夏の至福!混ぜるだけで簡単、ハワイグルメ「ピリ辛アヒポキ丼」

今日は混ぜるだけで簡単に作れる、ハワイの名物「アヒポキ丼」をご紹介します。火を使わないので、暑い日でも楽に調理できる夏にうれしい南国料理です。
ハワイの言葉で、アヒは「まぐろ」ポキは「魚を小さく切ったもの」を指します。まぐろがなければサーモンなどで代用しても美味しく作れますので、お好みでアレンジしてみてください。

薬膳的セルフケア食材

・まぐろ:パワーをつける、血液を作る

Licensed by Getty Images

・アボカド:パワーをつける、便通改善

Licensed by Getty Images

梅雨~夏にかけては、暑さ+湿気によってなんだか体が重だるく疲労感がとれない、食欲が湧きにくい、などの症状が出てきます。食べる量が減ったり、冷たいものや水分ばかりを摂ってしまうと、パワー不足にますます拍車をかけてしまう場合も。
そんなときはパワーチャージできる食材選びをして、揚げ物など消化に負担の多いものは避けつつ、適正量の食事をしっかり摂ることを心掛けてください。

食事の量が減り、パワーが足りないと、排便のリズムも乱れやすくなります。アボカドは豊富な食物繊維と植物性の油分で、腸の動きも助けてくれますのでぜひお試しを。

混ぜるだけで簡単!ハワイグルメ「ピリ辛アヒポキ丼」

●材料(2人分)
まぐろ切り身 150g
アボカド 1/2個
ごはん 2杯分

A
しょうゆ 大さじ1
みりん、ごま油 各小さじ1
酢 小さじ1/4
にんにく(すりおろし)少々

マヨネーズ 小さじ2
韓国のり 6枚
小ねぎ(小口切り)、白いりごま、一味唐辛子 各適量
ラー油 お好みで

●作り方
1. まぐろとアボカドは1.5センチ角に切る。まぐろにAを混ぜ、冷蔵庫で10分置く。

2. アボカドとマヨネーズを1に加え、好みでラー油を和える。

3. 器にご飯を盛り、韓国のりをちぎって散らす。2をのせ、小ねぎ、白いりごま、一味唐辛子を振る。

★ポイント
・辛さはラー油と一味をお好みで調整してください。
・卵黄をのせてもおいしいです。
・韓国のりがない場合、焼きのりなどでもOKです。
・アボカドは皮が黒くなり、少しやわらかいものが食べごろです。

齋藤菜々子/料理家・国際中医薬膳師
ナビゲーター
齋藤菜々子/料理家・国際中医薬膳師
料理家・国際中医薬膳師。IT企業で営業を経験後、料理家のアシスタントを務め独立。日本中医学院にて中医学を学び国際中医薬膳師を取得。「今日からできるおうち薬膳」をモットーに、身近な食材のみを使ったつくりやすいレシピにこだわり、家庭で毎日実践できる薬膳を提案している。東京・自由が丘にて料理教室を主宰。
このナビゲーターの記事を見る