カロリー控えめ♡ ヨーグルト×ドリンクで作る簡単ゼリーレシピ

気温が上昇してくると恋しくなるのが、冷たいスイーツ。甘いものに目が無い女子はあれもこれも食べたくなるけど、やっぱりカロリーが気になっちゃう! 
そんなときは自分好みの甘さに調整できる、おうちレシピでパパッと作るのが正解です。今回はヘルシーなヨーグルト×ドリンクをベースにした、おしゃれ見え抜群のゼリーをご紹介します。

ヨーグルト×オレンジジュース+ネーブル

果汁100%のオレンジジュースとヨーグルトをベースにした、さっぱり風味のゼリーです。ビタミンCが豊富に含まれるネーブルをトッピングして、見た目も涼しげな一品に。思い立ったときにすぐ作れる、失敗知らずのレシピです。

■材料(4個分)
ヨーグルト 200ml
オレンジジュース(果汁100%) 200ml
砂糖 大さじ1
粉ゼラチン 5g(大さじ2の水でふやかす)
ミントの葉 お好みで

<トッピング>*作りやすい量
ネーブル 1個
砂糖 大さじ1

■作り方
1. 粉ゼラチンは水でふやかしておきます。
2. 鍋にオレンジジュースと砂糖を入れて火にかけ、沸騰直前で弱火にしてゼラチンを加えて溶かします。
3. 火を止めてヨーグルトを加え、粗熱がとれたらグラスに注ぎ、冷蔵庫で冷やし固めます。
4. ネーブルはきれいに皮をむき、房と房の間にナイフを入れて薄皮から外します。ボウルに入れ、砂糖を加えてさっと絡め、冷蔵庫で冷やしておきます。
5. ゼリーが固まったら4をトッピングし、ミントの葉を添えたら完成です。

オレンジの実をナイフで上手く外せない場合は、ひと房ずつ手で薄皮をむいてもOKです。砂糖を絡めるだけでコンポート風のスイーツに仕上がるので、たくさん作っておいて、朝食デザートのヨーグルトにトッピングしても美味◎。

ヨーグルト×豆乳+ごまソース

ヨーグルトと豆乳がベースのヘルシーなゼリーは、ダイエット中の女子の味方です。濃厚な練りごまソースをかければ、コクのある和スイーツに変身。香ばしく、口当たりの良い、おもてなしにも喜ばれる一品です。

■材料(4個分)
ヨーグルト 200ml
豆乳(無調整)200ml
砂糖 大さじ2
粉ゼラチン 5g(大さじ2の水でふやかす)

<白ごまソース>*作りやすい量
練りごま(白) 大さじ1
砂糖 大さじ1
水 小さじ2

■作り方
1. 粉ゼラチンは水でふやかしておきます。
2. 鍋に豆乳と砂糖を入れて火にかけ、沸騰直前で弱火にしてゼラチンを加えて溶かします。
3. 火を止めてヨーグルトを加え、粗熱がとれたら型に注ぎ、冷蔵庫で冷やし固めます。
4. ボウルに練りごま、砂糖、水を入れてよく混ぜ合わせペースト状にします。
5. ゼリーが固まったら型からはずし、4をトッピングしたらできあがりです。

ソースは黒の練りごまで作ってもいいですし、練ごまソースの代わりに黒蜜&きな粉をトッピングしても美味しくいただけます。ちょっぴり健康を意識したゼリーで、楽しいお茶の時間を♪

ヨーグルト×牛乳+キウイソース

ヨーグルトと牛乳がベースのシンプルなゼリーに、甘酸っぱいキウイソースを加えました。食物繊維が豊富なグリーンキウイは、便秘解消効果に期待! 同時にビタミンCもチャージできるので、スイーツで美味しく摂取しましょう♪

■材料(4個分)
ヨーグルト 200ml
牛乳 200ml
砂糖 大さじ2
粉ゼラチン 5g(大さじ2の水でふやかす)

<キウイソース>*作りやすい量
キウイ 2個
砂糖 50g

■作り方
1. 粉ゼラチンは水でふやかしておきます。
2. 鍋に1cm角に切ったキウイ、砂糖を入れて火にかけ、ソースを作ります。とろみがつくまで煮たら、火からおろし冷まします。
3. 別の鍋に牛乳と砂糖を入れて火にかけ、沸騰直前で弱火にしてゼラチンを加えて溶かします。
4. 火を止めてヨーグルトとキウイソース大さじ2を加えて混ぜ合わせ、粗熱がとれたら型に注ぎ、冷蔵庫で冷やし固めます。
5. ゼリーが固まったら型からはずし、キウイソースをトッピングして完成です。

*キウイはタンパク質分解酵素があるので、ゼラチン使用のレシピで使う場合は加熱するようにしましょう。

キウイをいちごにチェンジするなど、お好みのフルーツと組み合わせて、オリジナルレシピを楽しんでくださいね! 

ヨーグルト×ドリンクで作るゼリーは、どれも簡単なものばかりです。ミニマムな材料でコストも低減。トッピング次第で見映えもアップ! この春は、ぷるんと美味しいゼリー作りで、女子力をアピールしてみませんか。

文・レシピ/KUMICO

★あわせて読みたい!
ヨーグルトはこちらから


KUMICO/フリーライター
ナビゲーター
KUMICO/フリーライター
大阪在住。アパレルメーカー勤務を経てフリーライターに。パリジェンヌの普段着に着目し、リアルなパリ流スタイルを提案。フランス情報サイトFRANCE365にて「くみこのパリおしゃれ手帖」連載中。「おいしいもの」のチェックも欠かさない。
このナビゲーターの記事を見る