ひとりでも孤独にならない、心をホットにする頼れる家電アイテムとは?【独女時間】

寒さが続くと、お出かけするのも億劫(おっくう)になりがちで、家の中でのんびりと過ごしたくなります。家の中にひとりで過ごしていると、自分の思うままに自由に過ごせると嬉しい反面、「誰とも話さず一人で過ごしてしまった!」と自己嫌悪に陥ることもありますよね。


でも大丈夫です!そんなアナタを守ってくれるであろう、家電アイテムがあります。今回ご紹介するのは、 冷蔵庫や洗濯機などの必須家電というよりも、生活の中であったらちょっと心強い生活家電。 
実際に私が愛用しているもので、日ごろ孤独感が生じるのを未然に防ぐアイテムです。

独女ライフを優雅に送るためのアイテムとして、検討してみませんか?

1:家の中でも、お店さながらの出来立てパン/トースター

家の中で過ごしているとき、不味いものを食べるとテンションがガタ落ちになります。
そこでおすすめしたいのは、アツアツのお店さながらの出来立てパンを食べられる、スチームとトースターの「BALMUDA The Toaster」。  トースターの色は、ブラック、ホワイト、ショコラカラーがあります。

スイッチひとつで手軽に美味しいパンが出来上がります。 前提として、食パンを準備しておく必要はありますが、 食パンの保存は、常温でも冷凍でも大丈夫です。パンの状態によって温度設定のタイマーの時間を変えても、美味しさは変わりません。私は冷凍パンを使っていますが、所要時間約4分ほどで、まるで家の中にパン屋さんが登場したかのようです。

少量の水をいれ、蒸気とともに温められるので、パンの外側はサクッと中はフワっと仕上がります。 バターをのせて食べると、一段と格別な味になるので、バターの準備もお忘れなく。  
ただデメリットは、パンがより美味しくなるので、食べ過ぎてしまうこと(笑)。このトースターによって、パンの消費量が以前よりもはやく、食パン1枚では足りず、2枚食べてしまうことがざらではありません。家の中にいても、パンのおいしさで孤独なんて忘れてしまうほどの幸福感に包まれます。 


2:ホットドリンクで体を芯から温める!/電気ケトル   

ひとりぼっちの心を温めたいなら、ホットな飲み物やスープを温めてまずは体から温めましょう。そんなときに頼れる存在なのが、「ティファール」の電気ケトル。 キッチンでも場所をとらない容量0.8Lのコンパクトサイズなので、収納にも場所を取りません。

ボタンひとつで、カップ一杯分のお湯は約1分ほどの最速で沸かしてくれるのでとっても便利! 以前は、やかんでお湯を沸かしていて、沸くまでじっとコンロの前で見守っていたこともありましたが、電気ケトルなら目を離しても安全でありがたいです。仕事で急いでいる朝でも、時短で使える便利モノです。

ティーパックやココアの粉末など常備して、自分のオリジナルの飲みものを堪能しましょう。他にも、お湯を注ぐだけで出来上がるインスタントのカップスープもありです。 温かい飲み物やスープで、人のぬくもりの代用にしましょう(笑)。


3:ちょうどよい温度で、時短ドライ/ドライヤー  


休日に家の中にひきこもると、メイクも服装もオフにして、ゆるっと過ごす人も多いではないでしょうか。
ただ、すべてが面倒になってしまい、髪の毛を乾かすのが面倒でシャワーやお風呂にすら入るのをやめたくなったりもします。そんな堕落しかけた休日の憂鬱(ゆううつ)な気持ちを吹き飛ばすのに最適なのが「Dyson Supersonic Ionicヘアードライヤー」。   

通常のドライヤーより風量のパワーがすごく、髪を時短で乾かせます。風温調整は4段階で、冷風モードもあります。熱すぎることもなく、ほどよい温度で快適に乾かすことができます。ドライヤーの中に髪の毛やほこりがたまらないデザイン構造もうれしいところ。

たとえ家にひきこもってもいても、 時短で髪が乾かせる気楽さが、お風呂に入る気持ちを後押ししてくれます。おかげで、女として最低限の身だしなみをキープできるってわけです。


少々高価なものもありますが、頑張る自分へのご褒美にオススメのラインナップです。今後の視野に入れて、少しずつ独女家電を集めてみてはいかがでしょうか。


【GINGERエージェンシー】大倉真理子/フリーライター
ナビゲーター
【GINGERエージェンシー】大倉真理子/フリーライター
東京在住のフリーライター。カルチャー誌での取材経験から、トレンド情報情報収集が得意なだけでなく、それをひとりで楽しむおひとりさま行動もかなり得意な、体当たり系アラサーライター。庶民派からワンランク上のお店まで、守備範囲も広い。 ビジュアル家電製品の知識も豊富。
このナビゲーターの記事を見る