人気インスタグラマーの野菜で作る、熱中症予防メニュー

この時季、のどの渇きを感じたらもう熱中症気味に。室内にでも、水分をしっかりとっていないと危険なのです。でも、永遠に水ばかり飲むなんて飽きちゃいますよね。だったらやっぱり食事で水分をしっかり取り入れたい。それには、「野菜」がぴったりだそう! フード写真が人気のインスタグラマー@chinamisakamotoさんは、野菜料理の達人でもあるのです。そこで、熱中症対策メニューを教えてもらいました!(編集部)

野菜を食べて熱中症を予防する

こんにちは。ソトナカごはん担当のチナミです。
じっとしていても汗が出るほど暑さが厳しいこの時季、みなさんは夏場の健康維持にどんな方法を取り入れてますか?今回は普段から手軽に野菜を摂ることが出来て栄養価の高いメニューをご紹介したいと思います。
野菜をたくさん摂って、夏の暑さに負けない強いカラダを作りましょう。

野菜たっぷりプレート
夏は胃腸に負担をかけがちですよね。腸内環境が気になるときは、ぜひこちらのサラダを。野菜を食べたあとに無花果を食べると、ペクチンと食物繊維が多く含まれるので消化作用を促進してくれます。

野菜で熱中症対策!オススメメニュー

彩り素麺 & 彩り野菜
夏場に嬉しい涼メニューです。食欲がないときは素麺のみになりがちですが、ぜひ野菜のトッピングも楽しんでみてくださいね。

ビタミンCやβカロテンが豊富な万願寺とうがらしは、夏場とくにおすすめの野菜です。βカロテンは体内でビタミンAに変わるので、紫外線で傷ついた目の健康維持や皮膚・粘膜の免疫力向上が期待できます。

焼き野菜たっぷりのスープカレー。

人参とチアシードのゼリー & 人参ケーキ
人参は、ぜひ常食したい野菜です。体内の物質酸化を防止してくれます。粘膜を健康に保つ働きがあるので、日焼けで弱った肌に効果があります。ただ、人参には塩分を排出するカリウムが多く含まれているので、夏場に人参をたくさん食べるときは塩分補給もお忘れなく。

蒸し野菜のサラダ

お皿いっぱいに広げた蒸し野菜たちは、目でも楽しめそうです。
盛り付けを楽しんで、野菜不足を解消しましょう。
ロメインレタスのマヨネーズソテー。しっかりメイン料理になります!

パレットサラダで朝ごはん
野菜の彩りを楽しむと、食欲が増しますよね。形を変えるだけでおもてなしお料理に。

いかがでしたか。ちょっと手を加えるだけで、野菜がメイン料理になりましたね。猛暑の続くこの時季だからこそ、からだが喜ぶ野菜料理を ぜひ作ってみてくださいね。


坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
ナビゲーター
坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
フードライター。旬野菜を使ったレシピ考案。野菜好きが高じて庭に畑を作る。野菜のお世話をしながら日々作っている料理をインスタグラムにて配信中。 著書「野菜のごちそう弁当」インスタグラムアカウント名@chinamisakamoto
このナビゲーターの記事を見る