本当にこれだけ⁉ インナーマッスルに効く ”ドローイング”って知っていますか?

少しでも気を抜くと、ぽっこりしてくるボディパーツと言えばお腹。
 腹筋ローラーに、プランクにとお腹のお肉に効きそうな運動はいろいろ試してみたけれど、どれも長続きしなった…。
もしも”呼吸”ひとつで、スッキリしたお腹が手に入るとしたら、最高だと思いませんか?
そこでおすすめなのが、”ドローイング”という腹式呼吸トレーニング。やり方はとっても簡単! いつも何気なくしている呼吸をちょっと変えるだけ。テレビを見ながら、電車に乗りながら、時間や場所を選ばずできるのです。
忙しい大人女子にぴったりのドローイングについてご紹介します。

普通の呼吸法と何が違うの? 腹式呼吸について

From Getty Image

毎日無意識に行っている呼吸。主に身体のどこを使っていると思いますか? それは、胸です。

ではまず、胸を意識して呼吸してみてください。空気を肺に出し入れしているので、胸が上下しますよね。
次はお腹を意識して呼吸してみてください。
ポイントは、お腹を意識して動かすとこと。息を吸うときにお腹を膨らませて、お腹に溜まった空気を全て吐き出すだけです。
お腹が動いているのがなんとなくわかれば、正しくインナーマッスルが使えている証拠。この状態が腹式呼吸です。

ポイントはこれだけ! お腹をへこませてキープ

From Getty Image

ドローイング中の姿勢は、常にまっすぐ、胸を反らしたり、背中が丸くならないように注意してください。

まず、鼻から息を吸います(お腹に空気を入れるイメージで)。 口から息を吐くと同時に、腹筋を意識しながらお腹を凹ませましょう(お腹の空気を出し切りるイメージで)。
ここからがポイント! 息を吐き切ったら、お腹を凹ませた状態で20~30秒キープ。キープしているときは胸呼吸を忘れずに。
コツは、お尻をキュッと締めて、内太ももにも力を入れること。身体の重心を安定させることができます。
まずは自宅で、1日3~5セットくらい。慣れてきたら、通勤や外出のときにも意識してやってみましょう。電車の中で立っているときや、会社やお店に向かって歩いているときなど身体を動かしながら行うと、さらに効果がアップ!
座っているときもできるので、デスクワークが中心の女子にもおすすめです。

巡りを良くして、痩せやすいカラダへ!

From Getty Image

ドローイングは、お腹を鍛えるだけではなく、血行促進につながると言われています。お腹を使って、深く呼吸するので身体中の血液に酸素を運ぶことができるのです。
そして、カラダの巡りが良くなっているときこそ、老廃物を体外へ排出するチャンス!
ドローイングを行ったら、しっかり水分を摂りましょう。水が苦手な女子は、ハーブティーや麦茶など、デトックス効果のある飲み物でもOK。疲れやストレス解消のために、お気に入りの曲をかけながら、心とカラダをリラックスさせることも大切。無理して頑張る必要はありません。

毎日の呼吸を見直して、無理せず美ボディを作ってみませんか?

文/マキシ

マキシ/トレーニング・トレンドウォッチャー
ナビゲーター
マキシ/トレーニング・トレンドウォッチャー
世界中のパーソナルトレーナーの最新情報を追いかける、トレーニング・トレンドウォッチャー。自らも17kg減量に成功したキャリアを持つ。美しいボディラインを作り出すための知識を日々キャッチアップしてお届けします。
このナビゲーターの記事を見る