流し入れ、冷凍庫で冷やし固める。好みで果物を加えても。写真はキウイ(分量外)のスライスを加えたもの。

写真・文/ブライデン陽子


ブライデン陽子/料理研究家
ナビゲーター
ブライデン陽子/料理研究家
料理研究家。1991年に渡米。インテリアデザイナーとして数々のスペースを手がけた後、Yoko Design Kitchen を立ち上げる。ハーバード大学でリサーチアシスタントを務める他、 料理教室、レシピ開発など幅広い分野で活動。世界中を旅して得たルールに拘束されない自由な発想とスタイリッシュな料理が人気。
このナビゲーターの記事を見る