【人気インスタグラマー発】お世話になったひとへの挨拶にも! おにぎり&おはぎの詰め合わせレシピ

こんにちは。ソトナカごはん担当のチナミです。11月に入り、スケジュール帳にもちらほら忘年会や年末の予定などが書き込まれる時季ではないでしょうか。自宅でのパーティ、ちょっとしたイベント、差し入れやお世話になった方へのご挨拶など、いつでもどこでも重宝する「お重ごはん」、3回目の今回は手作りおにぎりと手作りおはぎの詰め合わせをご紹介します。ぜひお楽しみくださいね。

ひと口サイズの「ミニおにぎり×ミニおはぎ」

今回は「ミニおにぎり×ミニおはぎ」を白木の重箱に詰めてみました。40gとひと口サイズで食べやすく、どこかほっこりで温かい印象を与えてくれますね。

相手の好みに合わせて具材をスイッチ

いつもはもち米で作るおはぎですが、今回はごはんを使用。特別な材料なしでも簡単に作れます。

<材料>
*ごはん 520g(おにぎり40g×8個分)
  (おはぎ25g×8個分)
*カツオのふりかけ、白煎りゴマ、青菜、適量
*木の芽4枚
*おはぎ用あんこ 120g(15g×8個分)
*塩少々 (青菜おにぎり用)

手順はとっても簡単。それぞれのおにぎりを計量→ラップで包む→丸める→詰める、これだけです。

ゴマを、きなこやあおさに変更しても彩りがきれいです。

秋冬にぴったり! 丸くて可愛い、手土産ごはん

いかがでしたか? 小さく作ると食べやすいだけでなく、見映えも可愛くなりますね。包んで丸めて詰めるだけ、ぜひみなさんも簡単おにぎり&おはぎ、お試しくださいね!

「里芋と蓮根のお重ごはん」についてはこちらをチェック!

写真・文/坂本ちなみ


坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
ナビゲーター
坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
フードライター。旬野菜を使ったレシピ考案。野菜好きが高じて庭に畑を作る。野菜のお世話をしながら日々作っている料理をインスタグラムにて配信中。 著書「野菜のごちそう弁当」インスタグラムアカウント名@chinamisakamoto
このナビゲーターの記事を見る