おせち料理に飽きたら! 簡単かわいいミニサンド@chinamisakamoto

あけましておめでとうございます。いよいよ新しい年が始まりましたね。2019年が皆さまにとって素晴らしい一年でありますように。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

あらためまして、皆さまこんにちは。お料理担当の坂本ちなみです。2019年第1回目の今回は、お正月に余った食材をなんでも入れて作れるサンドイッチをご紹介します。1年を通して丸く笑顔になれるようにと願いを込めた、くり抜きサンドイッチです。

手のひらサイズの丸型サンド

薄切り食パンをパテ抜きやセルクル、またはコップなどで丸型にくり抜きます。(くり抜いたあと余った部分は、フープロなどで撹拌してパン粉としてお使いください)

一枚ずつ並べて、オーブントースターで両面こんがりと焼き色をつけます。お好みで、マスタードやマヨネーズ、タプナードやパテ、クリームチーズなどを塗って、余り物食材を挟めばできあがり。

こちらは、水菜、レタス、ラディッシュ、レッドオニオン、アンチョビ、蒸した金時人参、茹で卵などを挟んでいます。(食材によって塩胡椒、ナツメグ、コリアンダーパウダー、クミンパウダーなどを使って味のコントラストを楽しんでくださいね)

ひとかたまりにして竹串を刺すと、安定して食べやすくなります。

お弁当や差し入れ、お土産などにもオススメです。ひと口サイズなので、おやつにしても喜ばれますよ。簡単にできてとってもかわいい丸サンドイッチ、ぜひぜひ作ってみてくださいね。

写真・文/坂本ちなみ


坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
ナビゲーター
坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
フードライター。旬野菜を使ったレシピ考案。野菜好きが高じて庭に畑を作る。野菜のお世話をしながら日々作っている料理をインスタグラムにて配信中。 著書「野菜のごちそう弁当」インスタグラムアカウント名@chinamisakamoto
このナビゲーターの記事を見る