人気インスタグラマー発! お料理タイムも楽しい、五感を刺激する秋レシピ

夏バテしていた時季は遠い昔。食欲の秋は目前まで来ていますね! 今年の秋は、何を食べたいですか? せっかくなら、栄養満点の食材を余すことなく使い、おいしさも、栄養価も、見た目も満点の食事を楽しみたいですよね。そこで、さくっと作れる秋レシピを、人気インスタグラマーの@chinamisakamoto さんに教えていただきました!

実りの秋、おすすめはやっぱり季節の食材!

こんにちは。ソトナカごはん担当のチナミです。暑い夏も終わり、いよいよ実りの秋到来です! 秋食材といえば、素材そのものが醸し出す香りや風味が印象的。お料理している時間でさえも五感を喜ばせてくれますよね。というわけで、今回は秋らしい食材をふんだんに使った簡単料理をご紹介します!

秋レシピ1「ポルチーニ茸のスープ」

こちらは、15分間ぬるま湯で戻したドライポルチーニを使いました。マッシュルーム、玉ねぎ、じゃがいも、牛乳、バター、生クリーム、塩などを使った、まさに秋らしい風味が楽しめる濃厚スープです。きのこ類は食物繊維が豊富で低カロリー、ビタミン・ミネラルを多く含みます。なかでも、カルシウムの代謝にかかわるビタミンDの含有量が豊富なので、骨粗しょう症予防に役立ちます。食物繊維が腸に働きかけてくれるので、秋から始めるダイエッターの強い味方でもあります!

秋レシピ2「茄子のチーズグラタン」

オリーブオイルでニンニクを炒め、香りが移ったら、みじん切りにした玉ねぎをきつね色になるまで炒めます。ひき肉を加え、さらに炒めたあと赤ワインを加えてひと煮立ち。トマトの水煮缶、固形ブイヨンを加え、しばらく混ぜます。好みの状態になったら、塩コショウで味を整えます。くり抜いた茄子に詰めたあと、チーズをのせてオーブンへ。ほどよく焦げ目がつけば出来上がり。

秋レシピ3「秋鮭と玄米ごはんのワンプレート」

9月~11月にかけ、たくさんの栄養を蓄え産卵期を迎える秋鮭は、脳を活性化してくれるDHAがとっても豊富。また、ジンジャー世代が気になるカロリーについては、なんと100gあたり約130kcalとうれしい限り。ダイエット中の方にもおすすめの旬素材です。

秋レシピ4「きのこのグラタンパイ」

こちらは、冷凍パイシートを型に入れ、ピケした後きのこゴラタンを入れてオーブンで焼いたお手軽グラタンパイです。冷凍パイシートは常備しておくと便利です。解凍し過ぎるとベタッとして扱いにくくなるので、気を付けてくださいね。

秋レシピ5「バナナ&ダークチェリーのさつまいもケーキ」

さつまいもは、熱に強いビタミンCがとっても豊富。またビタミンEについては、なんと玄米の2倍もあります! ぜひ、毎日摂り入れたい食材です。こちらの写真は、さつまいもをふんだんに使い、酸味のあるダークチェリーをトッピングした秋らしいケーキです。今回は砂糖を一切使わず、つぶしたバナナを入れることで甘みを出しました。素材の味がそれぞれスーッと合わさって、なんとも言えない味わいになりました。ちょっとした手土産に最適です。

秋レシピ6「里芋の金山寺味噌焼き」

秋、もっとも免疫力をアップしてくれる食材といえば「里芋」。里芋のぬめりの中には、唾液腺ホルモンの分泌を促進しながら消化を助け、便秘を解消するという物質のムチンが含まれています。常食していると老化防止にも役立ちます。写真は、蒸した里芋に金山寺味噌をぬり、オーブンで焼いたもの。里芋は、蒸す前にぐるりと包丁で一周切り目を入れておくと、蒸したあとツルンと皮をむくことが出来ます。

秋の食材を使った簡単料理、いかがでしたか。心も体も豊かにしてくれる旬素材、ぜひそれぞれの効能を知って食材選びから楽しみたいですね!


坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
ナビゲーター
坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
フードライター。旬野菜を使ったレシピ考案。野菜好きが高じて庭に畑を作る。野菜のお世話をしながら日々作っている料理をインスタグラムにて配信中。 著書「野菜のごちそう弁当」インスタグラムアカウント名@chinamisakamoto
このナビゲーターの記事を見る