フルボトル使い切る! 女性ソムリエが伝授する、残ったワインのお手軽保存&活用法とは?

晩酌やホームパーティーでワインを開けよう! と盛り上がっていたのに、「今からじゃ1本飲みきれないかも…」「この人数だと余ってしまうな…」と躊躇してしまったことはありませんか? その気になっていたのに飲めないのはとっても残念。でも、そんな時に飲み残しワインの対処方法さえ知っていれば、もっと気兼ねなく楽しむことができますよ! そこで今回は、余ったワインのお手軽保存&活用方法をご紹介します。

ワインって開けた日に飲みきらないといけないの?

From Getty Image

ワインは栓をあけたらすぐに飲みきらないとダメだと思っていませんか。これ、実は正解であり不正解。
すでに熟成された飲み頃の高級ワインは、それ以上の酸化を避けるために一度に飲みきるのがベストでしょう。
でも日常使いで楽しめる一般的なワインの場合、味や香りに少し変化はあるもののそれが劣化とはいいきれません。

例えばとても渋いフルボディの若い赤ワイン。開けたては何だか渋くて口が疲れて沢山飲めない味わいかもしれませんが、次の日に飲んでみたら空気と触れ合ったことでまろやかで香りが広がって美味しく変化している! なんてこともあるのです。

初めて飲むワインの場合、開けて飲んでみないといつがベストなのかなかなかわからないもの。全部その日に飲みきらないと! と思わずに、数日にわけて少しずつ変化を味わうくらいの気持ちでいると、気軽にボトルを開けられますよ。 

真空ポンプを使って保存!

美味しいワインだったから、明日も出来る限り同じ味わいで楽しみたいな、という時の強い味方が真空ポンプ。¥1,000程度で市販されている、ボトル内の空気を抜いて真空状態にするアイテムです。  
ワインが劣化する原因となる酸素を、ボトルから除き酸化を防止してくれます。値段も手頃な上、何度でも使えるので、持っていて損はないおすすめアイテムです。

真空状態にしたらどれくらい保存可能なのかは、ワインの種類や保存開始時のワインの状況によって違うので難しいところ。
一般的に白ワインよりも赤ワインの方が保存に強いといえますが、それでも一週間程度を目安に飲みきりましょう。

料理に使って味に深みを!

ボトルの底にほんの少し残ってしまった。ホームパーティーで余ったけれど、ひとりだと飲まない…なんて時には、気軽に料理に活用できるのがワインの良いところ。

赤ワインはハヤシライスや、お肉のトマト煮込みなど、煮込み系料理に大活躍。味に深みが増すだけでなく、赤ワインのポリフェノールは加熱しても壊れにくいので、美と健康にも磨きがかけられるのです。

煮込みといえば赤ワインのイメージが強いかもしれませんが、白ワインもチキンフリカッセなど、クリーム系の煮込み料理に使えます。他にも今まさに旬のアサリの酒蒸しなど、赤ワインも白ワインも色々な料理に活用できますよ。

ワインカクテルにアレンジ!

From Getty Image

少々風味の落ちたワインでも、簡単に美味しく大変身するのがサングリア。
好みの果物やオレンジジュースなどをワインに入れて、2時間程冷やすだけで出来るお手軽カクテルです。ただし、果汁によりアルコール度数が下がるうえ、生の果物が入っているので、冷蔵庫保存で数日以内には飲みきるようにしましょう。

すぐに飲みきれない場合は、これから寒くなる季節にぴったりのホットワインへのアレンジがおすすめです。

赤ワインをクローブ、ローリエ、シナモンなどのスパイスと、レモンスライス、オレンジスライス、ハチミツと一緒に火にかけます。スパイス次第で好みの味にアレンジ自在なうえ、身体がとっても温まるので、これからの季節に覚えておきたいカクテルです。 

飲み残したワインの保存法・活用方法を覚えて、おうちワインをさらに気軽に楽しんでみてくださいね。

文/はせ りな


【GINGERエージェンシー】はせ りな/ソムリエ
ナビゲーター
【GINGERエージェンシー】はせ りな/ソムリエ
オーガニックカリフォルニア料理店元オーナー。食のトレンドに興味があり、世界各国でミシュラン・オーガニックフード・B級グルメなど幅広く食べ歩きをしている。ニューヨーク在住。JSA認定ソムリエ/WSET認定level3/オーガニック料理ソムリエ/美肌食マイスター
このナビゲーターの記事を見る