スイーツ王子がゆく!今の時季に食べたいイチゴ系スイーツ3選

ハーイ♪ 甘くて美味しいものをこよなく愛する、誰が呼んだか “スイーツ王子”とはオレのこと。どうぞ、お見知りおきを。都内にある某飲食店で 店長をするかたわら、あちこちへ最高の一皿を求めて、スイーツを食べ歩く日々さ。
さて、今回は写真映えのするフルーツで大人気のイチゴを使ったスイーツたちを紹介させてもらうよ。   

王子のオススメ① Alaucalia Coffee Beans Bank (東京・中目黒)

まずはコチラ。最寄りは中目黒駅で、目黒川にほど近いお店なんだ。

フルーツサンド ストロベリー×バナナ ¥540(税込)、 ストロベリーヨーグルトスムージー ¥910(税込)

イチゴのスムージーがとっても有名なお店。
今回はこちらの店舗のフルーツサンドを紹介するよ。 
大粒のいちごがぐるりとまわりにあしらわれて、さらにパンを開くとおまけとばかりに中央にイチゴがまるまる1個入っていて、さらなるサプライズ♪   生クリームがベースになっていて、バナナも入っているので、まったくしつこくなくペロッと食べれてしまうよ。

お店ではコーヒーを自家焙煎していたり、店員さんの接客も感じがよくて、有名人にもココのファンが多いみたいだよ。スムージーのホイップクリームが、通常はプラス100円のところ、サイドメニューを頼むと無料になるからお得なんだ。ぜひ足を運んでみてくれたまえ。

王子のオススメ② いちびこ(東京・西太子堂)

こちらは西太子堂駅から徒歩3分ほど、三軒茶屋からも歩ける距離さ。

ショートケーキ ¥550(税込) 、シュークリーム ¥380(税込)

昨年8月にオープンしたイチゴのスイーツ専門店で、イートインも可能なんだよ。試験的に0号店ってことで営業している、めずらしいスタイルのお店さ。

さてさてこのショートケーキは、大粒のイチゴがごろっと入っていて、最近のトレンドとは違い、クラシックなテイストのスポンジと生クリームが、イチゴの美味しさをより盛り上げてくれる絶妙なバランスなんだ。

シュークリームのほうも、カスタードクリームと生クリームよりも主役は断然イチゴ。『ミガキイチゴ』という宮城県山元町で栽培されたイチゴは、職人のワザとITを融合した最先端施設で管理されている、いわば箱入り娘みたいなもんさ。イチゴを軸に農業を変えていくという想いから、インドにも栽培技術を提供したり海外へ輸出したりしている、一所懸命な会社が作っているんだ。

素晴らしいイチゴのスイーツを提供しているだけでなく、最新技術を駆使して技術を海外へ教えているという、イチゴにかける情熱が伝わってきて、思わず感動してしまったよ。イチゴラバーはぜひ訪れてみてほしいな。

王子のオススメ③  L'Hirondelle(東京・中目黒)

さてラストは、中目黒駅や池尻大橋駅からもほど近い、スイーツだけでなく料理まで本格的なカフェを紹介するよ。

イートンメス ¥700(税込)

こちらは季節限定の商品、メレンゲと生クリームとイチゴを合わせたイギリスの伝統菓子のイートンメス。このお店では、アイスと合わせて一緒にかき混ぜて食べるんだ。
このお店、リロンデルでは自家製のイチゴジャムで、イチゴのメレンゲ、イチゴのクリーム、イチゴのアイスクリームを作り、イチゴ好きにはたまらないイチゴづくしのイートンメスにしてるんだ。メレンゲはさくっとした食感で、ほかの食材と口の中でいいかんじのハーモニーとなって、子猫ちゃんたちが大好きな味に仕上げられていて魅力的なスイーツだよ。
最初に紹介したとおり、スイーツだけでなく、本格的なグリーンカレーやパスタなどもいただけるから、食事も一緒に楽しんでほしいカフェさ。

どのイチゴスイーツもとっても魅力的な子ばかりだよ。
今回のスイーツたちを女のコに例えると、仕事帰りの彼氏を待つ少女だね☆
つまり、料理上手を褒めてもらいたい欲張りガールってことかな(笑)。

じゃあまた来月!
キミにも幸せなスイーツとの出合いが、たくさんありますように。

写真・文/木原洋輔


木原洋輔/スイーツ王子
ナビゲーター
木原洋輔/スイーツ王子
スイーツ感想家。数々の飲食店の立ち上げやプロデュースに携わり、現在では都内某カフェでマネージャーを務める。趣味はラグビー、バスケ、キックボクシングなどアクティブ派。食べ歩きは欠かさず、最新スポットのチェックには余念なし。チャ・スンウォン似の39歳、独身。
このナビゲーターの記事を見る