ヘルシーなだけじゃ退屈なあなたに…。一味違う絶品野菜レシピ

野菜は嫌いじゃないけれど、結局いつも同じようなメニューになってしまう…。
そんな人にぜひチャレンジしてほしい野菜料理レシピが、こちらのレシピ「きゅうりの卵炒め」「もやしと豆苗のペペロンチーノ」。
働く忙しい女子のバイブル『今夜も終電ごはん』(文 梅津有希子/料理 高谷亜由)より、10分以内で作れて、洗い物も少なめ、一皿で食べられるレシピです!

きゅうりの卵炒め

きゅうりを炒めるのは、独特の青臭さがとれるおすすめの調理法。ごま油で香りよく。

●材料(2人分)
きゅうり 2本
卵(割りほぐす) 2個
調味料A
 砂糖 小さじ1
 塩 少々
調味料B
 ナンプラー(なければ薄口しょうゆ) 小さじ2
 砂糖 小さじ1
ごま油 大さじ1
黒こしょう 適量

●作り方
1 きゅうりはすりこぎで軽くたたきつぶすか、包丁の腹をあてて軽く押しつぶし、一口大に手で割る。卵に調味料Aを混ぜ合わせる。

2 フライパンにごま油を熱してきゅうりを中火で炒め、緑色が鮮やかになったら調味料Bで調味する。きゅうりをフライパンの片側に寄せ、空いたところに卵を流し入れ、縁がかたまってきたらきゅうりと手早く炒め合わせる。

3 卵が半熟程度の状態で火からおろし、器に盛ってこしょうをちらす。

もやしと豆苗のペペロンチーノ

ピリッとおいしい野菜炒め。豆苗はキッチンバサミで切ればまな板いらず。

●材料(2人分)
もやし 1袋
豆苗(根元を切り、長さを半分に切る) 1袋
にんにく(みじん切り) 1かけ
赤唐辛子(半分に切って種をとる) 1本
オリーブ油 大さじ1
塩 小さじ1/2
酒 大さじ1
黒こしょう 適量

●作り方
1 フライパンにオリーブ油、塩を入れてなじませながら火にかけ、にんにくを入れてサッと炒める。

2 もやし、豆苗、唐辛子を加えてざっと混ぜ、酒をふり入れ、ふたをして30秒ほど蒸すようにして火を通す。

3 器に盛り、こしょうをちらす。

●ポイント 
・もやしは短時間で蒸し炒めにすることで、シャキシャキした食感が残る仕上がりに。

梅津有希子
ナビゲーター
梅津有希子
編集者・ライター。1976年、北海道出身。雑誌編集 者を経て2005年に独立。現在、webや雑誌、書籍を中心に、食、暮らし、ペット、発信力、高校野球応援など、自身の経験からおもしろいと感じたことを追求して、さまざまなテーマで執筆や講演を精力的に展開している。著書に『だし生活、はじめました。』(祥伝社)、『吾輩は看板猫である』(文藝春秋)、『ミセス・シンデレラ 夢を叶える発信力の磨き方』(幻冬舎)、『高校野球を100倍楽しむ ブラバン甲子園大研究』(文藝春秋)などがある。
このナビゲーターの記事を見る